2018年07月04日

【スマイルゼミ・夏キャンペーン】夏休み自由研究と読書感想文もOK




高機能タブレットで評判高いスマイルゼミ

小学生向け通信学習といえば、実に多数ありますね。スマイルゼミ、進研ゼミ「チャレンジ」、Z会、ポピー、ドラゼミ、がんばる舎「Gambaエース」、学研ゼミ、スタディサプリ、ブンブンどりむなど、それぞれ良い評判を得ていて、どれが一番おすすめか迷います。


それぞれの通信教育に特徴やメリットがありますが、タブレットを小学生に使わせたいなら、スマイルゼミが最もおすすめだと私は思っています。なぜならスマイルゼミのタブレットは、鉛筆と同じ感覚で文字が書ける高性能のペンを使用していると高評価を得ているからです。文字を書くことは学習の基本中の基本です。特に小学生のうちは、最も重視すべき事柄の1つです。

スマイルゼミ紹介動画はこちら ↓↓



スマイルゼミの評価や評判についてはこちらに書いた通りです。ここではさらなるスマイルゼミのメリットを紹介しようと思います。それは、お得なスマイルゼミの夏の入会キャンペーンの利用です。

スマイルゼミ夏のキャンペーン

スマイルゼミは夏の入会キャンペーンとして、7月27日までに申し込むと「夏休み特大号」が届きます。この夏休み特大号は優れモノです!小学生や保護者の力強いサポートとなる、次のアイテムが含まれます。

★1学期総復習講座
★自由研究お助けナビ
★読書感想文お助けナビ


★1学期全復習講座

夏の入会キャンペーンを利用すると、4月~6月までの全教科を復習することができます。夏休みはつまずいてしまったところを取り返す絶好のチャンスです。また「わかったつもり」になっていても、実は身についていないことを、確認し、補強する良い機会でもあります。

例えば計算問題。計算は「理解」しただけではダメです。スラスラと、正確かつスピーディーに解くことができなければ、身についたとは言えません。そしてその都度しっかり身につけていかないと、学年が進むにつれて新しいことを学習する際に、妨げになってしまいます。

そんな小学生のために、スマイルゼミ夏休み特大号の「総復習講座」は威力を発揮します。タブレットで視覚的に楽しく学習できるので、小学生が取り組みやすみ仕掛けが満載です。

★自由研究お助けナビ

夏休みの宿題といえば、親子で悩んでしまうのが「自由研究」ですね。スマイルゼミ夏のキャンペーン「夏休み特大号」では、小学生が自分の好みに合わせて選べるように、おすすめ研究テーマを提示してくれます。そしてそこからどう仕上げて、学校に提出できる形にもっていくか、しっかりアドバイスしてくれるのです。

小学生が一人で仕上げられるようにアドバイスがなされていますから、親御さんは見守ってあげるだけで大丈夫です。スマイルゼミは強い味方になります!

★読書感想文お助けナビ

夏休みの宿題でさらに悩むものに、読書感想文がありますね。読書感想文はとてもやっかいです。我が子が小学生の時のことです。担任の先生から「お子さんの読書感想文を手伝ってあげてください」と保護者会で言われました。なぜなら学校では読書感想文について指導する機会や時間がないからだそうです。

学校で教えてもらえないのなら、子どもが読書感想文が苦手だとしても仕方ありません。あとは家庭でうまくサポートしてあげるしかありません。そこで助けになるのがスマイルゼミ夏キャンペーンの夏休み特大号「読書感想文お助けナビ」です。

スマイルゼミ「読書感想文お助けナビ」では、まずお子さんの好みに合わせておすすめの本を教えてくれます。

そしてお手本の書き方を参考に、空欄部分を自分自身のことに当てはめて文を組み立てていけば、小学生が一人で読書感想文を仕上げることができる仕組みになっています。実に実践的で役に立ちます。

こういったアドバイスは、親が口出しをすると嫌がるお子さんもいます。そういう場合は特に、タブレット上で指導してもらう方が効果的なのではないかと思います。




スマイルゼミ夏休み特大号まとめ

スマイルゼミ夏のキャンペーン「夏休み特大号」には、上記の「1学期総復習講座」「自由研究お助けナビ」「読書感想文お助けナビ」のほか、通常配信の「漢検ドリル」「計算ドリル」「英語」そして今話題の「プログラミング」まで、たっぷり配信されます。「夏休みダラダラと過ごして終わってしまうのでは?」という心配はいりません。タブレットならではの視覚に訴える学習方法で、小学生が一人でも楽しく勉強できる工夫がいっぱいです。

しかもスマイルゼミは「全額返金保証」です。何か通信教育を始めたいのだけれど……と迷っておられる方は、まずはお得な夏休み特大号を自宅で安心して試してみると良いのではないでしょうか?

公式サイトはこちら ↓↓






















posted by 菜の花子 at 16:10| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください