【新・小学ポピー1年生】料金は2500円!リニューアル内容解説!

小学ポピー1年生全教材小学生通信教育
菜の花子
菜の花子

2020年4月号より、小学ポピー1年生がリニューアルしました。公式サイトを見ただけではよく分からなかったので、ポピーを編集している新学社さんに問い合わせみました。その結果分かったのは、「価格はさらに安く、中身はさらに良くなった」ということ!詳しく紹介しますね。

小学ポピーの特徴

小学ポピーは教科書に準拠した通信学習教材です。小学1~2年生は国語・算数・英語・生活科を、小学3~6年生は国語・算数・英語・理科・社会を学習できます。

ポピーの教材には、教科書を復習しやすくする工夫が随所に込められています。小学ポピーの他にも教科書準拠の通信教材はありますが、教科書を復習するための使い勝手の点では小学ポピーがピカイチだと思います。

学校で受けるテストにそっくりのテストもついていて、テスト本番で高得点がとりやすいという特徴もあります。

近頃タブレット学習が人気ですが、紙教材には紙教材ならではのメリットや学習効果があります。紙教材の良さが凝縮されているのが、小学ポピーと言っても良いと思います。

小学ポピー1年生は料金がより安くなった!

余計なふろくがなく、料金が低く抑えられているのも小学ポピーの特徴の1つです。小学ポピーの料金は、以前から他社の通信教育よりもリーズナブルでした。2019年度までのポピー小学1年生は月会費2,700円(税込)。

これが2020年4月号より2,500円(税込)に引き下げられたのです!

主な小学生向け通信教育の1年生コースを比較すると、次の通りです (2021年4月現在)。

小学生通信教育 1年生 受講費(毎月払いの場合・税込)

小学ポピー2,500円
進研ゼミ・チャレンジ3,680円
スマイルゼミ4,268円~
Z会小学生コース4,620円~

小学ポピーのコスパの良さがわかりますね。

なぜポピー小学1年生の料金は、よりお安くなったのでしょう?詳しくは後述しますが、要するに「教材に含めるべきことを厳選し、無駄がないように変更」されたのです。

無料お試し見本はこちらから

新しい小学ポピー1年生はこう変わった!

使い切りやすい量になった

小学ポピー1年生の2020年度の変更をまとめると、次のようになります。

 2019年度まで2020年度から
月払い料金2,700円(税込)2,500円(税込)
ワーク(国語・算数)毎月毎月
テスト(国語・算数)毎月毎月
ドリルやりきりドリル(A4判)毎月ひめくりドリル (A5判)毎月
英語ドレミでえいご 4月 or 入会時わくわくえいご 偶数月 + ぴかり!!
まとめテスト年4回年4回
足し算・引き算カード年2回なし
時計の読み方セット6月4月 or 入会時
算数マスターズ年2回年2回
作文・表現力ワーク年1回なし
こころの文庫毎月毎月
ことばの文庫年2回なし
ぴかり!!(情報誌)毎月毎月(生活科と英語も扱う)
生活科せいかつかワーク 年4回毎月の「ぴかり!!」に含める
Popy f(保護者向け)毎月毎月

私が新学社の方に伺ったところによると、今回のリニューアルは、会員の方々からの感想や要望に基づくものだそうです。

その感想とは、ポピーを利用している小学1年生の中には、教材を使いきれないで、やり残していまうお子さんもいたということ。

ネット上の口コミを見ても、「問題の量が多すぎる」という声を散見しました。

「やり残し」があると、子どもが達成感を得にくくなります。小学ポピーの目的の1つは学習習慣を身に付けさせること。そのためにも教材を使い切れる丁度いい量にして、小学生に達成感や自信を得させることが大切です。

またお子さんが教材を使いきってくれないと、親御さんは「せっかくお金を払ったのにもったいない!」とか「何とかやらせなければ!」などと、イラッとしてしまうかもしれません。

それでは本当に、リニューアル前の小学ポピーは問題が多すぎたのでしょうか?

リニューアル前の小学1年生コースでは、メインである国語・算数「ワーク」「テスト」の他に、次の教材がありました:

「やりきりドリル」(1冊で国語と算数をカバー。毎日取り組む)

「算数マスターズ」(「算数・数学思考力検定」を参考にして作られた問題で思考力を鍛える。時間のある時に取り組む)

「作文・表現力ワーク」(理解力・思考力・表現力を養う。時間のある時に取り組む)

「ことばの文庫」(語彙を増やしたり、文の作り方を学んだりする。時間のある時に取り組む)

「せいかつかワーク」(「体験学習」を楽しく無理なく学ぶ。時間のある時に取り組む)

確かに全部やるとなると、いろいろありすぎると感じたご家庭もあったもしれませんね。使いきれなかったお子さんがいたのもうなずけます。

また、上記の「算数マスターズ」「作文・表現力ワーク」「ことばの文庫」「せいかつかワーク」は、毎月届けられる教材ではありませんでした。週末など時間があるときにやればよいのですが、「毎日やる」ことになっていないので、習慣になりづらい、子どもが自主的に取り組みにくいなどの面があったかもしれません。

しかし、安心して下さい!2020年度のリニューアルによって、上記教材は次のように変更されました:

★「やりきりドリル」→使いやすい「ひめくりドリル」に変更。

★「算数マスターズ」→継続

★「作文・表現力マスターズ」→毎月のワークや「ひめくりドリル」で表現力を養う。

★「ことばの文庫」→毎月のワークや「ひめくりドリル」で語彙を増やしたり文の作り方を学んだりする。 

★「せいかつかワーク」→毎月の「ぴかり!!」(情報誌)に含める。

「作文・表現力マスターズ」「ことばの文庫」はなくなってしまいましたが、その代わり、毎月の教材で表現力などをしっかり学習できるようになっています。「生活科」の学習も毎月の「ぴかり!!」に含まれるので、学習しそびれることなく、使い勝手がよくなっています。

「算数マスターズ」は継続されています。この教材は「思考力」を鍛えるためのもの。「思考力」は「表現力」「判断力」と並んで2020年度教育改革のキーワードともいえる大切なものです。ですから「算数マスターズ」が継続されたのは歓迎です♪

そのようなわけで、2020年度以来、小学ポピー1年生は、大切な学習ポイントを失わず、しかも無駄のない、やり切れる丁度良い量になり、使い勝手もよくなりました!

さらに後述しますが、英語もパワーアップしました。

今回のリニューアルはお財布に優しいだけでなく、小学1年生に学習習慣をつけさせたり勉強好きになってもらうためのものとして、大いに評価したいです。

無料お試し見本はこちらから

次にリニューアルの中身について具体的に見ていきましょう。

使いやすい「ひめくりドリル」

リニューアル前のポピー小学1年生には、A4サイズの「やりきりドリル」がありました。メイン教材のワークに加えて、毎日やるドリルでした。

同じページの表に国語、裏に算数があり、全部で30ページ。つまり国語と算数を一日おきに毎日やると、1ヵ月で1冊やりきることになります。

この「やりきりドリル」が、2020年度の新しいポピー小学1年生から、「ひめくりドリル」に変更されました。

小学ポピー・ひめくりドリル

「ひめくりドリル」は、A5判のミニサイズドリルです。小ささが分かるようにサインペンと並べてみました。サイズが小さい分、小学1年生が手に取りやすくなっています。

同じページの表が算数、裏が国語になっています。問題は全部で60ページ(30枚)。つまり毎日1枚、表と裏(算数と国語)をやると、1ヵ月で1冊やりきることになります。

私はこの「ひめくりドリル」がすっかり気に入ってしまいました!表紙に「べんきょうの しゅうかんが つく!」とありますが、その通り、小学1年生が学習を習慣づけるために使い勝手が良いからです。

まずこのドリルは、ミシン目で切り取って使うようになっています。(切り取らないで、そのまま使ってもOKですが。)小学1年生でも簡単に、綺麗に切り取ることができる、しっかりとしたミシン目です。

「ひめくりドリル」のページはとってもカラフル。リニューアル前の「やりきりドリル」よりも、色使いが華やかになりました。子どものやる気につながると思います。

リニューアル前の「やりきりドリル」なら1回につき片面をやるのに対し、「ひめくりドリル」なら両面をやりますが、サイズが半分なので、学習量はほぼ同じです。公式サイトには「1枚5分程度」とありますが、私が見た感じでは、1~2分でできてしまいそう。

しかも小学生は、切り取られたミニサイズの問題用紙をたった1枚手にすることになるので、冊子になっているよりも、気軽な印象があります。小学1年生は「ささっとできるな~」という気持ちになるのではないでしょうか。

さらに見た目がイラストたっぷりでカラフル!勉強というよりは、楽しいクイズを解いているような気分にさせてくれそうです。

これなら勉強へのハードルがぐっと下がります。例えばお母さんが夕飯を作っている最中に一人でささっとやるとか、朝学校へ行く前にささっとやるとか、無理なく毎日続けられそうです。自分でミシン目でビリッと切り離すのも、小学1年生にとっては楽しいかもしれません。

無料お試し見本はこちらから

生活科は「ぴかり!!」で扱う

ポピー小学1年生には、毎月「ぴかり!!」という情報誌も届けられます。

小学ポピー・ぴかり!!

この「ぴかり!!」には毎月色々な特集記事が掲載されます。生活の中での発見や体験から知的好奇心を育てるというもの。理科や社会に通じる内容や、脳トレ、運動、生活のマナーやルールも学べます。 

小学ポピー・ぴかり!!

上の画像はリニューアル前の2019年度の小学1年生ポピー「ぴかり!!」の一部です。料理体験や月の満ち欠けについて取り上げられています。2020年度から「せいかつかワーク」はなくなり、生活科は「ぴかり!!」でカバーされていますが、リニューアル前ですら、「ぴかり!!」に生活科が含まれていたことが伺えますね。

小学1、2先生の生活科のねらいは、文科省によれば、次の通り:

・具体的な活動や体験を通すこと。
・自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりをもつこと。
・自分自身や自分の生活について考えること。
・生活上必要な習慣や技能を身に付けること。
・自立への基礎を養うこと。

要するに「生活体験を通じて、社会や自然や生活について考えたり、生活に必要な習慣や技能を身に付けたりすること」ですね。「ぴかり!!」のコンテンツそのものです!

2020年度以降「せいかつかワーク」がなくなりましたが、問題ありません。生活科は毎月の「ぴかり!!」で扱われるからです。また教材が多いと「使いきれない」ことにつながるので、「せいかつかワーク」がなくなったことについては、プラス面の方が大きいです。

「ぴかり!!」は毎月届けられますから、季節にあったテーマの学びや体験学習ができます

2021年4月号の「ぴかり!!」はこんな感じ:

小学ポピー・ぴかり!!

小学ポピー・ぴかり!!

春の生きものを探したり、春を感じる出来事を考えたり、春が旬の食べ物について学んだり、タンポポの工作をしたりと、春にまつわる学習内容になっています。

英語に毎月触れられるようになった

リニューアル前の小学ポピー1年生では、英語は「ドレミでえいご」というCDつきテキストが、4月または入会時に1度届けられるだけでした。12曲の英語の歌をCDで聞いたり、その歌のダンス動画をウェブで見たりして、英語に慣れ親しむというものでした。

英語の入門としては楽しいものの、12曲の歌を真似て歌ったりするだけですので、内容や量が乏しい面がありました。

そこで2020年度からは、英語に毎月触れられるように次のように変更になりました。

偶数月「ポピーわくわくえいご」(音声はウェブ配信)
奇数月「ぴかり!!」の中で英語特集記事(音声はウェブ配信)

偶数月に届けられる「ポピーわくわくえいご」はこんな感じ:

小学ポピー・わくわくえいご

小学ポピー・わくわくえいご

テキストの音声はウェブで配信されます。テキスト掲載のQRコードを使って、スマホやタブレットでデジタル版テキスト「デジタルブック」に簡単にアクセスできるようになっています。PCも使えます。

私はデジタルブックを実際に試してみたのですが、英単語やフレーズをタップして音声を聞いて英語の音に慣れたり、英単語を覚えたりすることができるようになっていました。

 

英単語やフレーズの文字はテキストに書かれていますから、文字をインプットする働きもあります。

また「ポピーわくわく英語」のお届けがない奇数月には、情報誌「ぴかり!!」に英語の特集記事が入ります。やはり音声はウェブで配信されます。

英語はまず音に慣れることが大切。そして繰り返しが大切。2020年度以降の小学ポピー1年生では、「ポピーわくわくえいご」と「ぴかり!!」で毎月英語に触れられるのは、大いに評価できます。

なお、英語にさらに力を入れたいご家庭には、英語に特化した別の通信教材【ポピー Kids English】 もおすすめです。

無料お試し見本はこちらから

小学ポピーはいつ始めるべき?

小学ポピー1年生

小1の4月スタートが理想的

「小1のうちは勉強が簡単なので、通信教育は必要ないのでは?」と考えるご家庭もあるかと思います。でも小1だからこそ、始めてほしいです。早く始めた方が、早く学習習慣をつけられるからです。

できるなら小学1年の4月からのスタートが理想的です。最初から教科書を復習するリズムをつけてあげられれば、お子さんにとって、その後の学習がだんぜんラクになるからです。

上記で紹介したように、2020年のリニューアルによって小学ポピー1年生はより使いやすくなりました。無理なく、サクサク毎日取り組めます。学習習慣を身に付けるのにもってこいの教材が小学ポピーです。

幼児ポピーから始めるのもおすすめ

なお、学習習慣を身につけるという意味では、小学校入学前に「幼児ポピー」から始めておくのもおすすめです。小学校に入学したての時は、新しい生活に慣れることで精一杯だと思うから。入学前に幼児ポピーで「家で勉強するのは当たり前」という感覚を植え付けることができたら、小学ポピーにもすんなり取り組むことができるはずです。

無料お試し見本・入会申込みはこちらから
他の通信教育と比較するにはこちら

コメント