2017年05月16日

日本地図は貼るな!プラレールで遊んでおぼえる!


a1750_000006.jpg

小学生向け日本地図を、お子さんの学習のためにリビングやトイレの壁などに貼っておられるご家庭は多いようですね。我が家も子供が幼稚園の頃、地図を覚えさせたくて、大きな学習用日本地図を購入しました。

子供向け日本地図はカラフルで、見ていて楽しいですよね。地図によっては都道府県名に読み仮名がふってあったり、地方区分がわかるように色分けされていたり、山や河川が分かりやすく書かれていたり、特産物が合わせて記載されていたりなど、子供が学習しやすいように工夫されています。お風呂に貼れるタイプもあり、好みや子供の年齢に合わせて選べるのが嬉しいですね。

低学年のお子さんでしたら、こちらのような学習日本地図がおすすめです。↓


余計な細かい情報がなく、シンプルで見やすいデザインなのが良いです。都道府県名に仮名がふってあるので一人でも読めますし、地方区分が見やすいですね。都道府県ごとの特色を示すイラストに、子供が読むのに負担がない短い説明が添えられているので、親子でクイズを出し合って楽しむこともできそうです。

さて、こんなに子供の知育にとてもありがたい学習日本地図ですが、壁に一旦貼ってしまうと、困ることが起こります。自分の経験から話すのですが、最初は子供の興味を引いたとしても、たちまち慣れてしまって、ただの壁紙の一部のようになってしまうんですよね。

そこで私は日本地図を壁から外しました。そして床の上に置く、遊び道具として使うことにしたのです。

我が子は電車が大好き。プラレールが大好きな子でした。
そこで私は、学習日本地図を床に置いて、プラレールをその上で子供が動かせるようにしたのです。そして、例えば北海道から出発して、青森に行って……というように子供と一緒に日本中を旅して回りました。その際「さあ、青函トンネルを渡ろう」とか「ねぶた祭を見にいこう」とか、地理の情報を交えて楽しむのです。

学習日本地図を壁に貼るのは、それはそれで意味がありますが、こうしてちょっと工夫して、親が働きかけることで、子供の知識が増えますし、何より親子で楽しい時間を過ごせるというのがいいですね。

子供がすでに興味を持っている電車遊びに、学習日本地図をプラスすることで、我が家は地理の学習へとつなげることに成功しました!その甲斐あってか、地理が得意な子に育ってくれました。学習日本地図を床に置いて利用するなんて、我ながら、なんて素晴らしいアイデアだったでしょう!

……と、ずっと自負していた私ですが、この記事を書くために調べていたら、な、なんと…
トミカ プラレール あそんでおぼえるおおきな日本地図」なるものを発見!! 
ショック!! びっくり!!


「トミカ プラレール あそんでおぼえるおおきな日本地図」には、日本地図にプラレールとトミカの写真がたくさん付いています。電車好き、ミニカー好きな男の子にはたまらないでしょうね。私の子育て時代にはなかった商品です。タカラトミーさんは、私みたいな、地図を床に置いてプラレールを使って学ばせたいお母さんがいたのを知っていたのかしら?!(笑) おもちゃは、進化するんですね!

「トミカ プラレール あそんでおぼえるおおきな日本地図」は、先に紹介した「学習日本地図」とは違って県境などは分かりにくいですが、地理に興味を持たせるという導入的な目的には活躍しそうですね。水をつけて、お風呂の壁にも貼れるそうです。楽しい入浴タイムになりそうですね!

➡「トミカプラレールあそんでおぼえるおおきな日本地図」はこちら
posted by 菜の花子 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック