2017年07月05日

【サピックス都道府県地理カード】遊びの中で地理を得意に!

a1380_000474.jpg

我が子が小学3年生頃のことだったと思います。本屋さんでたまたま「サピックス都道府県地理カード」を見つけました。



それまでに、幼い頃から電車が好きだった息子は、電車遊びを通して地図に興味を持っていました。(日本地図の上でプラレールを使って遊んだ話はこちら

また、息子は「くもんの日本地図パズル」にもはまってくれて、都道府県の場所や形もよく覚えてくれました。(「くもんの日本地図パズル」で遊んだ話はこちら) 

そんなに地理が好きなら、やはり遊びの中で知識をもっとインプットしてあげたいと思い、この「サピックス都道府県地理カード」を購入することにしたのです。

「サピックス都道府県地理カード」は、カードのページと解説のページから成っています。まずカードのページから、各カードをミシン線に沿って切り離すことから始まります。これがちょっと面倒でした! 切り離すと、全部で164枚のカードになります。カードを収納するケースも、紙製のものを自分で組み立てて作ります。カードもケースも紙製で傷みやすいのが難点です。

カードのページを切り取ると、本には解説のページが残ります。60ページほどあります。この解説ページが、地理が苦手な私にはとてもありがたかったです。カードを使って子供と遊ぶのに、親に正しい知識がないと困ります。解説ページを読むことで私も勉強になりました。

「サピックス都道府県地理カード」で何を覚えられるか?

各都道府県の特徴(特産物、有名な建物、名所、行事、産業など)が覚えられます

例えば青森県のカードの1枚は「ねぶた祭り」についてです。

カードの表に「ねぶた祭り」の写真が、「ねぶた祭り」の言葉と共に載っています。

裏には青森県の簡単な地図が、県名と県庁所在地名と共に載っています。県庁所在地がどこか分かるように、地図に印もつけられています。簡単な地図が載っていることで、県の形を覚えることにもつながります。そしてその下に、「青森県で毎年8月に行われる、『東北三大祭り』の1つは何でしょう」というクイズの問題が掲載されています。

つまりカード裏面がクイズの問題、表面がクイズの答えとなっているというわけです。

「サピックス都道府県カード」をどう使うか?

子供に楽しんでもらい、遊びの中で知識を吸収してほしかったので、色々と頭をひねって使い方を工夫しました。我が家でやってみてうまくいった使い方を紹介します。

1.カード集め競争

カードの裏面(クイズの問題の方)を上にして、カードを重ねて山にしておきます。親子で対戦します。カードの裏面に書いてあるクイズを交代で出題します。あるいは子供に毎回出題してもらいます。クイズに正しく先に答えられた方が、そのカードをもらえます。最後にカードを多く持っている人が勝ちです。

親が毎回クイズを出題して、子供に応えさせる方法もありますが、私はあえてそれをしませんでした。対等の立場で対戦した方が子供は喜びます。子供が出題したことを親が答えられなかったりするから、子供にとって勝負が楽しくなるのです。地理が苦手な私は、子供にとって丁度良い対戦相手だったようです。「お母さん、こんなことも知らないんだ。僕は分かるのに!」という経験が重なれば、知識がより定着します。地理が得意な親御さんは、うまく時々は負けてあげるとよいのではないでしょうか。

子供にクイズを出題させることには、もう一つのメリットがあります。それは「音読」です。クイズの文章を「音読」することで、子供は自然に内容を暗記していきます。人の脳は音読する時に最も活性化するという研究データがあります。子供にクイズの出題者になってもらい、文章を読んでもらうことで、地理の知識を自然に吸収してもらいましょう!

2. 神経衰弱

カードの表面(写真の方)を上にして並べます。トランプの「神経衰弱」の要領で、同じ都道府県のものだと思われるカードを2枚裏返します。同じ都道府県だったら、そのカードをもらえます。違ったら元に戻して次の人の番になります。

神経衰弱の良いところは、答えが分からなくてもゲームができることです。1番の「カード集め競争」だと、答えが分からないと黙っていなくてはなりませんが、神経衰弱なら当てずっぽうでもできます。「できる」という感覚は、子供が楽しくゲームをしていくために大切なことです。その点で、「サピックス都道府県カード」で神経衰弱をするのがオススメです。

3.子供に先生になってもらう

カードの表面(写真の方)を上にして、カードを「かるた」のように平らに並べます。カードを切り離して残った本は「解説集」になっています。各都道府県についての詳しい説明と共に、カード裏面にあるクイズの文章も掲載されています。この「解説集」を子供に預け、色々な都道府県のページから、好きなクイズを自由に選ばせて子供に問題を出題してもらいます。親は並べたカードから、正しい答えと思われるものを選ぶというゲームです。

本の解説ページはなかなか内容が濃くて、子供に読ませるのは大変です。けれども子供に先生役になってもらうことで、子供は本のページをあちこちめくり、生徒役の私が答えられそうにない難しそうな問題を必死で探してくれます。問題を選ぼうとする中で、興味のありそうな記事があれば、自然と解説をよんでくれたりもします。また解説ページは都道府県ごとに構成されているので、解説ページを眺めることで、各都道府県の特徴をまとめてとらえることもできます

以上が我が家での実践例ですが、「サピックス都道府県カード」には付録として:

「日本一周トラベルカードゲーム」(すごろく)
「日本列島地図カードパズル」

もついています。レビューでは、上記2点については使いづらいなど不満の声もありました。あくまでも都道府県カードをメインに考えておくのが良いようです。

なお、「サピックス都道府県カード」は、中学受験をなさるご家庭でも地理の導入として利用されることも多いようです。さすが大手中学受験塾のサピックスですね。よく考えられている商品ということでしょう。本格的に中学受験勉強を始める前に、遊びの中で知識を蓄えられたらいいですね。

中学受験準備として、小学校社会科の対策として、「サピックス都道府県カード」で楽しく知識のインプットをしてあげたいですね。

➡サピックス都道府県地理カード 送料無料はこちら


posted by 菜の花子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

【くもんの日本地図パズル】知育玩具だけれど中学受験にも!

a1380_000474.jpg

我が子が賢い子に育つように、幼い頃から知恵をしぼって子育てをしてきた私。
その甲斐あって、塾にも予備校にも行かなかったけれど、息子は理系を選び、今春東工大に合格しました。

我が家で使った知育玩具で効果があったものの1つが、【くもんの日本地図パズル】です。私の子育て時代から続いているとは、かなりの人気ロングセラー商品だなと思って先日おもちゃ屋さんを覗いてみたら、昔とは仕様が変わっていることを知りました。以前より随分バージョンアップして、さらに内容が良くなっているはありませんか。


【くもんの日本地図パズル】は優れた知育玩具ですが、中学受験に必要な知識のいくつかを幼いうちに身に付けることにも役立ちます。中学受験を考えているご家庭は、本格的な受験勉強が始まる前に、【くもんの日本地図パズル】で遊びながら都道府県の知識を身に付けさせてあげると良いのではないでしょうか。

【くもんの日本地図パズル】なぜ優れた知育玩具なの?

1.遊びながら日本地図が覚えられる
2.県名を漢字で覚えられる
3.8つの地方を覚えられる
4.各県の形を覚えられる
5.図形のトレーニングにもなる
6.ひらがなシールがついている
7.パズル台の中にピースを収納できる
8.白地図を活用できる

1.日本地図が覚えられる

【くもんの日本地図パズル】には、8つの地方ごとに色分けされた「基本ピース」と、1色の「発展ピース」の2種類があります。昔は「発展ピース」はなかったです。

パズル台には、ピースをはめる手がかりになる、都道府県の境が入っています。つまり、県名の知識が全くなくても、形や色を頼りにパズルを完成させることができます。

地理には興味はなくても、子供達はたいていパズルは好きです。パズルを完成させたいがために、日本地図作りに精を出してくれるはず。また、パズルを仕上げられた満足感で、地理が得意になった気持ちにもなってくれると思います。この錯覚が大切(笑)! パズルで誘って日本地図に興味を持たせ、日本地図を完成させる成功体験を通して、地理を好きになってもらうのです。「くもん日本地図パズル」は、実にうまく考えられた知育玩具です!

パズルを何回もしてもらうために、親が競争してみるのも楽しいですね。お子さんは「基本ピース」でパズル台の上に、親は「発展ピース」で台の手がかりなしにやると、お子さんにハンデがついて、良い勝負になるかもしれません。あるいはタイマーで時間を計って、親と子のどちらが早く日本地図を完成できるか、競い合うのもおもしろいのではないでしょうか。初めのうちはうまく負けてあげてくださいね。子供は賢いので、何度もやっていくうちにどんどん早くなります。そのうち親が本気を出しても勝てなくなります。そこまで【くもんの日本地図パズル】にはまってくれたらしめたものです! 慣れてきたら一色の「発展ピース」を使うと、チャレンジ精神が刺激され、また楽しくなるでしょう。繰り返しパズルをやることで、都道府県名と場所をどんどん覚えていってくれますよ。

うちの長男もそうでした。「プラレール&床に置いた日本地図」も役に立ったのですが(くわしくはこちら)、【くもんの日本地図パズル】で繰り返し遊んでくれたおかげで、私には都道府県名を息子に「教えた」記憶がありません。遊びを通して、子供が勝手に覚えてくれました。【くもんの日本地図パズル】はすごい知育玩具です!

2.県名を漢字で覚えられる

「基本ピース」「発展ピース」とも、県名が漢字で書いてあるのが良いと思います。【くもんの日本地図パズル】は対象年齢5歳以上となっています。子供だから漢字は無理だろうと決めつけず、5歳児でもまずは漢字で取り組ませてみるのが良いと私は思います。

 うちの子は幼い頃から漢字が大好きでした(くわしくはこちら)。理系大学に進んだ今だから分かりますが、当時我が子にとって、漢字は数学の「図形」みたいなものだったのでしょうね。子供の興味はどういう方へ向くか分かりません。生活の中で、書けなくても読める漢字を増やしてあげることは大切なので(くわしくはこちら)、お子さんが嫌がらなければ、まずは漢字のままパズルをしてみることをお勧めします。

お子さんと【くもんの日本地図パズル】をする時に、「○○県はここだね~」と言いながら、自然に読み方をインプットしてあげるのが良いと思います。「これは、おばあちゃんが住んでいる○○県」「旅行に行った○○県」などと、馴染みがある都道府県から読み方を教えてあげるのも、子供にとって分かりやすいでしょうね。

3.8つの地方を覚えられる

「基本ピース」は8つの地方ごとにカラフルに色分けされています。遊びながら、日本は8つの地方に分かれていることが学べます。また繰り返し日本地図パズルを完成させることで、何県が何地方に属するのか、自然に覚えてしまいます。

4.各県の形を覚えられる

子どもはパズルを早く完成させたいですから、ピースの形に注目します。それを通して県の形を覚えるようになります。

【くもんの日本地図パズル】には「目かくしシール」がついています。この「目かくしシール」も昔はありませんでした。

「目かくしシール」は、ピースの漢字の上に貼って、何県なのか読めなくするために使います。「発展ピース」の漢字に「目かくしシール」を貼れば、県名や地方の手がかりなく、ピースの形だけでパズルを完成させなければなりません。それを通して都道府県の「形」を覚えることができるようになります。

各都道府県の形を覚えることは、中学受験では、位置を覚えたり漢字で書けたりすることに加えて、必須のこととなっているようです。時々クイズ番組で、都道府県の形だけ見せて何県なのか答えさせる問題が出題されますね。大人でも難しいです。【くもんの日本地図パズル】で幼いうちに都道府県の形まで覚えさせてあげることができたら、中学受験勉強が後々少しラクになりますね

ちなみに我が子はこの手のクイズ問題が得意です。【くもんの日本地図パズル】で遊んたお陰で、身に付けてしまったようです。すごい知育玩具です!

5.図形のトレーニングにもなる

パズルをすることで、子供の図形認識力を鍛えることができます。息子が理系に育ったのは、幼い頃に【くもんの日本地図パズル】を含め、色々なパズルをしたことも関係しているのかな、と思います。

日本地図パズルの各ピースには適度な厚みがあるので、幼児でも扱いやすいようにできています。

地理の勉強をしながら図形脳の訓練にもなるとは、一石二鳥の知育玩具ですね。

6.ひらがなシールがついている

【くもんの日本地図パズル】には、漢字が読めないお子さんのために「ひらがなシール」がついています。前述のとおり、まずは漢字のままでパズルをしてみることをお勧めしますが、お子さんの様子を見ながら「ひらがなシール」を活用するのも良いでしょう。

シールを貼る際は、ぜひお子さんと一緒に作業をすることをお勧めします。「これは○○県だね」と読み方を確認しながら、お子さんに「ひらがなシール」を貼ってもらうのも良いのではないでしょうか。

「ひらがなシール」は漢字の真上に貼るように作られていますが、ピースの大きさや形に余裕がある県は、漢字と並べて貼っても良いと思います。そうすることで「ふりがな」として使えます。

7.パズル台の中にピースを収納できる

パズル台は半分に折りたたむと収納ケースに変身します。折りたたんだパズル台の中にお子さんにピースをしまってもらいましょう。片付けの習慣付けになりますし、ピースも無くなりません。

8.白地図を活用できる

【くもんの日本地図パズル】には、カラーの「都道府県名確認地図」と、その裏面に「白地図」が付属しています。「白地図」があると、都道府県名を書き込むなど、後で色々と使えます。私はこの白地図を何枚もコピーさせて頂いて、子供の学年が進んでから、平野や川を書き入れさせたり、随分活用させていただきました。

中学受験をなさるお子さんには「白地図」は重要ですね。まずは県名を漢字で書き込めるようにするなど、色々と活用してみてはいかがでしょうか。

知育玩具としてはもちろん、中学受験勉強の前段階としても活躍しそうな【くもんの日本地図パズル】!
価格はお店によって色々なようです。

私が調べたところでは、最安値はこちらです
➡「くもん 日本地図パズル」はこちら
posted by 菜の花子 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

【七田式社会科ソング】で都道府県名・地理らくらく暗記!

a1380_000474.jpg

私には子供が二人います。
上の子は視覚的な情報に強い。こちらにも書きましたが、3歳になったばかりの頃、カタカナ50音表を眺めるだけで、誰にも教わらないでカタカナが全部読めるようになってしまいました。
地理については、プラレールを日本地図の上で走らせたり(こちらをご覧ください)、「くもんの日本地図パズル」で遊んでいるうちに、都道府県名や各県の場所や形など、自然に覚えていきました。この子は成長と共に数学がどんどん得意になり、理系を選択し、現在東工大に通っています。
「くもんの日本地図パズル」最安値はこちら
     ↓


一方、現在高校生の下の子はというと、上の子ほど視覚的なことは強くない様子。「学習日本地図」にも「くもんの日本地図パズル」にもあまり興味を示してくれませんでした。
どうしたものかと手をこまねいていた時に、小学校で都道府県名を暗記するという宿題が出ました。
いよいよ手を打つ必要に迫られました!

視覚的なことは弱い下の子でしたが、音楽は大好きでした。
悩んだ挙句、歌で覚えれば良いのでは?と考え、
【うたって覚えよう 七田式(しちだ)社会科ソング】にたどり着きました。
     ↓


【七田式(しちだ)社会科ソング・日本地理編】は、都道府県名はもちろんのこと、県庁所在地、山・川・湖・盆地や、日本の気候などの地理の基礎知識を、付属のCDに合わせて歌を口ずさみながら暗記できるようになっています。
CD収録曲は次の16曲:
 1:我が国日本
 2:川と平野
 3:ベスト10・川
 4:特色ある川
 5:日本の湖
 6:美しい国土
 7:日本の海流
 8:国立公園のうた
 9:日本の海岸
 10:日本の気候
 11:半島めぐり
 12:岬のうた
 13:山ぐに日本
 14:日本の盆地
 15:都道府県のうた
 16:県庁所在地のうた

【七田式(しちだ)社会科ソング】に収録されている歌は覚えやすく、歌詞には暗記すべき必要な情報のみが凝縮されていて、無駄がありませんでした。
CDはカラオケ付きというのも助かりました!

音楽好きの下の子はすぐに喰いつきました!
一人でCDに合わせて歌ったり、カラオケバージョンで歌ったり、私と一緒に歌ったりして、楽しみながら、たちまち都道府県名を覚えてくれました。
この「歌で覚える」という作戦はみごと成功!
お陰で、クラスで一番先に都道府県名暗記テストに満点合格しましたよ!

都道府県名を誰よりも先に暗記できたということが誇らしかったのか、我が子は【七田式(しちだ)社会科ソング】の他の曲も、どんどん歌って覚えていきました。その結果、当初の目的だった都道府県名だけでなく、県庁所在地や他の地理の知識も、歌でめきめき身に付けてくれて、私よりずっと地理が得意になりました! 高校生になった今でも、テレビのクイズ番組で地理の問題が出題される時、覚えた歌を口ずさんで答えにたどりついたりしています(笑)
ちょっとお高いと思うかもしれませんが、これだけたくさん暗記できるなら、その価値があると思います。

【七田式(しちだ)社会科ソング・日本地理編】のもう1つの良い点は、付属のテキストが優れていること。各歌の歌詞と共に、日本地図に重要ポイントが記載された説明が添えられています。このテキストを見ることで、歌う時に山・川などの位置が確認できるのはもちろんのこと、分かりやすいイラストにより、要点を理解することができます。

ちなみにこの「社会科ソング」は、対象年齢が、なんと3歳~中学生という幅広さ!
幼児でも歌が覚えられるし、中学生の地理学習にも役立つということですね!

子どもにより得意、不得意がどうしてもあります。視覚情報が苦手な子には、歌で聴覚に訴えるアプローチをとったりと、あの手、この手で、子供の成長をサポートしていきましょう!

➡【送料無料】 あす楽対応 七田式(しちだ) 社会科ソング・日本地理編はこちら

ちなみに歌で覚えるのが好きなお子さんのためには、こちらもあります!
「うたって覚えよう七田式社会科ソング・世界地理編」
      ↓


理系科目も!
「うたって覚えよう七田式理科ソング・生物編」はこちら
     ↓


「うたって覚えよう七田式理科ソング・地学編」はこちら
     ↓


「うたって覚えよう七田式理科ソング・物理・化学編」はこちら
     ↓


5科目セットもあります
     ↓


年齢が低いほど、「丸暗記」が得意です。
子どもの興味に合わせて、知識を楽しくインプットしてあげられたら良いですね!
posted by 菜の花子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする