スマイルゼミ小学生の評価・評判/チャレンジタッチとの比較

タブレット学習

英語教育改革へのスマイルゼミと進研ゼミの対応

日本の英語教育が2020年から大きく変わろうとしています。

小学校では、これまで5・6年で行われていた「外国語活動」が3・4年へと前倒しされ、5・6年では英語が「教科化」されます。5・6年生は週3コマも英語の授業を受けることになり、成績という形で評価もつきます。

小学生が学習する英単語数は600~700語もの多さだというから驚きです。現在公立中学校の3年間で習う単語数は約1,200語(数年前までは900語)ですから、小学校で扱う単語数の多さがお分かりになると思います。かなり本格的に英語学習が進められることが予想されます。

私は中学校教員時代、かなり早い段階で英語が分からなくなってしまう、いわゆる「落ちこぼれ」状態になってしまう生徒を大勢見てきました。その中には、小学校時代に英会話スクールなどで英語に接し、英語に苦手意識を持ち、中学入学の最初からすっかり英語嫌いになっている子達もいました。

英語学習は初めが肝心です!最初に英語に触れた時に、「英語は楽しい」「英語が好き」「自分は英語がわかる」とプラスの印象を持ってくれれば、子どもは「まねる」ことが得意ですから、英語をどんどん吸収して、力をつけていってくれます。

進研ゼミの対応

そのための教材として、「進研ゼミ」で知られるベネッセの「チャレンジイングリッシュ」を別記事にておすすめしました。

「チャレンジイングリッシュ」について読む→

さて、英語教育改革への対応だと考えらますが、2019年4月より、進研ゼミは、「チャレンジ」「チャレンジタッチ」とは別物だった「チャレンジイングリッシュ」を、「チャレンジ」「チャレンジインタッチ」に含める形での提供を始めました。(チャレンジイングリッシュの「オンライントーク」(外国人講師との会話レッスン)は含まれません。)

つまり今までより、「チャレンジ」「チャレンジタッチ」受講者は、英語を1年生から学べるのでお得になったということ!

詳しくはこちらから

スマイルゼミの対応

一方、チャレンジタッチとよく比較される「スマイルゼミ」では、以前から英語は全学年に標準装備されています。

スマイルゼミ」には英語が1年生から標準装備されていたことで、以前は英語はおまけ程度だった「進研ゼミ・チャレンジタッチ」との大きな違いになっていました。しかし「進研ゼミ・チャレンジタッチ」にも1年から英語が始まったことで、両者の差がぐんと縮まった感じがします!

公式サイトはこちらから

専用タブレットの比較

スマイルゼミもチャレンジタッチも、専用タブレットを使用します。動画を見た方が分かりやすいと思いますので紹介しますね。

スマイルゼミ小5算数より

展開図|5年生 算数|スマイルゼミ 小学生コース

 

チャレンジタッチ小2国語より

【公式】チャレンジタッチ 漢字学習(小2・国語) | 教材体験 | 進研ゼミ小学講座

両タブレットとも使いよさそうですよね。ただ、ちょっと違いがあります。

詳しくはこちらから

スマイルゼミのタブレットの方が使いやすい

スマイルゼミの専用タブレット&ペンの方が「チャレンジタッチ」より使いやすいと評判が高いようです。なぜならスマイルゼミでは、細かい文字もきちんと書ける「高性能デジタイザーペン」が採用されています。書きやすさにこだわった1.7ミリのペン先で、低学年の小学生でも、紙に鉛筆で書くのと同じ感覚で学習できます。ペンの後ろには消しゴムもついていて、タブレットに書いた文字を消すことができます。鉛筆を使っているのとまったく同じ感覚です。

また「チャレンジタッチ」では、ペンを持った手が画面に触れるとそこに反応してしまうので、手を浮かせて書く必要がありますが、スマイルゼミならその心配がありません。専用ペンに、手が画面に触れてもそれを無効にしてくれる「パームリジェクション」という高機能がついているからです。

ワンランク上の「書く学び」へ。スマイルタブレット3|スマイルゼミ 小学生コース

書くことにこだわるスマイルゼミ

スマイルゼミは書いて学習することにこだわります。算数の文章題で途中式をメモ書きすることや、漢字の学習で「とめ、はね、はらい」などの細かい点にも注意して練習することができます。

しかも文字を雑に書くと専用タブレットが「書き直し!」と指摘してくれます。選択式の解答だけでなく、「書いて答える」ことで学びが定着します。

配信される問題は、1ヶ月で問題集5冊、年間で60冊相当にあたります。これらがすべてタブレットの中にあることになるので、教材の管理に悩ませられることもありません。しかもいつでも過去のものを見て復習することもできます。

スマイルゼミの英語

チャレンジタッチに含まれている英語(チャレンジイングリッシュ)については紹介ずみですので、ここではスマイルゼミの英語について紹介します。

スマイルゼミの英語は、「チャレンジイングリッシュ」と同様に、4技能がバランスよくトレーニングできるように構成されています。

まずは「聞く」ことから始めます。ネイティブ発音による英単語や会話文を聞いて、英語の音に慣れていきます。

Screen Shot 2017-11-28 at 9.29.21 PM.png

Screen Shot 2017-11-28 at 9.25.06 PM.png

次に発音を聞いて、真似て声に出してみます。録音した自分の声を聞き、それをお手本と「見比べる」ことができるのが、スマイルゼミならではの機能です。お手本と同じようになるように繰り返し練習することで、英語らしい発音やアクセントを身に付けることができるようになります。

Screen Shot 2017-11-28 at 9.29.43 PM.png

スマイルゼミには英語の読み聞かせもあります。身近な日常会話を聞いたリ音遊びを通じて、文字と音のつながり、つまりフォニックスがインプットされていきます。

フォニックスはとても重要です。我が子の場合、幼いうちからフォニックス英語絵本を読み聞かせすることで、自然に英語が読めるようになっていきました。英語は、読めないと書けません。スマイルゼミでフォニックス学習をすることで、英語が「読める」ことの土台作りができ、それが「書ける」ことへとつながっていきます

さらにスマイルゼミでは、タブレット上の4線に合わせて、英単語や語句を専用ペンで書く練習もします。「チャレンジイングリッシュ」の「書く」練習はタイピング入力です。それと比較して、ノートに練習する感覚でしっかり英語を書くことができるスマイルゼミは、高評価を得ています。

Screen Shot 2017-11-28 at 9.30.39 PM.png

なお、オプションの「英語プレミアム」(月額734円)を選べば、英語の1年間の学習量を2倍以上に増量することができます。英語に力を入れたいとお考えのご家庭には、「英語プレミアム」の利用がおすすめです。

資料請求はこちらから

配信問題量の比較

学習は繰り返して行うことで身に付いていきます。スマイルゼミでは漢字ドリルや計算ドリルが充実しています。「チャレンジタッチ」と比較して、スマイルゼミの方が問題量が多いです。また「チャレンジタッチ」には選択式の問題が多いのでカンでやってもあたってしまうのに対し、スマイルゼミでは書き込み式が多いのが良いと、評判が高いです。ドリルを続けていくうちに、自然と学力が向上していきます。

スマイルゼミ

スマイルゼミ反復ドリル.png

お楽しみ要素の比較

スマイルゼミにはミニゲームのような問題もあり、覚えた漢字のメダルを集めていくなど、小学生が遊び感覚で楽しく学習に取り組める工夫が満載です。

スマイルゼミより

スマイルゼミミニゲーム.png

また、スマイルゼミでは、小学生が毎日使いたくなるような「お楽しみ」がたくさん盛り込まれています。いろいろなパーツを組み合わせて「マイキャラ」を作ったり、カメラで自分の顔を撮影してデコレーションしたり、自分だけの「スケジュール帳」を作ったりすることができます。

「マイキャラ」は、勉強すればするほどたまる「スター」を使ってカスタマイズできるので、勉強のモチベーションアップに役立ちます。また「マイキャラ」は頑張りに応じてネットワークを通じて他の子の前で表彰されるので、学習を続ける励みにもなります。勉強した分だけたまる「スター」を使うと、毎月登場するアプリで遊ぶこともできます。楽しいゲームはもちろん、算数ゲームなど頭の体操になるアプリも豊富に用意されています。

スマイルゼミの方がチャレンジタッチより楽しいかも??と思います。

資料請求はこちらから

保護者管理機能の比較

スマイルゼミには、子どもの学習状況を保護者が把握できる「みまもるネット」と、保護者のスマホと連携して連絡を取り合える「みまもるトーク」があります。これによって、親御さんは職場など離れたところにいても、子どもの取り組みをリアルタイムで把握することができます。

「みまもるトーク」ではLINEのように親子でコミュニケーションをとることができるので、日々子どもに声がけして、褒めてあげることで、子どものやる気がアップすると評判が良いです。

「チャレンジタッチ」でも「おうえんネット」という同様の保護者管理機能があります。しかし両方を利用したことのある方々の口コミによると、「チャレンジタッチ」の「おうえんネット」と比較して、「みまもるネット」「みまもるトーク」の方が使いやすく、学習状況もより細かく把握することができると、スマイルゼミの方が評判が良いです。

使い勝手比較

スマイルゼミでは迷わず勉強を始められるのでよいと評判高いです。スマイルゼミはタブレットのスイッチを入れると「きょうのミッション」が表示されます。「きょうのミッション」は、「お子さんの学習状況」と「全国のできる子の学習パターン」という膨大なデータを解析して、たくさんの講座の中から一人ひとりが取り組むべき講座を自動でピックアップしてくれる、スマイルゼミならではのシステムです。

この「きょうのミッション」によって、小学生でも「何からやったらよいか分からない」と迷うことなく、即座に学習に取りかかることができます。

専用タブレット代金比較

チャレンジタッチではタブレット代は実質無料です。しかしスマイルゼミでは9,980円かかってしまいます。スマイルゼミでは初期費用がかかってしまうのが、ちょっと残念です。

紙教材の利用比較

「チャレンジタッチ」はタブレット学習がメインなものの、紙媒体の教材もあり、「赤ペン先生」に解答を添削してもらうことや、全国実力診断テストを受けることもできます。

しかしスマイルゼミはタブレット学習のみです。

タブレットは便利ですが、学習の基本は紙に書くことであることは変わりませんので、チャレンジタッチで紙にアウトプットする機会があるのは評価できます。

資料請求はこちらから

スマイルゼミ・チャレンジタッチ比較まとめ

2019年春までは、英語が小1から標準装備されていたことで、スマイルゼミの方がチャレンジタッチより断然おすすめでした。しかしチャレンジタッチにも英語が本格的に含まれるようになり、両者の間の差が埋まり、どちらを選ぶか悩ましいところです。

タブレットの使いやすさ(タッチペンの書き味)を重要視するならスマイルゼミ。

お楽しみ要素を重要視するならスマイルゼミ。

紙教材もあった方がよいならチャレンジタッチ。

という感じでしょうか‥。

スマイルゼミでは「全額返金保証」をしているので、まずは試してみるのが一番よいかと思います。タブレットを使ってみて気に入らなかったら、キャンセルできますので♪

資料請求・お問合せはこちらから

<小学生通信教育関連記事>

★【小学生通信教育9社比較】本当のおすすめは?タブレット?

【小学生タブレット通信教育8社比較】レベル・難易度・特徴の違いは?

【まなびwith・Z会小学生通信教育の比較】違いは何?どちらがいい?

【まなびwith小学生通信教育】英語がフォニックスも学べて超おすすめ!

【すららネット】タブレット学習の評判検証!発達障害の小学生に良い?

【デキタス・タブレット学習】は小学生におすすめ?体験を口コミ!

【特典あり・口コミ】RISU算数を体験し、評判・料金を徹底検証!

【小学生からZ会で難関大学合格】ハイレベル・中学受験も!

作文で小学生の国語力をつける【ブンブンどりむ】通信講座