ワンダーボックスは飽きる?使い切れない?中学受験準備にも有効?!

ワンダーボックス5月号ナイルレビュータブレット学習
菜の花子
菜の花子

2020年4月にスタートした、新知育通信教育ワンダーボックス(WonderBox)。私は自分の脳トレ&ボケ防止&皆さんへの情報発信のために、小学1・2年生コースを受講中です。先日、創刊後第2弾となる5月号「ナイル」が届きました。1ヶ月間実際に使ってみて、また第2弾も届いて、「ワンダーボックス」の良さが明確になってきました。

 

この記事では、5月号のレビューと共に、申込を迷っておられる方が感じているであろう「ゲームばかり?飽きる?使いきれない?中学受験に役立つ?」などの答えをまとめてみます。

ワンダーボックスの効果について読む⇒
ワンダーボックス4月号レビューを読む⇒
ワンダーボックス6月号レビューを読む⇒
ワンダーボックスのお得な入会方法について読む⇒

紹介コード LCFNvn1kMft4が使えます

キットとアプリの組み合わせ

ワンダーボックスには毎月届く紙の教材と、オンラインで届くアプリと両方あるっていうけれど、結局どういうもの?分かりにくい……

菜の花子
菜の花子

キット(紙教材)とアプリの組み合わせって、私も最初イメージがつかめませんでした。5月号の教材を例に説明しますね。

ワンダーボックス5月号は「ナイル」

ワンダーボックス(WonderBox)のキット(紙教材)は、ヤマト運輸の「ネコポス便」にてポスト投函されます。郵便受けに入る大きさなので、不在にしていても大丈夫です。私の場合、5月号は4月24日に投函されていました。5月号の名前は「ナイル」でした。

ワンダーボックス5月号ナイル

ちなみに4月号は「エベレスト」でした。ネーミングだけでも、世界地図を広げたり、山や川の話をしたりと、知育や親子のコミュニケーションのネタになりそう!

ワンダーボックス教材

アプリの鍵

ワンダーボックスの箱を開けると、「アプリの鍵」の答えを出すための迷路がありました。

ワンダーボックスアプリの鍵

アプリの鍵の難易度が、4月号よりもアップしていました。ワンダーボックスは、毎月違った知的チャレンジを与えて、子ども楽しませてくれると感じました。

タブレットにも、5月号ナイルの箱が届いていました。

ワンダーボックス5月号アプリの鍵

毎月25日~5日がアプリの月次更新期間。この期間に「アプリの鍵」を入力すると、アプリ内容が更新されます。アプリ更新後は、前月のアプリ内容は利用できなくなるので、前月分を続けたい場合は、鍵を入力しないでおきましょう。但し、入力しないでいても、6日にアプリは自動更新されます。
アプリの鍵を入力したら、アプリの箱が開きました。この瞬間が何気に楽しい!
ワンダーボックス・アプリの鍵入力

ワンダーボックスアプリの鍵があく

アプリの鍵が開いた途端、アプリ一覧には “NEW”の文字が!コンテンツが新しくなっていました。

ワンダーボックス・新コンテンツ

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

5月号「ナイル」のキット

子供が小さいうちから、アプリでゲームばかりさせることに抵抗があります。

菜の花子
菜の花子

ワンダーボックスは、確かにアプリで子供の思考力を鍛えてくれるのが魅力です。でもキット(紙教材)も充実しているんですよ。

シェイピーがパワーアップ

ワンダーボックス5月号「ナイル」のキットには、4月号に引き続き、シェイピーと呼ばれる平面図形ピースと、問題シートが8枚(両面で16通り)入っていました。

ワンダーボックス5月号ナイル・シェイピー

問題シートには、難易度を示す★マークが記載されています。4月号は★の数は1~3だったのに対し、5月号「ナイル」には、★が4や5の問題も入っていました。

ワンダーボックス・シェイピー難易度

試しに★★★★の問題をやってみました。 

ワンダーボックス・シェイピー問題

白いマスに6色の正方形ピースを2枚ずつ置き、かつ同じ色が全部つながっているようにするというもの。

ワンダーボックス・シェイピー問題

いざやってみると、大人でも結構頭を使います。失敗しながら「ここにはこの色を置くしかない」というのが分ってきます。「試行錯誤」というやつですね。これが子どもの脳にいいのです!

ハテニャンのパズルノートでは数字学習も

ワンダーボックス5月号ナイル「ハテニャンのパズルノート」

キット(紙教材)のうちの、「ハテニャンのパズルノート」(迷路のワークブック)も進化していました。

4月号の「ハテニャンのパズルノート」は、カメラが置かれた迷路を、カメラに見つからないように通るというもの。

一方、5月号ナイルは、迷路を数字をたどりながら進むというものした。

ワンダーボックス5月号ハテニャンのパズルノート

ワンダーボックス5月号ハテニャンのパズルノート

数字を1-2-3-4……と追いながら、迷路を進んでいきます。問題が進んでいくと、数字が、2飛び(2-4-6-8……)、3飛び(3-6-9-12……)、5飛び(5-10-15-20……)になってきます。迷路をしながら、かけ算の基礎まで学習できてしまうというスグレもの!

絵柄も4月号よりずっと可愛くなっていました!

4月号と同様、シールを貼って自分で問題を作るページもあります。

ワンダーボックス5月号ハテニャンのパズルノート

さらに、4月号と同様に、まっさらな状態から問題を作るページもありました。問題を作ったら、ハテニャンに送ることができるます。自分で問題を作るのは高度な知的作業ですが、ハテニャンに送ることで、子供には遊びのように感じられることでしょう。

私はこんな数字迷路を作ってみました。単純そうに見えるかもしれませんが、これでも答えが1つだけになるように、じっくり思考したんですよ(笑)

ワンダーボックス5月号ハテニャンのパズルノート

この自作の迷路をアプリのカメラで撮影して、ハテニャンに送ったところ、翌日にはハテニャンから返事が届きました!こんな風にキットとアプリを組み合わせて楽しめるのが、ワンダーボックスの良いところ。

ワンダーボックス・ハテニャンの返事

ビッグペーパーは季節感いっぱい

5月号「ナイル」のビッグペーパー(B1サイズ)は、鯉のぼりの絵でした。

ワンダーボックス5月号ビッグペーパー

2匹の鯉のぼりの違いを10か所見つけよう、というもの。

ワンダーボックス(WonderBox)のキットは毎月届けられる教材なので、季節感があるのも良いなと思いました。コロナ騒ぎで忘れていましたが、「ああ、鯉のぼりを楽しむ時期だったんだ!」と、気持ちがほっこりしました (^^)/

ビッグペーパーの裏面はこんな感じ:

ワンダーボックス5月号ビッグペーパー

シェイピーの平面ピースを使って、絵を作ったりして遊びます。

「キットに入っている全部の色のピースを使って作品を作る」というシェイピーコンテストまで開催されています。作品をアプリで撮影して送ると、後日、全国から集まったものの中から優秀作品がいくつか選ばれるのだそう。

ワンダーボックスは、子供のためのお楽しみをとことん用意しているな~と感心します。

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

ワンダーボックスは飽きる?

ワンダーボックスを始めても、子供が飽きるのではと不安です。

菜の花子
菜の花子

通信教育を始める時、『長続きするか』と不安になることもありますよね。でもワンダーボックスには、子供を飽きさせない工夫が満載ですよ。

キットの印象が月によって変わる!

ワンダーボックス(WonderBox)の5月号を手にしたとき、「4月号と印象が違うな~」と感じました。

上で紹介したように、シェイピーの問題がグレードアップしていたり、ハテニャンのパズルノートが可愛くなっていたり、ビッグペーパーが季節にマッチしていたりと、新鮮でした。

ちなみにシェイピー(平面図形)は6月号で終わり、7月からは全く別の教材が登場するとのことなので、これも楽しみです。

ワンダーボックスは毎月進化していくんじゃないかな、その度に子どもを楽しませてくれるんじゃないかなと、期待しています。

アプリが毎月&月途中で更新される

アプリが毎月更新されるのは上で紹介した通りです。そのほか、月の途中でも一部更新されたり、チャレンジ問題が追加されたりします。その場合は、会員ページやLINEでお知らせが届くようになっています。

ワンダーボックスのアプリは、お子さんのレベルに合わせて、超簡単なものから、大人でも難しいものまで、幅広く用意されています。問題を攻略するにつれて難易度がアップしていくので、「簡単すぎる」「難しすぎる」ということがなく、その子に合った、ちょうどいい知的刺激を受けつつ取り組めます。そのため「飽きる」ことはなかなかないのではないかと思います。

アプリで作品をシェア

ワンダーボックスでは、シェイピーを使った作品や、アプリのうちの1つ「ずっこけびじゅつかん」で描いた絵などを送って、他のユーザーに見せることができます。

WonderBoxアプリ「ずっこけびじゅつかん」
2コママンガの話しのオチを考えて、2コマ目を自由に描くというもの。

例えば、私は「ずっこけびじゅつかん」の「ぼうしのまき」で、こんな絵(2コマ目)を描いてみました:

ワンダーボックスアプリ「ずっこけびじゅつかん」

ワンダーボックスアプリ「ずっこけびじゅつかん」

そしてこれを投稿したところ、翌日には、他のユーザーの作品に混ざって、自分の絵が「しんちゃく」コーナーにアップされていました。

ワンダーボックスアプリずっここけびじゅうかん

優秀な作品(?)は「ピックアップさくひん」に選ばれるので、それを目指して頑張るお子さんもいることでしょう。

中高生や大人がツイッターやインスタを楽しむのと同じように、子供達にとっても、自分で作ったものを他の子とシェアできるのは、ワンダーボックスを飽きることなく楽しむことにつながるように感じています。

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

学力の土台作り・中学受験の備えも!

学校の勉強につながる通信教育の方がよいのでは?ひらがなや漢字の練習とか……中学受験も気になる…

菜の花子
菜の花子

ワンダーボックスは一見遊びのようですが、学力を伸ばすことに結びつくんです。IQアップや中学受験の準備にも効果的なんですよ。

アプリがIQを伸ばす

ワンダーボックス(WonderBox)には、子供の学力やIQを伸ばすことが実証されている数理的思考力アプリ「シンクシンク」が含まれています。シンクシンクは、なんと、算数オリンピックの問題制作も行うチームが開発しているのだそう!

例えば、ワンダーボックスの「シンクシンクプラス」では、100種類もあるゲームのうちから、月ごとに異なる3~4種類に繰り返しチャレンジすることができます。「ひがわりルーレット」なる、何が出てくるのかがお楽しみな、日ごとに変わるゲームもあります。

どんなアプリがIQアップにつながるのか、5月号「ナイル」に新登場したものを紹介しましょう。

シンクシンクプラス「つなげレール」

ワンダーボックスアプリ「つなげレール」

電車が通り抜けられるように、レールをつなげます。

ワンダーボックス・シンクシンク「つなげレール」

レールをうまく回転させてつなげると、電車がさっと走り抜けるのが気持ちいいアプリです。

初めは手当たり次第にレールを適当に動かすだけかもしれません。けれども適当にやるとレールがつながらないことに気付いて、そのうちにゴールから逆算して、レールの向きを考えたりすることでしょう。

図形のセンスを養ってくれるアプリだと思います。

シンクシンクプラス「ダブルつなげレール」

ワンダーボックス・シンクシンクプラス・ダブルつなげレール

「つなげレール」の応用アプリ。2台分のレールをつなげて、2台の電車を同時に走らせてあげます。

ワンダーボックス・シンクシンクプラス・ダブルつなげレール

2つのことを同時にやるって、かなり頭をつかいます!時間制限がありますから、図形認識力はもちろんのこと、処理能力も鍛えられると感じました。

シンクシンクプラス「ぴったんぱったん」

ワンダーボックスアプリ・シンクシンクプラス・ぴったんぱったん

両側にあるのは扉です。扉が左右からぱったんと閉じるので、赤いブロックを動かして、扉が閉じた時に、潰されないようにします。扉が閉じた時に扉の白いマスにあたる部分に赤いブロックを移動させておけばOK。

ワンダーボックスアプリぴったんぱったん

扉が閉じると図形の左右が入れ替わるので、頭の中で左右を逆にして考えなければなりません。図形の移動を瞬時にイメージする力が鍛えられるアプリです。まあ、失敗して赤いマスが潰れてしまっても、「あ、ごめん!」てな感じで、それはそれで面白いですけれど!

シンクシンクプラス「もぐもぐチェリー」

ワンダーボックスアプリもぐもぐチェリー

リス達に、数字と同じ数のさくらんぼをあげます。

ワンダーボックスアプリもぐもぐチェリー

数の合成(足し算)の練習ができるアプリですね。数字(3+3など)でなくて、さくらんぼという物を使うことで、幼児にとっては数の概念も養われていきます。

シンクシンクプラス「ひがわりルーレット」

ワンダーボックスアプリ・ひがわりルーレット

シンクシンクプラスでは、「ひがわりルーレット」で毎日違うアプリが登場するのも楽しみの1つ。この日は「じゅんばんめいろ」でした。

シンクシンクプラスじゅんばんめいろ

カエルを数字の順に動かして、ゴールを目指します。

ワンダーボックス・シンクシンクプラスひがわりルーレット

数字の順に進むためには、わざと遠回りしなければならなかったりします。どのルートで行けばよいのかゴールから逆算するなど、子どもの思考力が養われます。

バベロンプラス「モンスターボム」

ワンダーボックスアプリ・バベロンプラス・モンスターボム

マスに爆弾を置いて、モンスター達を全員倒します。爆弾は、モンスターの前・後ろ・横・斜めに置くことができます。上の問題だと、使える爆弾は4つ。2と書いてあるモンスターには爆弾2発を、1と書いてあるモンスターには爆弾1つを置かないと倒せません。

大人でも、結構難しい (^^;)  よかったら、ちょっと考えてみて!試行錯誤する中で、論理的思考力が養われます!

ちなみに答えはこちら:

ワンダーボックスアプリ・バベロンプラス

たいせん!ボードゲーム

ワンダーボックスアプリ「たいせん!ボードゲーム」

これは家族で一緒にできるアプリです。自分のコマを先に3つ並べた方が勝ち。

ワンダーボックスアプリ対戦ボードゲーム

ワンダーボックス・たいせんゲームアプリ

家族で楽しめるのがいいですね。ちなみに私は息子とやったのですが、「お母さんは弱すぎてダメだ!もっと頭を使ってよ!」と笑われてしまいました (^^;) 

中学受験の備えにもなる

中学受験の図形の問題では、「これ、パズル??」と思えるような、難問・奇問が出題されることがよくあります。

「わかる子にはわかる」「ひらめけば解ける」みたいな。要するに、図形のセンスが必要なんですよね。

図形のセンスは、生まれつきのものと思われがちです。しかしワンダーボックスを制作しているワンダーラボは、こう説明しています:

私たちは、6年以上にわたる研究授業や、実証実験の結果から、それら(=センスや地頭)は、子どもが自らわくわくして学ぶ教材やきっかけを与えてあげることで、必ず伸ばせると確信しています。

ワンダーボックスに取り組むことで、中学受験で重要な空間認識や平面図形のセンスも身につけることができます。ワンダーボックスでただ遊んでいるようでも、思考力が鍛えられて、中学受験の備えがなされていくということですね。

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

教材は全部やらなくてもOK!

ワンダーボックスは、キットやアプリで、コンテンツが豊富なのは分かりました。でもこんなに色々あると、使い切る自信がありません。

菜の花子
菜の花子

心配しなくて大丈夫ですよ。ワンダーボックスは全部やらなくてもOKなんです!

通信教育をお子さんにさせる時、教材にやり残しがあると、それをストレスに感じてしまう親御さんがいると聞いたことがあります。「せっかくお金を払ったのだから、全部やらせないともったいない!」というわけです。

その点、ワンダーボックス(WonderBox)は心配ありません。ワンダーラボ主催のウェブ説明会で、「全部やらなくてもOK」「毎日やらなくてもOK」とのお話しがありました。

ワンダーボックスは、子供の意欲を引き出し、思考力や創造力などを育てるための教材です。無理にやらせるのでなく、それぞれのお子さんが好奇心を駆り立てられたことに、楽しみながら没頭することが大切なんだそうです。

ですので、教材をすべてこなせるかどうかは心配せず、お子さんの興味・感心を尊重して、楽しく取り組めるように見守ったり、ほめて励ましたりして、サポートしていけば大丈夫です!

菜の花子
菜の花子

ワンダーボックス(WonderBox)の5月号「ナイル」を紹介しながら、疑問に感じられそうなことについて説明してみました。ワンダーボックスは、お得な12ヶ月一括払いで申し込んでも中途解約OKです。まずはお試し感覚でお子さんに使ってもらうのが、一番分かりやすいかもしれません。

ワンダーボックスの効果について読む⇒
ワンダーボックス4月号レビューを読む⇒
ワンダーボックス6月号レビューを読む⇒
ワンダーボックスのお得な入会方法について読む⇒

紹介コード LCFNvn1kMft4 が使えます

コメント