2017年06月13日

【音声ペン付き・アルクの2000語えいご絵じてん】効果絶大!

PAK75_englishchirabaru20141206204205_TP_V[1].jpg

日本では、小学校での英語教育が現在うまく機能していないこと、そして家庭での取り組み次第で、小学校英語の不十分さを補ったり、小学校に頼らず中学入学前に英語力の土台を作ることができることについては、こちらに書いた通りです。

家庭でできることとして、幼児~小学生に英語の語彙を教えるツールとして外せないのが、「英語絵辞典」です。絵や単語をペンでタッチすると、ネイティブの音声が出る便利な知育教材がいくつか販売されています。こちらでリストアップしましたが、その中でも語彙数で他を圧倒しているのが、「アルクの2000語えいご絵じてん」です。


ここでは「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」(対象:3歳~12歳)の特徴について記したいと思います。

「アルクの2000語えいご絵じてん」のここがすごい!

1.英語教材の老舗アルクが厳選した2000語が収録されている

2.音の出るペンでネイティブの発音を聞くことができる

3.63ものシーンを11人のイラストレーターが描いている

4.「会話例」「チャンツ」「歌」も収録されている

5.同ページ内で日本語訳を確認できる

6.索引を辞書として使用することもできる



1.英語教材の老舗アルクが厳選した2000語が収録されている

「アルクの2000語えいご絵じてん」の特徴は、まず他の絵辞典を圧倒する語彙数の多さです。中学生が高校受験のために使用する英単語集にも、約2000語が掲載されていることを思うと、2000語という単語数の重みが分かるのではないでしょうか。

但し、「アルクの2000語えいご絵じてん」の2000語が、そのまま中学での学習に必要な語句というわけではありません。例えば体の部位の名称では、「アルク」には、belly button (おへそ)、elbow (ひじ)、stomach (胃)なども収録されていますが、これらは公立中学の教科書には出てこないと思います。In the Country (田舎で)というページでは、生き物の名前が収録されていますが、例えば、そこに登場するmole (もぐら)、ladybug (てんとう虫)、mosquito(蚊)、cicada (セミ)なども中学校では習いません。

しかしそれが「アルクの2000語えいご絵じてん」の良いところなのではないかと思います。つまり、日本の受験英語にとらわれず、生活の中で使う語として知っておくべき語句が、収録されているということです。

その証拠に、At Home Meals (家庭での食事)というページでは、「夕食」を表す単語として、dinner と supper の両方がきちんと併記されています。dinner は「豪華な食事」という意味合いがあり、欧米では、家庭での普通の夕飯を supper と言う家庭が多いようですが、中学校ではなぜか 「夕食」=dinner のみで、supper は教えません。また中学校では、「料理する」= cook のみしか教えませんが、「アルクの2000語えいご絵じてん」では、peel (皮をむく)、slice (薄く切る)、boil (沸かす)、steam (茹でる)、pour(注ぐ)、fry (炒める)・・・などなど、一目見て分かるイラストと共に、たくさん教えてくれています。

アルクによれば、「12歳までに身に付けたい語彙2000語」を厳選して収録してあるとのこと。掲載されている語句を見ると、「アルクの2000語えいご絵じてん」のこだわりと質の良さが納得できます。受験英語に縛られないで、真の英語力を幼いうちから身に付けることを目指していることが伺えます。

2.音の出るペンでネイティブの発音を聞くことができる

音声つきペンでネイティブ発音(アメリカ発音)が聞けるのは当たり前ですが、男性の声、女性の声、男の子の声、女の子の声(大人による子供の声?)と場面によって変わるので、物語を聞いているような感覚で飽きません。

「アルクの2000語えいご絵じてん」では、絵ではなく文字をタッチすることで音声が出るので、英単語と発音を結び付けて覚えることができます。

3.63ものシーンを11人のイラストレーターが描いている

アメリカ中西部が舞台です。イラストを通してアメリカ文化に触れる効果もあります。

複数のイラストレーターが分担して描いているので、何冊もの絵本を見ている感覚があります。場面によって絵のタッチが変わるので、子供が飽きません。

4.「会話例」「チャンツ」「歌」も収録されている

「アルクの2000語えいご絵じてん」では、イラストの場面に合わせて「会話例」が収録されています。タッチペンで聞いて、そのまま真似をすることで、英文を読む練習にもなります。

また、チャンツやオリジナルの歌も収録されているので、単語を覚えるだけでなく、別の楽しみ方もあり、子どもを飽きさせません。

5.同ページ内で日本語訳を確認できる

英単語それぞれに数字が添えてあり、同じページの下にある同じ数字をタッチすると日本語の訳を聞くことができます。会話例の日本語訳が感情をこめて収録されているので、それも面白いというレビューもありました。

6.索引を辞書として使用することもできる

「アルクの2000語えいご絵じてん」は巻末の索引が、英語から日本語、日本語から英語と充実しているので、はじめての英語の辞書としても使うことができます。辞書が引けるということは、単語の出だしの文字なども覚えているということ。単語の意味が思い出せないと思った時に索引で調べてみることで、スペルの記憶の定着にもつながりそうです。

まとめ

「アルクの2000語えいご絵じてん」はちょっとお高いですが、このように優れた教材なので、その価値は充分にあると思われます。

「英検に役立つ小学生えいご絵じてん800」(くわしくはこちら)と比べると両方魅力的で迷いますが、特に語彙数の面で、「アルクの2000語えいご絵じてん」の方に軍配が上がりそうです。「2000語は多すぎるかも」と不安に思われたり、特に英検を意識しているご家庭では、「英検に役立つ小学生えいご絵じてん800」を選ぶのも良いと思います。
良い教材を与えて、子供の知的好奇心をしっかりサポートしてあげましょう!

語彙数で選ぶなら↓
➡アルクの2000語えいご絵じてん 【アルク 正規販売店】はこちら

英検にこだわるなら↓
➡英検に役立つ 小学えいご絵じてん800 【旺文社 正規販売店】はこちら
posted by 菜の花子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

【音声ペン付き・小学えいご絵じてん800】英検・英語早期教育に効果!

PAK75_englishchirabaru20141206204205_TP_V[1].jpg
2008年度から小学5,6年生を対象に、英語は外国語活動として小学校において指導が始まりました。今後さらに英語の早期教育は本格化し、小学3年から必修化、小学5年から教科化しようとしています。これほど日本は子供への英語教育に力をいれているわけですが、私の、数多くの中学生を見てきた経験から言わせていただくと、生徒の英語力が昔より向上している印象を全く受けません。地域によって異なるのかもしれませんが、私が知る限りでは、小学校での英語活動が、中学校での英語学習に役立っているとは全然思えないのです。それどころか、小学校でつまずいてしまったことで、中学校入学時点ですでに「英語嫌い」になってしまっている生徒も少なくありません。

ここで紹介する「小学えいご絵じてん800」は5歳~小学校高学年向けの知育教材です。就学前のお子さんが使って、小学校で英語が得意になるように準備するのもよいでしょう。また、小学校での英語学習がたとえお粗末なものだとしても、家庭で「小学えいご絵じてん800」に楽しく取り組むことで、中学に入る前に十分な備えをしておくこともできます。小学校の先生は英語が苦手な方かもしれません。先生方も大変です。学校をあてにしないで、「小学えいご絵じてん800」で、家庭で遊び感覚で、英語力の土台をつけてしまいましょう!


さて、そもそも小学校の英語教育はなぜ機能していないのか?
ひとつには、コミュニケーション、つまり話すこと、聞くことに重点を置きすぎて、単語の読みや文法などを教えないからではないかと思います。
(このあたりは今後変わっていくのかもしれません。変わっていってほしいです。)

英語は言葉なので、話すこと、聞くことはもちろん重要です。しかし「聞く」ことから始めて、「話す」ことへと言語を学び進めていくのは、乳幼児の脳だからこそ可能な学習法です。ある程度の年齢になると、視覚的な情報(つまり文字)が伴わないと、言語の習得は難しくなります。また、理屈(つまり文法)を理解しないと学習は進みません。

例えば、私はテレビで英語のニュースを見たり、洋画を見たりします。その時、文字として見た事のない、新しい英単語が耳だけから入ってきたら、それはなかなか覚えられません。覚えたかったら、まず書いたものを見ないと、記憶することができません。文字を見て確認することで、発音の仕方も分かり、記憶にとどめることが、やっと可能になります。

文法については、自分が何か未知の言語を覚えなければならないと想像してみましょうか。耳で聞いただけで、いくつもの文章を丸暗記したり、単語を入れ替えて文を作り変えたりするのは大変ですよね? 文を作るルール(文法)を理解しないと、学習は進みません。

このように、単語を読むことができたり、文法を覚えるということは、言語学習を進めていく上でとても重要です。それはたとえ小学生であっても(高学年であればあるほど)そうなのです。

「英検に役立つ ペンがおしゃべり!小学えいご絵じてん800」は、小学生に約800の単語を紹介してくれます。また100のフレーズで、基本的な文を作る決まりを教えてくれます。

単語が読めるというのは、すごいことです。というのは、中学1年生で早くも「落ちこぼれ」てしまう生徒がいます。その1番の理由が、教科書が読めないことによるものです。「小学えいご絵じてん800」を使うことで、小学校段階で、800もの英単語が読めるようになっていたら、これはすごい強みになります。また100のフレーズを覚えておくことで英文法の土台が身に付いていたら、人より何歩もリードした状態で中学校生活をスタートできます。

「小学えいご絵じてん800」のここがすごい!

1.音の出るペンでネイティブ発音を聞くことができる

2.英検4級・5級で頻出の800単語と100フレーズを収録

3.収録単語の音声はバイリンガル

4.英単語が場面別に構成されていて学習しやすい

5.ワークブックが付属されている


1.音の出るペンでネイティブ発音を聞くことができる

「小学えいご絵じてん800」では、付属のペンでテキストのイラストをタッチすると英語音声が再生されます。

単語により、男性の声の場合と女性の声の場合があります。中学・高校や、英検で一般的な、アメリカ発音です。ネイティブの発音なので、英語が苦手な親御さんでも正しい発音を教えてあげることができますね。

2.英検4級・5級で頻出の800単語と100フレーズを収録

英単語は旺文社の『英検4級でる順パス単』『英検5級でる順パス単』から厳選されています。幼児や小学生に、『英検4級でる順パス単』『英検5級でる順パス単』などの参考書を開かせて勉強させるのは大変です。しかし「小学えいご絵じてん800」を使えば、クイズ感覚で楽しみながら、英検対策の勉強をすることができます。

例えば今月行われた英検5級の第一問目は:

I drink (    ) with my breakfast.

という文の(    )に入る語を

milk, rice, bread, fish

の単語の中から選ぶというもの。
(日本英語検定協会HPより)

これらの単語は「小学えいご絵じてん800」に収録されているので、「小学えいご絵じてん800」で単語が読めるようになっていれば簡単に解くことができます。

3.収録単語の音声はバイリンガル

収録単語は英語だけでなく、日本語でも再生できます。「小学えいご絵じてん800」は、幼児が絵を見て日本語の語彙を増やすためにも利用できます。

4. 英単語が場面別に構成されていて学習しやすい

アルファベット、家、部屋、学校、教室、教科、動物、レストラン、スーパーマーケット、都市、海、キャンプ、職業、スポーツ、音楽、数字、色、形、日付、季節、時間、反意語、動詞のすごろくゲーム、体の部分、服装など、場面別になっています。「小学えいご絵じてん800」は図鑑のように場面設定されているので、無作為に単語を覚えるよりも、ずっと効率よく学習できます。

5.ワークブックが付属されている

「小学えいご絵じてん800」には、アルファベットや英単語を書き込んだり、音声ペン対応のクイズページが収録されているワークブックが付属しています。
音声ペンで繰り返しクイズで遊べるようになっています。

こちらで送料無料で購入できます。
詳しい動画もありますよ↓
➡ペンがおしゃべり 小学えいご絵じてん800 はこちら

英検取得を目指すお子さんには、
 「英検5級 絵で覚える単熟語」 と
 「小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル」
との3点セットもオススメ↓
➡はじめての英検セット 「小学えいご絵じてん800」「英検5級絵で覚える単熟語」「小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル」セットはこちら

5歳以下の弟さん、妹さんがいらっしゃるご家庭には、
 0歳児~向けの「ベビー&キッズえいご絵じてん500」と 
 オリジナル教材「アルファベットポスター」
とのプレミアムセットもオススメ↓
➡えいご絵じてん プレミアムセット 【送料無料】はこちら

さいごに

「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」との比較

「小学えいご絵じてん800」と同様に魅力的な音声ペン付き絵じてんに、「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」があります。
「アルクの2000語えいご絵じてん」についてもっと読む➡


こちらでは詳しい動画もあります↓


語彙数でいったら「アルクの2000語えいご絵じてん」の方がオススメです。アルクには歌やチャンツが収録されているという魅力もあります。
ただ語彙数が多いと、かえって使いこなせないかもと不安にと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。アルクは、絵ではなく文字をタッチすることで音が出るので、子供が扱いにくいのでは、というレビューもあります。

語彙数が多い方が良ければ「アルク」、英検4~5級取得をメインに考えるなら「小学えいご絵じてん800」を選ぶと良いのではないでしょうか。
両方とも、「おもちゃ」ではなく優れた語学教材です。少々お高いですが、長く使って、お子さんの英語力の土台を作るのに役立てたいですね!

語彙数で選ぶなら↓
➡アルクの2000語えいご絵じてん はこちら

英検にこだわるなら↓
➡英検に役立つ 小学えいご絵じてん800 はこちら
posted by 菜の花子 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

【ペンつき英語絵辞典】オススメは?どれをいつ使う?

PAK75_englishchirabaru20141206204205_TP_V[1].jpg

我が子が幼かった頃、英語の語彙を増やすために、英語絵辞典(Picture Dictionary)を利用しました。Picture Dictionary は絵を見ているだけでも楽しいですし、大人も勉強になりますね。たくさん種類がありますが、我が家で活躍したものは:

The Sesami Street Dictionary



子供達がセサミストリートのキャラクターが大好きなので、喜んでページをめくってくれました。
1300語以上の動詞、名詞、形容詞を学べます。英語を学ぶというより、セサミの絵本を楽しむ感覚で読むことができるのが良かったです。

Richard Scarry’s Best Picture Dictionary Ever



リチャード・スキャーリーのキャラクターの絵が楽しい英語絵辞典です。
内容が英単語レベルで終わらず、例文がついています。
例文までしっかり全部読もうとするとかなりの分量になるので、それを思うとずいぶんお得です。
子供が大きくなっても英語学習に役立つ内容です。

さて、上記の英語絵辞典は欧米の子供向けに作られた、英語だけの絵本です。
英語が苦手な親御さんが利用するには、ちょっと難しいですね。
でも安心してください!
私が子育てをしていた頃から、Picture Dictionary はすっかり進化しました!
親御さんは英語ができる必要はありません。なぜなら「音が出るペン」を使って、子供がペンで単語をタッチすれば、ネイティブによる発音が流れる絵辞典が多数出版されているからです。

それでは「音が出るペン」つき英語絵辞典にはどんなものがあるのでしょうか?
次の5つを紹介します。他にもまだあるのですが、次の5つは「おもちゃ」ではない、しっかりした「知育教材」です。

1.ベビー&キッズ えいご絵じてん500
2.英検に役立つ 小学えいご絵じてん800
3.0歳からのえいご絵ずかん しゃべるペン付き
4.小学生の英語絵ずかん
5.音が出るペン付きアルクの2000語えいご絵じてん


1.ベビー&キッズ えいご絵じてん500

対象:0歳~小学校低学年
小学校英語の準備に役立つ500語・100フレーズが収録されている。
単語の音声は日本語・英語の両方を再生できる。そのため、英語学習のみならず、日本語の語彙を増やすためにも利用できる。
歌・チャンツも5曲入っていて、楽しめそう。

1.ベビー&キッズえいご絵じてん500はこちら↓


2.英検に役立つ 小学えいご絵じてん800

対象:5~12歳
英検5級と4級に頻出の約800の英単語と100のフレーズが収録されている。
遊びながら学習できるワークブックが付属している。

2.英検に役立つ小学えいご絵じてん800はこちら↓


「小学えいご絵じてん800」についてもっと読む➡

ちなみに、1と2がセットになったお買い得商品もあります↓


3.0歳からのえいご絵ずかん しゃべるペン付き

対象:0~5歳
さくいんを見る限り、語彙数が240ほど? 他の絵辞典と比べると少ないのが残念。
絵ではなく文字をタッチしないと音が出ないというのが、幼児にはちょっと使いづらそう。

3.0歳からのえいご絵ずかん しゃべるペン付きはこちら↓


4.小学生の英語絵ずかん

対象:小学1~6年生
低学年、中学年、高学年の学年層で分けて構成されている。
小学生が体験するような場面設定になっている。
単語だけでなく、会話も収録されている。

4.小学生の英語絵ずかんはこちら↓


5.音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん

対象:3~12歳
アメリカを舞台に、英語圏の子供が日常生活で使う単語や会話を幅広く収録。
発音練習ができる「チャンツ」や単語の復習ができる「リスニングクイズ」も収録。
オリジナル曲も10曲収録されている。
それぞれの英単語に数字が記されており、同じページ下の同じ数字をペンでタッチすると、日本語訳を聞くこともできる。
英語→日本語、日本語→英語という親切な索引が巻末についているので、「はじめての辞書」としても利用することができる。
他の英辞典よりはるかに多い、2000という豊富な語彙数が魅力的。

「アルクの2000語えいご絵じてん」についてもっと読む➡

5.音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵辞典はこちら↓


まとめ

音が出るペン付きの絵辞典は、どれも簡単にネイティブの発音が聞けるのが良いですね!子供は真似するのが大得意ですから、遊びながら正しい発音を身に付け、また楽しみながら、英単語やフレーズを覚えてくれそうですね。

0~小学校入学前のお子さんでしたら、語彙数からいって、私のオススメは「1.ベビー&キッズ えいご絵じてん500」です。幼児が日本語の言葉を増やすことができるのも魅力を感じます。

小学生向けでしたら、「2.小学えいご絵じてん800」と、「5.アルクの2000語えいご絵じてん」との間で、私なら迷います。小学校のうちに英検合格をめざしているのでしたら、「2.小学えいご絵じてん800」が魅力的です。英検5級用、4級用の単語集は市販されていますが、小学生、特に低学年のお子さんには、単語集に向かわせるのはちょっと難しい。小学生のうちくらい、ぜひ楽しんでゲーム感覚で単語を覚えてほしい。その点で「英検に役立つ 小学えいご絵じてん800」は効果的だと思います。

一方、「5.アルクの2000語えいご絵じてん」は語彙数がすごいです。中学生が高校受験のために使用する単語集の単語数はおよそ2000語です。収録されている単語のレベルや種類が異なるとはいえ、小学生のうちに2000語も読めるようになっていたら、かなりの英語力の土台を築くことができます。

「小学えいご絵じてん800」VS「アルクの2000語えいご絵じてん」はかなり悩みます。甲乙つけがたいです。

「小学えいご絵じてん800」についてもっと読む➡
「アルクの2000語えいご絵じてん」についてもっと読む➡

どの教材を選ぼうとも、今のお子さんたちは「音が出るペン」で英単語を覚えられるなんて、恵まれていますね!
親子で楽しんで英語学習ができるといいですね!

➡ベビー&キッズ えいご絵じてん 500 はこちら

➡小学えいご絵じてん800 はこちら

➡0歳からのえいご絵ずかん はこちら

➡小学生の英語絵ずかん はこちら

➡アルクの2000語えいご絵じてんはこちら
posted by 菜の花子 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする