2017年11月15日

【幼児通信教育比較】7社中の本当のおすすめ教材はどれ?


Ehon reading girl.jpg

幼児向け通信教材は色々あって、どれを選んだらよいか本当に迷いますね。特に評判の良いものをピックアップしてみました:




スマイルゼミ新登場!




人気の幼児向け通信教材7社は、結局のところ、どれが一番良いのでしょう?ネット上ではランキング形式でおすすめ教材を教えてくれるサイトが多数ありますが、ランキングにするのは意味がないように私は感じます。なぜなら、どの教材が一番おすすめかというのは、それぞれのご家庭の必要に応じて異なるからです。

そこで、「こういうご家庭にはこの幼児通信教材が一番!」という視点で、7社を比較してみます。

…………………………………………

Q:充実していてコスパ最高のおすすめ教材は?

A:幼児ポピー
(2~6歳, 月額980円)


幼児ポピーは、まず楽しい!テキストには、子どもが喜ぶ、仕掛け絵本のようなページやシールを貼りながら学習するページが豊富にあります。子どもには「遊び」のように感じられるのに、発達段階に応じたよく練られたカリキュラムのもと、しっかりお勉強をさせてくれます。

メインのテキスト絵本やドリル絵本の他、年4回の季節新聞や特別教材、また保護者向け情報誌などもついて、月額980円というコスパの良さは、数ある幼児通信教材の中でピカイチです!

「『こどもちゃれんじ』のようなオマケはいらない!キャラクターもいらない!他社と比較して安い方がいい!でも中身は楽しく、しっかりした評判の良いものが欲しい!」そういう幼児教材をお探しのご家庭に一番おすすめなのが、幼児ポピーです! 

幼児ポピー無料お試し教材はこちらから⇒
※ダイジェスト版無料お試しのほか、有料で1ヶ月分お試しすることもできます。
幼児ポピーについてもっと読むにはこちら
…………………………………………

Q:子どもの地頭を良くするためのおすすめ教材は?

A:Z会・幼児コース
(3歳~6歳, 月額1,841円~)

Z会は、大学受験で東大などの超難関大合格者を多数出している通信添削として知られています。しかしそのイメージで、Z会幼児コースは他社と比較して難易度が高いのでは?などと思ってテキストを見るとびっくりします。全く難しくありません!知識を教えるというよりも、むしろ、子どもが主体的に「なぜ?」「どうして?」と考えるような、興味、関心を持たせるきっかけが随所に見られる通信教材です。

Z会はこの自ら学ぶ姿勢のことを「あと伸び力」と呼んでいます。幼児期に自ら学ぶ姿勢を身に付けさせることで、その後、真の意味で頑丈な学力が備わっていくことが期待できます。

Z会幼児コースは、自分で考える力を持つ、「地頭」の良い子に育ってほしいと願うご家庭に最もおすすめの教材です!

なお、「通信添削のZ会」ですから、幼児コースにも添削があります。「書く」ことにこだわっているZ会の姿勢が伝わってきます。 

Z会幼児コース無料お試し教材はこちらから
  ↓↓

Z会幼児コースについてもっと読むにはこちら
………………………………………

Q:知育玩具がついてくるおすすめ教材は?

A:こどもちゃれんじ
(0~6歳, 月額1,697円~)

「しまじろう」のキャラクターで有名なベネッセの「こどもちゃれんじ」。他社と比較しての最大の特徴は、エデュトイと呼ばれる、プロが厳選した付録おもちゃが毎月ついてくることです。ヤフーオークションではこどもちゃれんじのエデュトイが多数売買されています。エデュトイは、それだけ評判がよいということなのでしょう。

また、他の幼児通信教材と比較してのこどもちゃれんじの魅力は、0歳から始められること。また、映像教材(DVD)を使って、英語の学習もできるということです。

「知育玩具がついてくるのがいい!」「0歳から始めたい!」「英語もやりたい!」「しまじろうなら子どもが喜びそう!」とお考えのご家庭に一番おすすめなのが、こどもちゃれんじです!


こどもちゃれんじについてもっと読むにはこちら
…………………………………………

Q:タブレットを使ったおすすめ教材は?

A:スマイルゼミ・幼児コース
(4~6歳, 月額2,980円~)
★2019年4月から年中さんになる子ども向け
「年少冬講座」あり!


小学生・中学生向け通信教育として評判高いスマイルゼミに、新たに幼児コース「すまいるぜみ」が誕生しました。すまいるぜみの最大の特徴は、専用タブレットを使って学習するオンライン教材であることです。幼い時から親御さんのスマホやタブレットが身近にある今どきの子どもにとって、自分専用のタブレットがあるというのは嬉しいもの!紙の幼児用通信教材ではなかなか机に向ってくれない子でも、タブレットなら喜んで学習に取り組んくれることが大いに期待できます。

「幼いうちからタブレットを使わせて悪影響はないの?」「鉛筆の正しい持ち方を覚えられないのでは?」と気になる親御さんもいるかもしれませんね。しかしスマイルゼミのタブレットなら、心配無用です。

スマイルゼミの専用タブレットとタッチペンは高性能で、鉛筆で紙に書く感覚に限りなく近いです。しかも幼児コースでは、子どもが正しい鉛筆の持ち方を習得できるように、タッチペンの軸が三角になっています。タブレットなのに「書く」ことに徹底的にこだわっているのが、スマイルゼミのおすすめポイントです。システムが、文字の細かい間違いや書き順のミスまで、正確に指摘してくれます。

すまいるぜみは、タブレットの使い過ぎにも配慮しています。学習開始から15分経過すると「きょうのできた」(学習のまとめ)に誘導され、かつ30分経過すると、その日は新しい学習ができないように制限がかかります(時間の設定は変更可能)。ですので、「タブレットに夢中になり過ぎて、目が悪くなるのでは?」という心配もありません。専用タブレットなので、関係ないWEBサイトを見たりすることができないようにもなっています。

すまいるぜみのすごいところは、学習範囲の広さです。タブレットなので、紙の教材と比較して、幅広い、豊富な学習内容が1台に集約されています。小学入学までに学習しておきたい10分野(ひらがな・カタカナ・言葉・英語・知恵・数・時計・形・生活・自然)が配信されます。しかもタブレット学習ならではの視聴覚的、動的アプローチで教えてくれるので、幼児にとって、非常に分かりやすいです。

例えば、文字の書き順や図形など、アニメーションの動きで理解できます。時計の針を自分で動かす、物を数えるときに自分で物を移動させるなど、タブレット上で子どもが「体感」する場面も豊富にあります。さらに英語ではネイティブ発音を聴くことができます。文字がまだ読めない子のために、問題の読み上げ機能もついています。どれも紙の教材では不可能なことばかりです。楽しい仕掛けが豊富にあるので、子どもが夢中にならないはずがない!と思います。

問題を解いたら、もちろんタブレットが自動採点してくれます。子どもは、親御さんのマルつけを待たなければならないというストレスを感じずに済みます。忙しいママ、パパも、隣につきっきりでいる必要がありません。

ちなみに幼児向けオンライン教材としては「学研ゼミ・キッズクラス」が有名ですね。しかし配信量が豊富ではないので、ここでは敢えて紹介していません。1ヶ月500円の学研ゼミ・キッズクラスと比較すると、すまいるぜみは料金が高いです。しかし、学習内容の充実度とタッチペンの高性能さを考慮すると、すまいるぜみの方が断然おすすめです!

「忙しいが、子どもにしっかり学習させたい!」「紙の教材では取り組んでくれないので、楽しく学習習慣が身につくタブレットを利用したい!」とお考えのご家庭に一番おすすめなのが、「スマイルゼミ幼児コース・すまいるぜみ」です!

すまいるぜみ資料請求はこちらから
  ↓↓

すまいるぜみについてもっと読むにはこちら

…………………………………………

Q:我が子に最適のコースが選べるおすすめ教材は?

A:がんばる舎
(2~6歳, 月額680円)


がんばる舎・幼児すてっぷ」は、そのシンプルさと安さばかりが注目されがちです。しかし私のおすすめポイントは、他の幼児向け通信教材と比較して、コースが断然多いことです。

「Z会幼児コース」は年少・年中・年長の3コース。「ポピー」は2~3歳・年少・年中・年長の4コース。それに対して「がんばる舎・すてっぷ」は「すてっぷ1」~「すてっぷ7」まで、7コースもあるのです。他の幼児通信教材を利用する場合、もし内容が簡単すぎたら年齢よりも上のコースを受講することは可能です。しかしそうすると、最終コースまで受講し終えたら、受講するものがない「空白の期間」が生じてしまいます。しかし、がんばる舎・幼児すてっぷなら小学1~2年生まで対応しています。つまり、先取りして小学校内容まで学習できるのが魅力です。

また、「まとめ出し」システム(12ヶ月分の一括購入)を利用して、多くやって、どんどん先に進むことも可能です。たとえば小学校入学準備に合わせて、多めに学習するなど融通が利くのが、他社にはないうれしい点です。

幼児すてっぷ初月無料でお試しできます! 1ヵ月まるまる勉強できるのに、気に入らなければ期日までに退会の連絡をすれば、料金は発生しません。これなら試してみない理由がありません。

「我が子のレベルにぴったりの内容を学習させたい!」「我が子のペースで学習させたい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、がんばる舎・幼児すてっぷです!


がんばる舎・幼児すてっぷについてもっと読むにはこちら
…………………………………………

Q:天才児を育てるためのおすすめ教材は?

A:七田式・はっぴぃタイム
(2~6歳, 月額3,900円)

七田(しちだ)式・はっぴぃタイムは、他社と比較して大変特色の強い幼児用通信教材です。「右脳教育」の理念に基づき、DVDで様々な分野の知識を高速フラッシュでインプットしていきます。

七田式・はっぴぃタイムを実践した家庭からは、

・1歳3ヶ月でひらがなすべてを読む。

・3歳で演習率を100ケタ暗記。

・3歳で漢字まじりの本をスラスラ読む。

・ピアノを習っていないのに、6歳で耳にした曲を演奏できる。

・6歳で世界の国旗や歴史上の人物を暗記。

・芸術や音楽の全国コンクールで優勝するなど、芸術面でも活躍する子が育つ。

などなど、天才児(?)に育った報告が多数寄せられています。
「右脳教育を実践したい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、七田式・はっぴぃタイムです!  


七田式・はっぴぃタイムについてもっと読むにはこちら
…………………………………………

Q:算数が得意な子に育てるのにおすすめ教材は?

A:RISU(リス)きっず
(4~6歳, 月あたり2,480円)
2018-11-25_17h11_19.png

RISUきっず」は紙のドリルではなく、専用タブレットで、算数の基礎から小学1年前半までの算数を学習する、幼児向けオンライン教材です。

勉強をさせたいが、ドリルなどに興味を示してくれないお子さんもいることでしょう。そういうお子さんの中には、タブレットなら面白そうだと喰いついてくれる子も多いはず。また、お子さんがゲームばかりして困っている親御さんにとっては、RISUきっずが救いになるかもしれません。「こっちはどう?」とゲーム機に替えてRISUきっずのタブレットを渡せば、遊び感覚で、楽しく算数の勉強をしてくれる可能性が大いにあります。

「RISUきっず」をやることで、「勉強は楽しい!」「自分にもできた!」とお子さんが思ってくれたら、作戦は大成功です。まずはお子さんに学ぶことの楽しさと達成感を味わってもらいましょう!

「幼児のうちから、算数にそれほど力をいれる必要はないのでは?」とお考えの親御さんもいるかもしれませんね。ところが「小学1年生が一番苦手だと感じる教科は算数」という調査結果があります。就学前に算数の基礎を学ぶ機会を十分に持つことが、お子さんが自信を持って小学校生活を送れることへとつながっていきます!

RISUきっずのおすすめポイントは、タブレット学習のメリットに加えて、先取り学習を自由にできることです。これは他の幼児通信教材と比較した際の、RISUきっずの大きな特徴です。お子さんは自分のペースで、いくらでも先に進むことができます。幼児向けステージをクリアした後、そのまま小学生対象の「RISU算数」へ移ることも可能です。いくらでも学習を進められるので、算数好きな子にはたまらないでしょうね。将来中学受験を考えているご家庭にもおすすめの教材です。

「勉強に興味をもってもらいたい!」「算数が得意な子になってほしい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、RISUきっずです! 

現在RISUきっずでは、1週間お試しキャンペーンを開催しています。お試し体験希望の場合は、申込フォームにて、クーポンコードnhc07aをご記入ください。クーポンコードのご記入がない場合は、お試しキャンペーンの対象外になってしまいますので、ご注意ください!


RISUきっずについてもっと読むにはこちら

以上、7社の幼児用通信教材を比較して、どういう場合にはどの教材が良いか、お勧めしてみました。判断の決め手は、お試し教材でお子さんの反応を見ることでしょうね。お子さんが楽しく学習ができるために、参考にしていただけたら嬉しいです。

<幼児通信教育関連記事>




posted by 菜の花子 at 02:00| Comment(0) | 幼児通信教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください