【コロナ臨時休校】子どもを感染から守り、通信教育で学習サポート!

小学生通信教育
菜の花子
菜の花子

新型コロナウイルス感染をめぐって、日本中、世界中が揺れていますね。コロナ感染リスクから子ども達を守るためにできることの1つとして、通信教育オンライン学習を考えてみたいと思います。

異例の臨時休校

留守番を強いられてしまった子ども達

政府の突然の要請により、全国の小学校・中学校・高校等が、3月2日から春休みまで一斉に臨時休校することになりましたね。自治体や学校により多少のばらつきがあるようですが、皆さんのほとんどのお子さんが、突如、長いお休みを強いられてしまったことでしょう。

新型肺炎・コロナウイルスから子ども達を守るための施策とはいえ、共働きやひとり親世帯の親御さんは、お子さんを留守番させなければならないと、頭を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

政府は保護者が仕事を休むこともサポートすると説明していますが、誰もが簡単に休めるわけではないでしょう。学童保育という選択肢もありますが、全小学生が利用できるわけではありません。それに学童保育に大勢の小学生が押し寄せたら、コロナ感染予防という本来の目的から逸れてしまいます。

結局のところ、昼間お子さんに留守番させるしかないご家庭が、かなり多いのではないでしょうか。

消えた授業時間

小学・中学・高校では、それぞれの教科について、1年間の学習時間数が決められています。学校の先生達は、1年かけて教科書が終わるように、学習が完了するように、計画的に授業を進めていきます。3月2日以降も、当然授業をする予定でした。それが臨時休校により、突如消えてしまったのです。

学校や教員により差異があるでしょうが、これはかなりの痛手です!子ども達は、習うべきことを習わないで、突然学校に通えなくなってしまったのですから!

3月の修了式直前にやっと教科書が終わる予定の教科もあったことでしょう。3月にじっくり1年間の総まとめをするはずだった教科もあったことでしょう。それが臨時休校でダメになってしまったのです。

試しにお子さんに、勉強がどこまで終わっているか、教科書を見せてもらうとよいかもしれません。かなりのページが残っていて、驚かれる方も多いと思います。

自治体によっては、臨時休校中に子ども達が家庭学習を行えるよう、教員に課題の用意を勧めたところもあったようです。しかし、あまりに突然の臨時休校決定でしたから、学校が十分な対応をすることができたかはあやしいです。また小学生にとって、特に低学年の子ども達にとっては、課題を丸投げされても、自分1人で取り組める内容に限りがあります。

新型肺炎・コロナウイルスの問題は、子ども達の学習にも悪影響を及ぼしつつあると言えるでしょう。

塾に頼る?

塾も休業?!

新型コロナウイルスによる突然の長期休業で、子ども達の学力面に不安を感じる親御さんは、お子さんを塾に通わせることを検討する方もおられることでしょう。

しかし本日2月29日の新聞報道によれば、文科省は経済産業省を通じて、学習塾にも休業を要請しているそうです。お子さんを塾に預けたくても、預けられない可能性大です。

通塾によるコロナ感染リスク

それに、たとえ塾でお子さんを引き受けてくれるとしても、行き帰りの交通機関で不特定多数の人に接触したり、狭い教室に生徒が密集するなど、コロナ感染が心配です。コロナ感染リスクを考えると、塾に通わせることに抵抗を感じる親御さんが多いのではないでしょうか。

4月になり、予定通り学校が再開したら、政府による塾への休業要請も終了すると思われます。しかしだからといって、コロナ感染リスクがゼロになるわけではないでしょう。子どもに学力をつけさせ、かつ子どもをコロナから守るためにどうするべきなのか、親として悩ましいところです。

家庭学習で子どもをサポート!

通信教育が便利

結局のところ、新型肺炎・コロナウイルスの感染リスクから子どもを守りつつ、子どもの学力をサポートするには、塾に頼らず、安全な家庭内で学習に取り組ませるのが一番望ましいのではないでしょうか。

家庭学習のために市販の教材を買い与えるのも良いですが、人気の通信教育オンライン学習を利用すると便利です。

通信教育を利用すると、良く練られたカリキュラムに沿って、その時期に必要な事柄をしっかり学習できるからです。また今回の長期休業のように学校で習うべきことが抜けてしまったような場合でも、教科書準拠教材を使用することで、学校の不足分の穴埋めができますよ。

万が一お住まいの地域や学校でコロナウイルス感染症患者さんが発生した場合、4月に学校がスタートしない可能性もあります。そのような場合でも、通信教育で教科書に沿った学習を進めていれば、学習面での不安がなくなることでしょう。

留守番をするお子さんにはスマイルゼミ

通信教育やオンライン学習にはいろいろな種類がありますが、親御さんがお仕事をしていて、お子さんに留守番をしてもらうご家庭には、スマイルゼミ が使いやすいと思います。スマイルゼミは専用タブレットを使ったオンライン学習で、親御さんが隣にいなくても、小学生が1人で取り組むことができるからです。低学年でも大丈夫です!

また、スマイルゼミは教科書準拠教材ですから、今回のような突然の長期休業などで学校で習いそびれたことがあったとしても、しっかり穴埋めすることができます。

しかも今なら「春休み特大号」として、1年間の総復習講座が追加料金ナシでついています。春休み特大号は、1年間の総復習講座&全国学力診断テスト&プログラミング講座と盛りだくさんです。お家でたっぷり勉強することができます。

教科学習をしっかりさせてくれるのに、勉強につながるミニゲームなどの遊び要素もふんだんに含まれていることも、スマイルゼミの特徴の1つです。コロナ感染を避けるためにずっと家にいなければならないお子さんにとって、スマイルゼミのタブレットがあれば、学習が万全になるだけでなく、退屈しのぎにも役立つことでしょう。

今年から小学校でいよいよ教科化される英語についても、スマイルゼミなら「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を本格的に学習できます。「聞く」はもちろんネイティブ発音で、会話練習もできるので、お世辞抜きで、英会話教室に通う必要がないです。

さらにスマイルゼミには、「みまもるトーク」という保護者管理機能があります。ラインのように、保護者のスマホとスマイルゼミのタブレットで、会話のやりとりを楽しむことができるというもの。

スマイルゼミの「みまもるトーク」を使えば、親御さんは職場にいても、お留守番をしているお子さんの学習状況を知ることができます。そしてお子さんからのメッセージを読んだり、お子さんにメッセージを送って、お子さんを励ましたり褒めてあげたりすることができますよ。お仕事をしている親御さんに嬉しい機能です。

スマイルゼミ小学生コースについてもっと読む⇒

スマイルゼミ中学生コースについてもっと読む

スマイルゼミのお得な申込方法⇒

強力ウイルス除菌剤についてはこちら⇒

菜の花子
菜の花子

コロナ感染からお子さんを守るためには、しばらく正念場が続きそうですね。お子さんを感染から守り、かつ学習をサポートするために、上手に通信教育やオンライン学習を利用してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにスマイルゼミには「全額返金保証」制度があります。専用タブレットを実際に2週間ほどじっくり使ってみて、もしも気に入らなければ、会費&タブレット代金を全額返金してもらえるので安心です。

資料請求はこちらから

コメント