【ワンダーボックス口コミ】4月号を使ってみたのでレビューします!

タブレット学習
菜の花子
菜の花子

2020年4月スタートの WonderBox(ワンダーボックス)。調査のためと、自分の脳トレ&老化防止(笑)のために利用中です。ワンダーボックスは、本当に子供におすすめの通信教育でしょうか?この記事では、創刊4月号「エベレスト」(小1・2年生向け)を実際に使用してみての感想を口コミします。

ワンダーボックスの効果について読む⇒

ワンダーボックスの気になる点について読む⇒

ワンダーボックス教材・アプリについて読む⇒

ワンダーボックス・ペーパーラボについて読む⇒

ワンダーボックスお得な申込方法について読む⇒

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

アナログ教材の口コミ

WonderBox(ワンダーボックス)は、「キット」と呼ばれる箱に入って届けられるアナログ教材と、オンラインのデジタル教材を組み合わせて使います。教科学習とは異なる、STEAM教育に根差した、まったく新しいタイプの幼児・子供向け通信教育です。対象年齢は4~10歳児とされています。

デジタルコンテンツについては無料お試し版が公式サイトより公開されているので、イメージしやすいです。謎だったのはアナログの方。今回実際に手に取ってみて、「なるほど!これは子供の脳に良さそう」と感心しました!

最初から「ワクワク」が始まる

ワンダーボックスのアナログ教材は「キット」と呼ばれる箱の中に入っています。4月号「エベレスト」の箱を開けると、内側に「つなげて でてくる ことばは?」と、早速クイズがありました。

このクイズの答えは、アプリの鍵になります。答えを入力すると、アプリをスタートできる仕掛けになっています(^^)/

ワンダーボックスアプリの鍵

答えを送信したら、アプリの鍵が開きました!

WonderBox(ワンダーボックス)のどものIQ・学力を伸ばす効果シンクシンクで実証済みです。だから子供に「はまって」もらいたいですよね。そのためにも、箱を開けた瞬間からワクワクが始まり、子供を楽しませる仕掛けになっているのが良いと思いました!

クイズの答えは、アプリの保護者メニューで確認できます。
月初1週間ほどでアプリ内のコンテンツは自動的に開放されます。アプリの鍵を開けて楽しむには、教材が届いたらすぐに取り組むのがおすすめです。

なお、キットの箱は工作材料でもあります。4月号「エベレスト」のテーマは「君だけのバスを作ろう!」 箱を使って、自由にバスを作れるようになっていました。教材が入っている箱まで無駄にしないというのは、環境教育につながりますね。

ワンダーボックス箱

紹介コード LCFNvn1kMft4が使えます

シェイピーの口コミ

WonderBox(ワンダーボックス)4月号「エベレスト」のアナログ教材には、「シェイピー」と呼ばれる平面図形ピースと、シェイピーを使って答える問題シートがありました。問題シートは全部で8枚。表・裏に違うお題があるので、16種類の問題にチャレンジできます。

問題シートは、難易度が3段階(★/★★/★★★)に分かれています。子供が取り組みやすいように、★の数が少ないものから始めるのがおすすめです。

シェイピーを使った問題の1つを紹介しましょう。「穴がふさがるように、シェイピーを並べる」というもの。「ピースをかさねないで できるかな?」と注意書きがあります。

問題シート左上にはシェイピーの絵が描いてあります。何をすればよいのか、小さな子でも見るだけですぐにわかるようになっているのが良いです!

ワンダーボックスシェイピー

ワンダーボックスシェイピー

どのピースを使うか決めるには、隙間ができないように、ピースの角度に注目しなくてはなりません。「〇〇度」という角度の知識はまだない幼児や小学1、2年生でも、試行錯誤しながら、図形認識力が自然に養われていきます。3、4年生だったら、「これと、これと、これを合わせれば、360度になるな」などと戦略的に取り組むかもしれません。それもまた良いでしょう。

さらにこの問題だったら、同じ色同士が並ばないで見た目が美しくなるようにと、工夫をする子もいることでしょう。子どもの発想力、創造力、感性を養ってくれますね。

WonderBox(ワンダーボックス)をしている間、子供達は「勉強」しているとは感じないはず。遊びながら、楽しみながらなのに、実はすごく思考していて脳が鍛えられる。そんな仕掛けが満載なのがワンダーボックスだと思います。

ワンダーボックスシェイピー

出来上がった作品はアプリ「シェイピー」で撮影して、自分のアルバムに保存したり、「てんじする」を選んで、他のユーザーに見せることができます。

アプリでは、いろんなお子さんの作品がアップされているのを見ることができます。作品の見せ合いっこができるのも、ワンダーボックスのお楽しみの1つ!

なお、保護者メニューからは、我が子の作品ギャラリー(アルバム)を見ることができます。アプリに保存された作品集は、お子さんを褒めるときに役立ちそうです♪

問題シートよりももっと問題を解きたい、さらに難易度の高い問題にチャレンジしたい場合は、アプリ内の発展問題を利用できます。
WonderBox 公式サイトはこちら

ハテニャンのパズルノートの口コミ

WonderBox(ワンダーボックス)のアナログ教材「キット」には、「ハテニャンのパズルノート」というワークブックも入っています。

パズルは子供の脳に良いと言われてますよね。ワンダーボックス「ハテニャンのパズルノート」は脳に良いのはもちろんですが、奥深いんです!問題を解くだけでなく、自分で問題を作ることまでやらせてくれます。これは他の通信教育にはないですね!

ハテニャンのパズルノートはアプリと連動しています。自分で問題を作って、アプリでハテニャンに問題を送ることもできちゃうんです。私は下の自作問題をハテニャンに送ってみました。すると「おへんじはあしたとどくよ」のメッセージが表示されました。

ハテニャンのパズルノート自作パズル

翌日アプリを起動させたら、確かにハテニャンからお返事が届いてました~(^^)/

ワンダーボックスハテニャンの返事

自分宛に返事が届くというのは、子供にとって嬉しいはず。ハテニャンから返事をもらうために、子供達は問題作りに励んでくれるかも。素晴らしい作品はアプリ内で表彰されることもあるそうなので、それを目指して頑張る子も出てくるでしょうね。

良問を作るために、子供達は試行錯誤するでことでしょう。答えが1つだけになるようにとか、こっちなら行けると見せかけてその裏をかいてみようとか、どうしたら難しい問題になるだろうとか、発想力、創造力、思考力を総動員させながら楽しんでくれることと思います。

ハテニャンのパズルノート4月号「エベレスト」(1・2年生向け)は全部で40ページ。易→難へと少しずつレベルアップしながら進みます。作問をするためにシールを使う場面もあり、楽しみながら、無理なく取り組めると思います。

「ハテニャンのパズルノート」は書き込んで使います。そのため、最初にパズルノートのコピーをとっておいて、お子さんが繰り返し取り組めるようにするのもおすすめです。

ビッグペーパーの口コミ

WonderBox(ワンダーボックス)のキットには、ビッグペーパーも入っています。ビッグペーパーとは、その名の通り大きい紙。B1サイズ(103 × 73 cm)です。

ビッグペーパーの表側は巨大パズル。四隅からスタートできます。スタート場所によって難易度が変わります。

ワンダーボックスビッグペーパー

裏側はシェイピー(平面図形ピース)を自由に置いて遊んだり、アプリの1つ「ミッションハンター」のお題にそって写真をとって送ったりする際に使います。絵を描いて遊んでもOK。

ワンダーボックスビッグペーパー

部屋いっぱいにビッグペーパーを広げて遊ぶのは、子供が喜びそうです。親子やきょうだいで一緒にワイワイ言いながら楽しむのも良いですね~。

WonderBox 公式サイトはこちら

アプリの口コミ

WonderBox(ワンダーボックス)のアプリには、4月時点では、次の7種類がありました。随時新しいコンテンツが追加されていきます。

・シンクシンクプラス(思考力教材)
・バベロンプラス(思考力教材)
・アトラニアス(思考力教材)
・ジュニアランド(思考力教材/年中・年長コースのみ)
・ミッションハンター(総合教材)
・コードクラフターズ(プログラミング教材/小1以上のみ)
・ずっこけびじゅつかん(アート教材)

上記のうち、いくつか取り上げて口コミさせて頂きますね。

シンクシンクプラスの口コミ

「とおる?」

シンクシンクプラスどっちとおる?

シンクシンクプラスの中の「とおる?」は、与えられた立体図形が、枠の中を通り抜けられるかどうかを瞬時に判断するというもの。マルかバツを選ぶだけなので、簡単に取り組めます。「説明なしでやり方がすぐにわかる」のもWonderBox(ワンダーボックス)の嬉しいところ。

やり方は簡単ですが、物の位置、方向、形、大きさなどの空間での状態を捉える「空間認識力」を鍛えるために効果的です!遊びながら脳が鍛えられてしまうのですから、シンクシンクはワンダーボックスはすごいです。

ちなみに、正解すると花まるマークが登場します。

シンクシンク花まる

間違えたら、びっくり顔の青い花まるが登場。間違えたのに絵柄が「花まる」のままなのは、ちょっと嬉しい♪

シンクシンク花丸

「ひがわりルーレット」

シンクシンクプラスには「ひがわりルーレット」なるものがあり、日によって何が出てくるかお楽しみというコンテンツも!

シンクシンクプラス

この日の「ひがわりルーレット」では、2つの立体図形を合体させるとどういう形ができるか、3つから選ぶというもの。こういう問題を解くには、頭の中で図形を動かしたりイメージしたりする必要があります。脳の良いトレーニングになりますね!遊びながら図形に強くなります。

バベロンプラス「あつめてぴったん」の口コミ

あつめてぴったん

青いコマをうまく動かして、残りの緑のコマ全部と合体させるというもの。図形問題とパズルがミックスされたようなゲームです。頭の中でイメージしてからコマを動かさないと、すぐ壁にぶつかってしまいます。そんな試行錯誤が脳に良いのです!

アトラニアスの口コミ

アトラニアス

迷路なのですが、色のついた障害を「ひとつだけ」通れるという条件付き。この条件のために、思考力を働かせる必要が出てきます。線を描いてみて、ダメだったらまたやり直すという試行錯誤も脳に良さそうです♪

「ずっこけびじゅつかん」の口コミ

ずっこけびじゅつかん

これは2コマ漫画の2コマ目(オチ)を自分で考えるというもの。この「スイッチのまき」では、スイッチを押した後に何が起こったかがオチになります。

タブレット上に自由にお絵かきをして楽しみます。完成すると、1コマ目とつなげて自分の作品を見ることができるので、子どもは楽しいはず!

ずっこけびじゅつかん

ずっこけびじゅつかん

絵を描くことは、右脳のトレーニングに良いと聞いたことがあります。この2コマ漫画は、子供の発想力、創造力を養うのに効果がありそうです。何より子供達が楽しめますね!

ワンダーボックスのアプリは、月の途中で数回更新されたり、コンテンツが追加されたりします。お子さんが飽きないで取り組めるように工夫されています。
紹介コード LCFNvn1kMft4が使えます

時間制限機能の口コミ

デジタル機器を子どもに与える際、親御さんが心配になるのは「使いすぎ」ではないでしょうか。でも大丈夫です!WonderBox(ワンダーボックス)には時間制限機能がちゃんとついていました。

初期設定で「10分アプリで遊んだら1分休憩、1日1時間まで」となっています。

10分たつと、強制的に1分休憩させられます。この1分休憩の時に出てくるイラストとコメントがおもしろい!毎回違うのが出てきます♪細かい所まで作り込んでるな~と感心させられます。

ワンダーボックス休憩タイム
ワンダーボックス休憩タイム

1時間プレイすると、その日はそれ以上プレイできなくなります。ワンダーボックス時間制限

ちなみにこの時間制限は、アプリの「保護者メニュー」から自由に変更することができますよ。

ワンダーボックス保護者メニュー

ワンダーボックス会員になると、会員専用LINEアカウントに登録できます。月の途中でコンテンツが追加された時や、教材に隠された裏情報などが配信されます。

ワンダーボックスは基本的にはお子さん一人で使えますが、コンテンツに関する情報は親がキャッチして、しっかりサポートしてあげたいですね!

菜の花子
菜の花子

以上、ワンダーボックスの初回・4月号について口コミさせて頂きました。実際に使ってみて、子供を賢くする仕掛けが満載だと分かりました!あとは子供が楽しく取り組めるように、親が上手に声かけしてサポートしてあげれば万全でしょう。キットに含まれている保護者用冊子には、子供への声かけの仕方についても説明があります。ワンダーボックスを上手に使って、お子さんが賢く育つようにサポートしてみてはいかがでしょうか。

WonderBox の効果はこちら⇒

WonderBox の気になる点はこちら⇒

WoderBox6月号レビューはこちら⇒

お得な入会方法はこちら⇒

紹介コード LCFNvn1kMft4が使えます

コメント