【体験口コミ:スマイルゼミ幼児コース】10分野のタブレット学習!

幼児通信教材
 

スマイルゼミ幼児コースの体験・口コミ!

小学生、中学生向けタブレット通信学習として評判高いスマイルゼミに、2018年12月から幼児コースが始まりました!年中さん、年長さん向けの「すまいるぜみ」です。月あたり会費は2,980円~。加えて専用タブレット代9,980円(税抜)がかかります。

スマイルゼミは、小学生コース・中学生コースとも人気が高く、他社のタブレット学習より一歩秀でている感があります。

スマイルゼミ小学生の評価・評判/チャレンジタッチとの比較
スマイルゼミ小学生向け通信教育とチャレンジタッチはよく比較されます。2019年春にチャレンジタッチが全学年で英語を標準装備したことで、もともと英語がついていたスマイルゼミとの差が埋まり、どちらを選ぶべきか、ますます悩ましくなりました。
【スマイルゼミ中学生講座】評判通り?スタディサプリとの比較
専用タブレットで学習する「スマイルゼミ中学生講座」。タブレットならではの機能満載で評判良いようですが、実際はどうなのでしょうか?オンライン学習としてやはり有名なスタディサプリと比較しつつ、スマイルゼミの特徴を紹介します。

スマイルゼミは、動きのある解説で難しい内容も視覚的に理解できる、画像を指で動かして体感的に学習できるなど、タブレットならではの機能が満載です。そんな頼もしい家庭学習の味方であるスマイルゼミに、いよいよ幼児コースが誕生したのは画期的です。

先日スマイルゼミ体験会に足を運びました。実際に幼児コースを試してきたので、中身の充実度を口コミしますね。

体験してみて感じたのは、幼児にタブレットで学習をさせたければ、スマイルゼミ幼児コースが断然おすすめということです!

なぜスマイルゼミ幼児コースはおすすめなのでしょう?その理由の1つは、スマイルゼミが、タブレットなのに「書く」ことに徹底的にこだわっているからです。

スマイルゼミでは、専用のタブレットとタッチペンを使います。このタブレット&タッチペンが高性能で、紙に鉛筆で文字を書くのと限りなく近い感覚を可能にしています。しかも幼児コースのタッチペンは、幼い子どもでも鉛筆を正しく持つことができるように、三角の形になっているのです!

学習の初期段階から正しい鉛筆の持ち方を習得することは、非常に重要です。そのため、「タブレットよりも紙で勉強させたい」と考えるご家庭も多いはず。しかし高性能&三角タッチペンを使うスマイルゼミ幼児コースなら、たとえ幼い子どもであっても、安心してタブレットを与えることができます。

※下の画像は小学生向けタブレットのため三角タッチペンになっていません。幼児向けはタッチペンが三角になります。

スマイルゼミ幼児コースがおすすめな理由

学習習慣が身につく!

タブレットには、紙の教材では勉強したがらない子どもでも、遊び感覚で夢中になって取り組んでくれる魅力があると感じました。

スマイルゼミでは専用タブレットを使います。もしスマイルゼミを始めるとしたら、子どもは「自分だけのタブレット」を持つことになります。これは嬉しいプレゼントになるでしょうね。普段パパ、ママのスマホやタブレットをいじりたがるのと同じように、喜んで、自分のタブレットに向かってくれることでしょう。つまり勉強へのハードルがぐっと下がるのです!誇らしく、毎日お勉強タイムを持ってくれるのではないでしょうか。

小学校入学準備のために最も大切なことの1つは、私は「早くからの学習習慣」だと考えています。小学生になると、勉強が本格化します。小学校の授業は1コマ45分。45分間じっと集中するというのは、入学したばかりの子どもにとって、かなりの負担です。また毎日のように宿題も出されます。「勉強するのは当たり前」という感覚が入学前に刷り込まれていないと、学校で落ち着けなかったり、授業をしっかり聞けなかったり、学校が嫌いになったりなど、問題が起きてきてしまいます。

そのため、小学校入学前から、「勉強するのは当たり前!」「勉強は楽しい!」「私(僕)は勉強が得意!」「勉強が好き!」という気持ちを、お子さんに植え付けてあげられるのがベストです。

実際に幼児コースを体験してみて、そのような学習意欲を子どもに持たせ、入学前に学習習慣を身に付けさせるために、スマイルゼミはおすすめだと感じました!

スマイルゼミ・幼児コースでは、タブレットだから子どもが興味を持ちやすいことに加え、問題文・答え・解説をすべてタブレットが読み上げてくれるというメリットがあります。まだ文字を読めない子どもでも、無理なく自分のペースで取り組むことが可能です。確かに聞きやすい音声でした。これなら幼児が取り組みやすそうです。

また、紙の学習では不可能な、指で「触って」「動かして」体感しながら学習することができます。子どもにとって理解しやすいし、なにより楽しいです!(大人の私がいじっても、楽しかった!)

年長コース「ちえ」より

この他、スマイルゼミ幼児コースのタブレットには、楽しいから学習を継続できる仕掛けがぎっしり詰まっているので、おすすめです!

公式サイトで詳しく見る

しっかり学べる!

「タブレットは楽しいけれど、紙教材には勝てないのでは?」「答えを選択肢から選んで、わかったつもりになるだけでは?」と不安に思う親御さんもいるかもしれませんね。けれども、スマイルゼミ幼児コースなら、その心配はありません!

まず、スマイルゼミには「書く」学習がたっぷりあります。例えば「ひらがな」。鉛筆と同じ感覚で書ける高性能&三角タッチペンで、実際に繰り返し書いて練習します。タブレット上で動く赤い丸を追いかけていくうちに、正しい書き順と文字の形を覚えられるというスグレモノ教材です。「くるっ!」「す~!」などの音と共に、タブレットが「とめ」「はね」「はらい」まで丁寧に教えてくれます。すでにひらがな・カタカナが書ける子にとっては、「きれいに書く」ことの練習にもなります。

「くるっ!」「す~!」などと注意するところを言葉で言ってもらえるのは、子どもにとってすごくわかりやすいです。我が子が小1の時に、学校の先生が「す」の字の書き方を「三角おむすびを作って~」と説明していらしたのを思い出しました。

さらにスマイルゼミがすごいのは、子どもの間違いを見逃さないところ。私は体験会でわざと間違えたりしたのですが、例えば「飛び出さないように書いてみよう」などと、タブレットが音声で指摘してくれるのです。忙しいお母さんよりも、タブレットの方が細かいところまで気付いてくれるかもしれません。スマイルゼミはおすすめです!

2018-12-01_18h06_40 (2).jpg

「書く」ことへのこだわりと言えば、スマイルゼミ幼児コースは、なんと、左利きにも対応しています!ひらがなの練習をする際、お手本の位置を通常とは逆の、右側に表示させることができるのです。また、タッチペンを正しくもてるように、鉛筆の持ち方動画がタブレットに用意されているのですが、左利き用の動画まであります!なんて親切なんでしょう!

さらに、スマイルゼミ幼児コースのおすすめポイントは、必要な事柄を偏りなく学習できるように、日々やるべきことが自動配信される点です。スマイルゼミでは、電源を入れてタブレットを立ち上げると、「きょうのミッション」が提示され、取り組むべき講座へと導いてくれます。子どもは何をすればよいか、迷う必要がありません。

年中コースでは、いつ入会しても、年中の3月までに、すべてのひらがなの「なぞり書き」まで習得できるように、講座が自動配信されます。また、年長コースでは、いつ入会しても、小学校入学までに、すべてのひらがな・カタカナを習得できるように、講座が自動配信されます。大切なひらがな・カタカナを、誰もが学習しそびれることがないように、システムが自動でペース配分して、「きょうのミッション」に表示してくれるのです。これは年度途中から始める幼児にとって、配慮が行き届いていて、嬉しいですね!

公式サイトで詳しく見る

スマイルゼミ幼児コース10分野

スマイルゼミ幼児コースを体験してみて、「しっかり学べるのでおすすめ」だと、上に書きました。それではどんなことを学習できるのでしょうか。スマイルゼミには、小学校入学までに学習しておくことが望ましい、次の10分野についての講座が盛り込まれています。
※カタカナは年長コースのみ

それぞれの分野の具体的内容について、年中さん、年長さん別に紹介しますね。

★年中さん「ひらがな」
運筆練習
(まっすぐな線、曲がった線などを、楽しいイラストに沿ってしっかり引く)
ひらがなの読み
ひらがなのなぞり書き
★年中さん「ことば」
ひらがなで書かれた言葉や文を聴き、自分でも読む
(読んだ自分の声を録音・再生できる)
5分程度のお話を聞いて理解する
(内容に関する問題にも取り組む)
・語彙を増やす
★年中さん「かず」
・10までの数
(数の順番と読み方を身につける)
・「上下」「前後」などの概念
・ものの数え方
(「〇個」、「〇枚」など、物によって異なる数え方を見につける)
・多い、少ないの比較
・数の合成と分解
★年中さん「かたち」
・立体の様々な見え方
(立体の概念の導入)
・平面図形
(お手本通りに同じ形を書くことで、図形認識力を養う)
★年中さん「とけい」
・時計の文字盤と針の関係
(指で針を動して体感)
・正時の読み方
(6時、7時など)
★年中さん「えいご」
・英語絵本
(ネイティブ発音によるタブレット上の絵本教材で、英語の音に慣れ親しむ)
・英単語を聞く・言う
(リズムに合わせて英単語を楽しく学習)
・単語ゲーム
(英単語を聞き、その絵をタッチするゲームなどで、語彙を定着させる)
★年中さん「ちえ」
・迷路、規則性、間違い探し、条件整理、仲間分け、お話の順番、記憶など
★年中さん「せいかつ」
・マナー、交通ルール、健康、年中行事、職業など
★年中さん「しぜん」
・植物、動物、人の体、季節、気象など
詳しくは資料請求で ↓↓
★年長さん「ひらがな」
・ひらがなの読み、なぞり書き
・お手本を見て書く
・自分の名前を書く
・自分で考えた文を書く
★年長さん「カタカナ」
・カタカナの読み、なぞり書き
(簡単な文字から始まるので取り組みやすい)
・お手本を見て書く
★年長さん「ことば」
・「て・に・を・は」の使い分け
(取り組むたびに問題が変わる反復ワークで練習)
・ひらがな・カタカナの語彙を増やす
(どういう言葉でカタカナを使うのかも学ぶ)
・5分程度のお話を聞いて理解する
(内容に関する問題にも取り組む)
・反対語、動き・様子を表すことば
★年長さん「かず」
・60までの数
(数の順番と読み方を身につける)
・数の合成と分解
(指で実際に物を動かすことで、視覚的に理解できる)
・多少の比較、長さ比べ、高さ比べ
・お金の数え方
・直線状の位置(上下左右)
・順序数(前から/後ろから何番目)、2方向からの位置(上・下・右・左から何番目)
(動きのあるワークで視覚的に理解できる)かたち
★年長さん「かたち」
・平面図形、立体図形
(物の位置関係を指で実際に動かし、空間認識力を身につける)
★年中さん「とけい」
・時計の読み方(15分単位まで)
(生活時間と組み合わせて、時間を意識する姿勢を身につける)
★年長さん「えいご」
・英単語を聞く、言う
(自分で正しく発音できたか判定が受けられる)
・英語絵本
(ネイティブ発音によるタブレット上の絵本教材で、英語を聞く力を伸ばす)
・単語ゲーム
(英単語を聞き、その絵をタッチするゲームなどで、語彙を定着させる)
★年長さん「ちえ」
・迷路、規則性、間違い探し、条件整理、仲間分け、お話の順番、記憶など
★年長さん「せいかつ」
・マナー、交通ルール、健康・食、年中行事、社会、小学校の準備など
★年長さん「しぜん」
・植物、動物、人の体、気象、科学現象など

以上のとおり、スマイルゼミ幼児コースは学習内容が実に豊富です。タブレットならではの機能を活かした楽しい学習で、上手に小学校入学準備へと導いてくれるのでおすすめです。もしこれがすべて紙の教材だったら、相当な紙の量になるのではないでしょうか。

しかも、紙のドリルだったら一度問題を解いてしまえば終わりですが、スマイルゼミなら、配信済みの問題を何度でも学習し直すことができます。解くたびに変わる類題も、数多く収録されていて、「反復学習」を可能にしています。これらがすべてタブレット1台に収まっているのですから、スマイルゼミはおすすめなのです!

詳しくは資料請求で 

スマイルゼミ幼児コースだと親子でうれしい!

hands-3065650_1280 (2).jpg
スマイルゼミがおすすめな理由に、次のような、パパ、ママにとっても、嬉しい点があります。

タブレットがマルつけをしてくれる

問題を解くと、システムがその場でマルつけをしてくれます。親としてはいつも隣にいて、すぐに花丸をつけて褒めてあげたいところですが、下の子のお世話や家事で忙しくて、そうもしていられません。タブレットが自動マルつけをしてくれることで、子どもは親のマルつけを待つ必要がなく、サクサクと学習を進めることができます。

「きょうのできた!」を子どもと共有

その日に学習したことは「きょうのできた!」(学習確認画面)としてタブレットに保存されます。それを見れば、子どもが何を学習したかが一目でわかります。子どもがどのように文字を書いたかを動画で確認したり、録音した音声を聞くこともできます。がんばりをたっぷり褒めて、ママ、パパがほめ言葉や花丸を書き込んであげることも可能です。

私も体験会で、実際に架空の子どもあてにメッセージを書いてみました。子どもにお手紙を書いてあげる感覚で、親子の良いコミュニケーションにもなりそうです。

タブレットは学習専用

スマイルゼミのタブレットは、Webサイトを見たり、アプリをインストールしたりすることができないようになっています。

なお、小学校、中学校でもスマイルゼミを続ける場合は、そのまま同じタブレットを使用できます。また退会する場合は、普通のアンドロイドタブレットとして使用可能です。

目が悪くならない工夫

スマイルゼミの専用タブレットは18㎝×27㎝の大きな画面で、学びやすいノート大の大きさ。これによってタブレットに目を近づけすぎずに、学習できるようになっています。確かに見やすい!

また15分学習すると「きょうのできた!」(学習確認画面)に誘導され、さらに30分経つとその日は新たな学習ができないように制限がかかります(学習時間の設定は変更可能)。夢中になって、つい長い時間タブレットを使い過ぎるという心配がありません。

資料請求はこちらから
菜の花子
菜の花子

学習の基本である「書く」ことにとことんこだわっているスマイルゼミ。体験会で色々と試してみて、タブレットならではの楽しさを実感しました。勉強のハードルを下げ、子どもが学習習慣を身につけやすくなっているのが魅力的です。目が悪くならない配慮など、至れりつくせりなのも嬉しいです。タブレット学習で小学校入学に備えたいなら、スマイルゼミ幼児コースを第一におすすめします!