【ワンダーボックス効果】STEAM教育で理系に強く地頭の良い子に

タブレット学習
菜の花子
菜の花子

WonderBox(ワンダーボックス)と呼ばれる、年中~小4対象の通信教育が2020年4月リリースされました。STEAM教育に根差した、全く新しい知育教材です。調査と自分の脳トレ(笑)のために創刊号から継続利用し、現在6ヶ月目の私が、ワンダーボックスの効果や、効果なしで終わらせないための注意点をまとめました。

【ワンダーボックス】
★対象年齢:4~10歳(年中~小4)
★キット(紙教材)とアプリ(タブレット)使用
★1ヵ月3,700円~
★紹介キャンペーンあり
【紹介キャンペーン】

ワンダーボックスは【紹介キャンペーン】実施中です。ワンダーボックス利用者の「紹介コード」を申込時に入力し、12ヶ月一括払いを選択すると、料金が約8%OFF(1ヶ月分無料相当)になり、最もお得です。

紹介コードをお持ちでない方は、私の紹介コードをご利用ください。お互いの個人情報が明かされることはありません。なお、紹介コードが利用されると私に500円分のAmazonギフト券が送られます。気になる方はご利用をお控えください。

紹介コード:  LCFNvn1kMft4

ワンダーボックスはSTEAM教育

WonderBox(ワンダーボックス)は、近頃注目されている、STEAM教育領域の全く新しい通信教育です。人気思考力アプリ「シンクシンク」を生み出したワンダーラボ(旧「花まるラボ」)が製作しています。

STEAM教育とは、次の5つの英単語の頭文字をつなげた造語です。

Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学)
Art(芸術)
Mathematics(数学)
STEAM教育の推進については、2019年に文部科学省から次の提言がなされています。
国は、幅広い分野で新しい価値を提供できる人材を養成することができるよう、初等中等教育段階においては、STEAM 教育(Science, Technology, Engineering, Art, Mathematics 等の各教科での学習を実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な教育)を推進するため、「総合的な学習の時間」や「総合的な探究の時間」、「理数探究」等における問題発見・解決的な学習活動の充実を図る。

要するに、これからの時代は、STEAM教育を推進し、問題発見や解決ができる学習活動が重要である……ということですね。

文科省が言うようにSTEAM教育がそれほど重要であるならば、2020年4月にスタートしたワンダーボックスに、ぜひ注目したいです。

なぜならワンダーボックスは、STEAM教育に根差して、子どもの知的好奇心を引き出し、学びの土台となる感性や思考力を養い育てる効果を狙いとしているからです。

毎月、思考力ゲーム、プログラミング・パズル・創作・アートなど、まさにSTEAM教育領域の様々なコンテンツが子ども達に届けられます。

なお、このSTEAMですが、もとはArt(芸術)なしの、STEMという言葉で始まったのだそうです。Art を除いたSTEMは、すべて理系科目ですよね。しかし多くの仕事がAIやロボットに奪われるこれからの厳しい時代に有望な人材となるためには、理系に強いだけでなく、創造性や感性も大切……というわけで、Art(芸術)も追加されたんだとか。

というわけで、将来、社会で有望とされる、理系に強く、創造性や優れた感性も持つ子を育てたかったら、STEAM教育を土台とするワンダーボックスを是非検討してみることをおすすめします!

公式サイトはこちら

ワンダーボックスはデジタル+アナログ

ワンダーボックス(WonderBox) 新通信教育では、毎月手持ちのタブレットにコンテンツが配信されます。また「キット」と呼ばれる、箱に入った教材も毎月届きます。

キットには、「ハテニャンのパズルノート」(ワークブック)や、「トイ」(数ヶ月おきにテーマが変わる)や、「ビッグペーパー」(B1サイズの特大用紙)などが入っています。

ハテニャンのパズルノート
ハテニャンのパズルノート

トイ(4月号の例)
ワンダーボックスシェイピー

ビッグペーパー(6月号の例)
ワンダーボックス6月号ビッグペーパー

教材の詳しい紹介はこちら ↓↓

【ワンダーボックス口コミ】4月号を使ってみたのでレビューします!
2020年4月スタートの 新通信教育WonderBox(ワンダーボックス)。初回4月号(小1・2年生向け)が届きました。アナログ教材とデジタルコンテンツの両方について、私が実際に使ってみて分かったこと、感じたことを口コミします。
ワンダーボックスは飽きる?使い切れない?中学受験準備にも有効?!
2020年4月開始のWonderBox第二弾、5月号「ナイル」が届きました。1ヶ月間実際に使用し、また第2弾も届き、ワンダーボックスの良さが明確になってきました。5月号のレビューと共に、申込を迷っている方が感じてるであろうことの答えをまとめます。
【ワンダーボックス継続3ヶ月目レビュー】教材・アプリがまた進化!
2020年4月創刊の通信教育ワンダーボックス(WonderBox)6月号「パシフィック」が届いたので、教材やアプリで新しくなったところを紹介します。6月号には今までにはなかった面が見られ、ワンダーボックスが常に進化し続けることが伺えます。
ワンダーボックス「ペーパーラボ」知育教材で空間認識力が強い子に!
年中~小4向け知育通信教育ワンダーボックス・WonderBox7月号「サハラ」が届きました。7月号ではこれまでの「シェイピー」に代わって「ペーパーラボ」が登場。楽しみながら、試行錯誤しながら、紙を「折る」ことを通して、空間認識力が育ちます。

ワンダーボックスでは、キットの箱に描かれた「なぞとき」を解いてアプリの鍵を開けたり、ワークブックで自分で作問をしてアプリにアップロードしたり、アプリで提示された創作をしたり、自分の創作物を撮影してアプリで共有するなど、子どもがデジタルとアナログの両方を楽しめるようになっています。

ちなみに、wonderを辞書で引くと、「あれこれ思いめぐらす、本当のことを知りたいと自問する、不思議に思う」などの意味が載っています。

WonderBoxは、「『なぜだろう?』『本当のことを知りたい』と子どもの好奇心を引き出し、自ら感じ、思考して、表現させる教材がつまっている箱」と言ってもいいかもしれません。

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

ワンダーボックスの効果

効果は「シンクシンク」で実証済み

ワンダーボックス(WonderBox)は、ワンダーラボ(旧「花まるラボ」)によって開発されました。

ワンダーラボ(花まるラボ)といえば、算数オリンピックの問題作成なども手掛けているほど、理数系の教材制作に秀でています。最も有名なのは、思考力育成アプリ「シンクシンク」でしょう。「シンクシンク」は、なんと、150ヵ国100万人によって使用されており、子どものIQや学力を伸ばす効果があることが、慶應義塾大学とJICAとの共同実証実験で確認されています。

この、IQ・学力を伸ばす効果が実証されているシンクシンクのコンテンツも、ワンダーボックスの中にたっぷり含まれています!つまり、ワンダーボックスにはIQ・学力を伸ばす効果があると言えますね!

それでは、ワンダーボックスは、シンクシンクとどう違うのでしょう?ワンダーラボは、シンクシンクとワンダーボックスの違いを、次のように説明しています:

シンクシンクでは、答えのある問題に対して、論理性や試行錯誤を通じてその答えにたどり着くことが求められました。

一方で、ワンダーボックスでは、それに加えて、決められた答えのない問題に向き合い、自分らしい答えを見つけだす体験や、自分の頭で思い描いたことを表現する、自らつくり出す体験を通じて、「感じて・考えて・表現する」力が育まれます。

つまり、ワンダーボックスには、シンクシンクで実証済みのIQを伸ばす効果があるのはもちろんのこと、それにプラスして発想力や感性や表現力も養うことができるということです!

どんな効果がある?

ワンダーボックスには、次のようなコンテンツがあります。(コンテンツは時期によって変わるものもあります。)公式サイトでは、それぞれの効果が「養える力」として明記されています。

コンテンツ名特徴養える力
シンクシンクプラスシンクシンクから厳選した良問思考力・意欲
アトラニアス算数オリンピックレベルの難問思考力・発想力・論理性・読解力
たいせん!ボードゲーム思考力の真剣勝負論理性・他者性・戦略性
シェイピー平面図形などの教材感性・創造性・思考力
ミッションハンター謎のボスからのミッションをクリア感性・発想性・行動力・メディアリタラシー
ジュニアランド様々な思考力問題にチャレンジ思考力・意欲・自己肯定感・基本操作
ずっこけびじゅつかん2こまマンガのオチを描く感性・発想力・表現力・他者性
バベロンプラス難問に挑み、試行錯誤思考力・意欲
コードクラフターズプログラミングに触れるプログラミング思考・論理性・感性・発想力
ハテニャンのパズルノート思考力ワークブック思考力・創造性・論理性・他者性

※ミッションハンター/ジュニアランド/ずっこけびじゅつかん/バベロンプラス/コードクラフターズは、無料お試し版あり。

ワンダーボックスの効果1:意欲

ワンダーボックス公式サイトなどには、頻繁に「わくわく」という言葉が出てきます。確かにワンダーボックスには、子供を楽しませる仕掛けがあちこちにあります。

例えば、「わくわく」は新しい「キット」(毎月届けられる教材が入った箱)を開けた瞬間から始まります。箱を開けると、中にクイズが書いてあります。その答え(アプリの鍵)をアプリに入力すると、アプリが最新版に更新されるという仕掛けです。

ワンダーボックス6月号アプリの鍵

このほかにも、アプリには常に新しいゲームが登場して、子供をわくわくさせ続けてくれます。

このようなワンダーボックスのわくわく体験は、単に子どもを楽しませるためのものではありません。「やってみたい」「挑戦したい」と思ったり、夢中になったりする気持ち、つまり「意欲」をかきたててくれるものだと私は理解しています。

「意欲」って、言うまでもなく、とっても大切です!意欲があるから、課題に集中できるし、工夫したりアイデアが生まれるし、難しいことにも挑戦できるから。

親としては、知的好奇心をもった、意欲的な子に育てたいですよね。ワンダーボックスには、子供の意欲を育む効果があります。

ワンダーボックスの効果2:思考力

ワンダーボックス(WonderBox)では、アプリにも紙教材にも、楽しみながら思考力を養ってくれるチャレンジが満載です。

例えば8月号「イグアス」アプリのアトラニアス。「ひものどこを切れば鍵がとれるか」という問題。

ワンダーボックス8月号アトラニアス

これは大人でも難しい!「ここを切ったら、こーなって、あーなって…」と頭の中でイメージしながら思考しないといけません。これを読んでいるあなたも、ちょっと考えてみませんか。……どうですか?思考力を使っている感があるでしょう?

ちなみに答えは「3」です。

ワンダーボックス・アトラニアス8月号

ワンダーボックスには、思考力を育てる効果がある楽しいゲームや教材が満載です。

ワンダーボックスの効果3:論理性

ワンダーボックス(WonderBox)には、論理的にものを考える効果もあります。

例えば8月号「イグアス」アプリの「バベロンプラス・おかえりヤドカリ」。同時に動く2匹のヤドカリを、それぞれの色の貝までゴールさせる問題です。

ワンダーボックス・バベロンプラス

片方ずつ動かせるのなら簡単なのですが、2つがシンクロして同時に動いてしまうので難しい!わざと片方を壁で行き止まりにさせて、2匹の動きをずらさないとゴールできません。

そこで論理的に考える作業が必要になってきます。「ここの壁でまずこっちのヤドカリを行き止まりにして…」などなど。つまり戦略をたてるわけですね。

ちなみにこの問題は、次のように動かしたら2匹がゴールできました。私は必至に論理立てようとしましたよ~(^^;)

ワンダーボックス・バベロンプラス

ワンダーボックス・バベロンプラス

ワンダーボックス・バベロンプラス

ワンダーボックス・バベロンプラス

ワンダーボックス・バベロンプラス

すぐに答えが分からず、失敗したり、最初からやり直したりすることもあるでしょう。試行錯誤する中でコツがつかめて、だんだんと論理的に考えられるようになってくるのではないかと思います。たとえうまくいかなくても、思考力は十分に養われますね。

ワンダーボックスの効果4:図形・空間認識力

ワンダーボックスのアプリ「シンクシンクプラス」には、図形や空間認識力を育てる効果がある問題がたくさん登場します。

例えば8月号「イグアス」登場の「にせものキューブ」。

シンクシンクプラス・にせものキューブ

3つの立体のうち、1つは他の2つと異なっています。それを選ぶというもの。

3つのうち2つは同じはずなのに、向きが異なるので、なかなか同一に見えません。少なくとも、図形が苦手な私には(笑)。

この問題に答えるためには、頭の中で立体を動かして、イメージする作業が必要になります。これが、図形や空間認識力を養うことにつながります。

問題に答えると、3つの立体がくる~んと動いて、同じ向きに並び、正解を示してくれます。この「くる~ん」が楽しい!たとえ間違えたとしても、「あ、そういうことか!」と勉強になります。一種のアハ体験ですね。

ちなみに上の問題で1つ違うのは、右の立体でした。

シンクシンクプラス・にせものキューブ

ワンダーボックスの効果5:発想力・感性

ワンダーボックス(WonderBox)には、発想力や感性を養ってくれる教材もあります。

例えばアプリの「ずっこけびじゅつかん」。これは、2コママンガの1コマ目を見て、2コマ目(オチ)を自由に考えてタブレットに描くというもの。

ワンダーボックスアプリ「ずっこけびじゅつかん」

↓↓

ワンダーボックスアプリ「ずっこけびじゅつかん」

決まった答えがないものに対して、自由に考えるというのはいいですね。発想力や感性が養われます。

自分の作品はアプリにアップして他のユーザーとシェアしたり、他のユーザーの作品を見たりすることもできます。

ワンダーボックスの効果6:抽象思考力

ワンダーボックス6月号から登場した「そっくりさがし」。一見全く異なる2つのものの共通点を探すというもの。

ワンダーボックス・そっくりさがし

この「そっくりさがし」にはどんな効果があるのかとちょっと不思議でした。ワンダーボックス会員ページには、次の説明があります:

そっくりさがしでは、2つの全く異なる絵の共通点を探すことで、まるで「イメージの因数分解」をするかのように、物事を様々な切り口で抽象化する力を磨きます。この抽象思考力は、見聞きした知識や体験を様々なことに応用し、未知なる課題を解決していく力につながります。「一を聞いて十を知る」力を育てる教材です。

ワンダーラボによれば、ある単元を学習する際、過去に習ったものと要点は同じであることに気付けたり、科目間の相関性を見出せる子どもは、学力が伸びていくのだそう。

ワンダーボックスは深いですね~~!多角的な視点をもつことにもつながりますね。

ワンダーボックスの効果7:創造性

ものを作る楽しみがあるのも、ワンダーボックスの魅力です。

例えば「ハテニャンのパズルノート」。毎月違った切り口のパズルが登場します。パズルを解くだけでも楽しいし、思考力が養われますが、このパズルノートのすごいところは、自分で問題を作れること!問題を作って、ハテニャンに送ることもできます。

ハテニャンのパズルノート自作パズル

自分でパズルの問題を作るというのは、随分高度な知的作業だと思います。慣れてきたら「答えが1つだけのパズル」などにチャレンジすると、さらに創造力が養われていきます。

7~8月のトイ教材「ペーパーラボ」では、紙を折ったり切ったりして作品を生み出すことも楽しめました。

ワンダーボックス・ペーパーラボ

紙を折ったり切ったりしながら、自分が作りたいものを自由に作る楽しさを体験することができる教材になっていました。

ワンダーボックスの効果8:他者性・戦略性

ワンダーボックス9月号「マウナケア」には、トイ教材として「キットラボ・ボードゲームマスター」が新登場しました。

ワンダーボックス・キットラボ・ボードゲームマスター

これは、1人または2人でできる6種類のボードゲーム。ゲームの進め方は、同封のオレンジの説明カード(右側)を見てもいいし、会員専用の動画で確認すると、分かりやすいです。

ワンダーボックス・キットラボ・ボードゲームマスター

この6種類のボードゲームはアプリと連携しています。

ワンダーボックス・キットラボ・ボードゲームマスター

自分で遊ぶだけでなく、お題に沿ってボードゲームの答えをアプリに入力すると、採点してくれるというお楽しみつき。

ワンダーボックス・キットラボ・ボードゲームマスター

このようなボードゲームを通して養われるのは、「自分がこう動いたら、相手はこう動くだろうな」と相手の立場に立って考える他者性。そして数手先まで想像し、ベストなコマの動かし方をする戦略性。そうすることで、洞察力や思考力がいっそう養われていきます。

またワンダーボックスでは、与えられたルール内だけでなく、自分で決めたオリジナルルールで遊びを広げることも促してくれます。よりいっそう楽しみと思考力が養われるというわけですね。

ワンダーボックスの効果9:プログラミング思考

ワンダーボックスのアプリ「コードクラフターズ」では、プログラミングの面白さを体験できます。

ワンダーボックス・コードクラフターズ

コードクラフターズでは、自分でコードを作り、それによって動きが変化します。

そういう遊びの中で、自然に「指示を出して特定の動きを実現する」というプログラミング的思考が身に付いていきます。プログラミングが身近になりますね。

教科学習はない

上記の効果の紹介でも分かるように、ワンダーボックス(WonderBox)には、他の子ども向け通信教育のように、国語や算数などの教科学習は扱っていません。(一部算数の要素が含まれているコンテンツはありますが。)

他の幼児向け通信教育はこちら⇒

他の小学生向け通信教育はこちら⇒

他のオンライン通信教育はこちら⇒

ワンダーボックスの狙いは、教科学習のような知識の習得ではなく、好奇心や思考力や創造性などの学びの土台となる力を養うことです。分からない問題に試行錯誤して取り組める力、答えが決まっていないものに自由に発想できる力、問題に直面した時に論理的に考える力などを育てることを目的としています。

ワンダーボックスの対象年齢は4~10歳です。幼いうちに知的好奇心や自由に発想する力や思考力を伸ばしておくことで、その後の学びに向けた、堅固な土台が作られていくことが期待できます。要するに、子どもの「地頭が良くなる」のではないでしょうか。

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

ワンダーボックスを効果なしにしないために

親のサポートが必要

ワンダーボックス(WonderBox)には、上で紹介したように、意欲、思考力、論理性、図形・空間認識力、抽象思考力、発想力・感性、創造性、戦略性、プログラミング思考などを育てる効果があります。

しかし1つ注意を!ワンダーボックスは、年齢が低いほど、親御さんのサポートが必要な場面があります。

たとえば8月号「イグアス」の「ペーパーラボ」。使用する紙がこんなに色々あるんです!

ワンダーボックス・ペーパーラボ

小さなお子さんだと、親御さんが助けてあげないと、「どれ使うの~~??わかんない~~!!」となってしまいそう。

この他にも、問題が分からなかったときに助け舟を出したり、励ましの言葉をかけたり、頑張ったことを褒めてあげたりなど、親力を発揮して、サポートしてあげたいです。そうすることで、ワンダーボックスが効果なしになりません!

一番良いのは、親子で一緒に楽しむことだと思います。ワンダーボックスには、大人でも難しい問題もあります。一緒になって、楽しみつつ頭をひねれば、親子のコミュニケーションタイムにもなりますよ!

アプリには、二人でやる対戦ゲーム(「たいせん!ボードゲーム」)もあります。親子で競い合うのも楽しいはず!親が本気でやっても、お子さんに勝てなくなっていくかも。

ワンダーボックス・対戦ボードゲーム

全部やらなくても大丈夫

ワンダーボックスはコンテンツが豊富なので、使いこなせないかもと不安な方もいらっしゃるかもしれませんね。でもご安心を!ワンダーラボによれば、すべてやる必要はないとのこと。

大切なのは、お子さんが楽しんで取り組むこと。楽しむことが、上で紹介した効果へとつながるからです。無理にすべてさせようとせず、必要に応じてサポートしつつ、お子さんがわくわくしながら取り組むことを見守るのがおすすめです!

コンテンツが変わり続けるので飽きない

ワンダーボックスを継続利用して感心したことが1つ。「コンテンツが毎月新鮮!」ということ。

アプリは毎月新しい内容になるし、月の途中で新しい問題が登場するものもあります。トイ教材は2~3ヶ月毎にテーマが変わるし、「ハテニャンのパズルノート」は毎月切り口の異なるパズルで楽しませてくれます。

よくもまあ、こんなに色々なネタがあるものだと、正直驚いています。

ワンダーボックスには、常に新しい教材・新しい問題が登場し続けます。飽きずに利用できますよ!

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

ワンダーボックスが向いている家庭は?

ワンダーボックス(WonderBox)は次のようなご家庭に向いています:

・子どもの地頭を良くしたい

・本当に子どものためになる教材を探している

・子どもが理系に強くなるようにしたい

・教科学習以外のことに取り組ませたい

・思考力や感性を養う効果がある教材がよい

・普通の通信教育では満足できない

個人的には、賢い子に育てたいなら、ぜひ皆さんにワンダーボックスを使ってもらいたい!本当におすすめです!

ワンダーボックスの動作環境は?

WonderBox(ワンダーボックス)を利用するには、インターネット環境とタブレットが必要です。

公式サイトによれば、推奨タブレットは次の通り:

【iPad/iPhone端末】
[OS] iOS 11.0以上
[メモリ/RAM] 2GB以上

【Android端末】
[OS] Android 5.0以上
[メモリ/RAM] 2GB以上

ちなみに、私は推奨タブレットよりもスペックがやや劣るVANKYO子供用タブレット(RAM1GB)でワンダーボックスのお試し版を使ってみましたが、無事に動作しました。またAndroidスマホでも使うことができました。

私はワンダーボックスのウェブ説明会に参加したのですが、そこでは、とりあえずスマホを使うのもOKとの説明がありました。後でタブレットにきりかえる場合、データはきちんと引き継がれるそうです。タブレットがご家庭になくても心配せず、まずはスマホでスタートするのも良いと思います♪

ワンダーボックスの料金

12ヶ月一括払いがおすすめ

WonderBox(ワンダーボックス)には3通りの料金プランがあります。クレジットカード払いのみです。

12ヶ月一括払い月あたり3,700円(税込)
6ヶ月一括払い月あたり4,000円(税込)
月々払い毎月 4,200円(税込)

嬉しいのは途中解約OKということ。一括払いで入会しても途中解約できます。その場合、受講月数に応じて受講費が計算し直され、残金が返金されます。

ということは、12ヶ月一括払いで入会するのが一番お得ですね。もしも途中解約することになっても残金が返金されるので、安心です。

月あたり3,700円と聞くと、「ちょっと高い!」と感じるご家庭が多いかもしれませんね。でも、お子さんにゲーム機やゲームソフトを買い与えることに比べたら、随分お安いのでは??

ワンダーボックスを使っている時、お子さんは「お勉強」ではなく「遊び」に感じられることでしょう。ワンダーボックスには、ゲームで遊ぶように、楽しみながら、いつのまにか地頭が鍛えられ、IQや学力を伸ばす効果があるはずです。それを思えば、賢い先行投資だと思います♪

紹介キャンペーンがお得!

ワンダーボックスは【紹介キャンペーン】も実施しています。お知り合いにワンダーボックス利用者がいらしたら、その方の「紹介コード」を申込時の「お支払いプランの選択」画面で入力し、12ヶ月一括払いを選択しましょう。料金が約8%OFFになります。つまり1ヵ月相当額が無料になり、最もお得です!

お得な入会方法についてもっと読む⇒

4月号口コミを読む⇒

5月号口コミを読む⇒

6月号口コミを読む⇒

7月号口コミを読む⇒

菜の花子
菜の花子

紹介キャンペーンのコードをお持ちでない方は、私の紹介コードをご利用ください。お互いの個人情報が明かされることはありません。なお、紹介コードが利用されると私に500円分のAmazonギフト券が送られます。気になる方は、ご利用をお控えください。

紹介コード:  LCFNvn1kMft4

お申込みは公式サイトから

コメント