2018年04月22日

こどもちゃれんじすてっぷ/じゃんぷ★思考力特化コース教材・口コミ

child-865116_1280.jpg

こどもちゃれんじに「思考力特化コース」登場

なぜ「思考力」なの?

2018年春に、幼児通信教育こどもちゃれんじの「すてっぷ」(年中向け)、「じゃんぷ」(年長向け)に「思考力特化コース」が新開講しました。なぜでしょう?それは、現在日本の教育現場が、2020年の教育改革に向けて大きな転換期を迎えているからです。

2020年教育改革のポイントの1つは、大学入試のセンター試験の廃止です。センター試験は2020年1月で最後になり、翌年からは「大学入学共通テスト」が実施されます。その試験には国語と数学で「記述式」が導入され、今までよりも、「思考力、判断力、表現力」が試されることになっています。そして、この「思考力、判断力、表現力」を問う問題は、各大学の個別試験にもますます取り入れられていくだろうと考えられています。

大学入試が変わるので、それを受けて高校の授業も変わりつつあります。そして中学、小学校も。教育現場において、これからは「思考力、判断力、表現力」を伸ばし、評価することに力が置かれていくことでしょう。こどもちゃれんじの「思考力特化コース」の開講は、まさにその流れに対応する形で起こったというわけです。

こどもちゃれんじ「思考力特化コース」とは?

こどもちゃれんじの「思考力特化コース」は、年中児向けの「すてっぷ」と年長児向けの「じゃんぷ」においてのみ、開講されています。従来のコースは「総合コース(基礎+応用)」という名前で、続いています。

こどもちゃれんじ幼児通信教育といえば、子供が楽しく遊びながら学習できる「エデュトイ」という知育玩具やDVD、絵本がついてくるのが大きな特徴です。しかし「思考力特化コース」ではエデュトイは年1回のみ、またDVDや絵本はつきません。その代わり、思考力を養うワークが豊富についてきます。従来のこどもちゃれんじのイメージと随分異なります!

こどもちゃれんじ・すてっぷ(年中)教材

思考力特化コース

・思考ぐんぐんワーク(毎月)
・キッズワーク(毎月)
・特別教材(年5回)
・考える遊びセット(年12回)
・添削課題(年3回)
・エデュトイ(年1回)
・保護者向け情報誌

総合コース

・エデュトイ(年7回)
・絵本(毎月)
・DVD(毎月)
・考える遊びセット(年6回)
・キッズワーク(毎月)

こどもちゃれんじ・じゃんぷ(年長)教材

思考力特化コース

・思考ぐんぐんワーク(毎月)
・キッズワーク(毎月)
・こくごさんすうじゅんびワーク(1~3月号)
・考える遊びセット(年8回)
・添削課題(年3回)
・エデュトイ(年1回)
・保護者向け情報誌

総合コース

・エデュトイ(年8回)
・絵本(毎月)
・DVD(毎月)
・考える遊びセット(年4回)
・キッズワーク(毎月)
・パワーアップワーク(毎月)
・こくごさんすうじゅんびワーク(1~3月号)



「思考力特化コース」ワークの中身

こどもちゃれんじ「思考力特化コース」は、従来の「総合コース」と比べて、ワークが豊富なのが特徴ですが、「思考力」と銘打っているだけのの価値があるのしょうか? それを判断するために、じゃんぷ(年長児向け)の思考力ぐんぐんワークの中身を少し紹介してみますね。

<数  量>
IMG_0407 (3).JPG

数を図形的にとらえる問題ですね。どれとどれは向きは違うが形は同じなど、子供の脳によい刺激になりそうです。

<図 形>
こどもちゃれんじ思考力図形

子どもが喜びそうなパズル系の問題ですね。図形認識力を鍛えるには、幼い時にパズルなどに十分親しむことが大切なのだそうです。遊び感覚で問題に取り組むうちに、思考力が養われそうです。

<言 語>
ちゃれんじ思考力言語

お話を自由に考える問題です。正解はありません。自由に想像をふくらませて自分の言葉で表現する能力は、これからますます重要になっていきます。子どもに是非取り組ませたい問題だと思います。

論 理
こどもちゃれんじ思考力論理

論理的な考え方を養う問題です。与えられた絵は、動物、食べ物、乗り物、飛ぶものなどでグループ分けすることができます。論理的に思考し、そして考えたことを言葉で説明することで、子供の思考力や表現力が伸びることにつながりそうです。

思考力特化コースの口コミは?

思考力特化コースは始まったばかりなので、まだまだ口コミが少ないのですが、私が見つけた利用者の方々の感想には、次のようなものがありました。

😃ワークがたっぷりあるのがよい。
(じゃんぷの思考力ぐんぐんワークは32ページ、キッズワークは64ページ)

😃問題を解きながら、親子の会話が増えるのがよい。

😃答えがひとつではない問題で、考える力がつく。

😃自分の言葉で表現する問題は難しそうだったが、頭を使っているのだなと感じた。

😃問題を解きながらの子供との会話を通して、子供の考えがわかってよい。

😃色々な問題があって子供が楽しそうに取り組んでいる。

と、口コミを読むと「思考力特化コース」はとてもよさそうです。

しかし中には

😞エデュトイがないのが残念。

😞うちの子にはワークの分量が多すぎる。

というマイナスの口コミもありました。

ちゃれんじ思考力特化コースまとめ

「思考力特化コース」も「総合コース」も受講費は同じです(月あたり1,944円)。
そしていつでもコース変更することができます。

迫りつつある教育改革のことを考えると、私は断然「思考力特化コース」の方がよいと思うのですが、もしワークの分量が多すぎるなど、合わないと感じたら、「総合コース」に変更するのもアリかなと思います。まずはお試し教材で、お子さんの反応を見るのが一番ですね。

公式サイトはこちらからボタン.gif


タグ:ちゃれんじ
posted by 菜の花子 at 17:49| Comment(0) | 幼児通信教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

【CD付き英語絵本】サイトワードリーダーズがオススメ!

PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V[1].jpg

英語絵本の読み聞かせがオススメ!

幼児~小学生向け英語教育への関心が年々高まっています。バイリンガルとまではいかなくても、幼いうちから子どもに英語に親しんでほしい、英語の音に慣れてほしい、将来英語が得意になってほしい、英語が話せるようになってほしい・・・とお考えの親御さんが多いようです。

そのため、子ども向け英会話教室はとても人気がありますね。しかしながら、週に1回1時間ほど英語に触れさせるだけでは、ほとんど効果がないと私は思います。私は未就学児や小学生向けの英会話教室の講師をしていたこともあります。その経験から分かるのは、子どもは覚えるのも早いが忘れるのも早い!! 1週間たったら習ったことを簡単に忘れてしまいます。

しかし私の生徒さんの中でも、習ったことを忘れないで、ぐんぐん英語が得意になっていく子ども達もいました。小学生のうちに英検準2級を取得した子もいます。そういう子ども達に共通しているのは、家庭で何らかの取り組みをしていたことです。

英語は言葉ですから、日常的に触れないと身に付きません。ではどうするか? 英語の歌を聴かせたり、英語のDVDを観せたりするのもよいですが、私が最もおすすめしたいのは、英語絵本の読み聞かせです! 英語絵本を通して、子どもは英語の音や表現に親しむことができるだけでなく、文字と音の結びつきを自然に学ぶことができます。英語を耳からだけでなく視覚的にもインプットすることで、記憶に定着しやすくなります。何よりも、絵本の良い聞かせは、親子で過ごす楽しい時間になります。

ちなみに我が子は、幼い頃からの英語絵本の読み聞かせによって、3歳で自然に英語が読めるようになりました。生活の中での継続した働きかけによって、その後も英語が得意な子に育ちました。

詳しくはこちら

私自身の経験から、英語絵本の読み聞かせは本当に効果的です! しかし英語が苦手な親御さんもいますね。ここでは誰でも手軽に利用することができる、CD付きのオススメ英語絵本をご紹介します。

ノンフィクション・サイトワードリーダーズがおすすめ!

英語が読めるようになるための学習法として、フォニックスがよく知られています。

フォニックス学習についてはこちら
フォニックスおすすめ絵本はこちら

ところが英語を読むには、フォニックスだけでは十分ではありません。なぜなら「サイトワード(Sight Words)」と呼ばれる単語群があるからです。サイトワードとは、一般的にフォニックスのルールが当てはまらない、目でみて覚えるしかない英単語です。しかも文章に頻繁に出てきますので、一目でわかるようにしておかないと、英語を読むことができるようにはならないのです。

そのように英語学習に非常に重要なサイトワード。サイトワードはどうやったら効果的に覚えることができるのでしょう? ずばり、「繰り返し、音と合わせて見る」ことです。そのために、英語絵本の読み聞かせが効果を発揮します。音声と合わせて英単語を何度も子どもの目に触れさせることで、子どもは自然に重要単語を暗記していくのです。

英語学習には「繰り返し」が大切です。子どもが手にとって負担にならない絵本。自分でページをめくりたくなる絵本。それを叶えているのが、子どもが覚えやすい短い文章と写真で構成された、CD付き絵本「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ(Nonfiction Sight Word Readers)」です!



ノンフィクション・サイトワードリーダーズはなぜオススメ?

<1冊8ページだけで取り組みやすい>

各冊わずか8ページだけですので、子どもでもすぐに読めます。達成感があります。

<CDにはゆっくり&普通の2種類の朗読がある>

外国語として英語を学ぶ子どもが聞きやすいゆっくりスピードと、英語特有のリズムを楽しめる普通のスピードの2種類の朗読がCDに収録されています。子どもは物まねが得意ですから、CDに合わせて上手にリピートできるようになります。

<親御さんは絵本をめくるだけでOK>

CD付きなので英語が苦手な親御さんでも大丈夫です。簡単な英語ですから、お子さんと一緒に親御さんも英語を練習するのも楽しいと思います。

<25冊セットでお得>

「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」は25冊で4,714円(税込、送料無料)。1冊当たり、わずか188円ほどです。英語学習には「多読」が大切です。25冊あればたっぷり読み聞かせをすることができますね。

<単語練習用のワークブック付き>

学習したサイトワードを実際に書く練習をすることができるワークブックが付属します。

英語絵本ドリル

<ごほうびシール付き>

可愛いシールがついています。お子さんが1冊CDを真似て音読したり、ワークブックをするごとに、貼ってあげるといいですね。褒めることをカタチに表すことができます。

<写真が図鑑のようで楽しい>

姉妹品に「スカラスティック・サイトワードリーダーズ(Scholastic Sight Word Readers )」(0~7歳向け)があります。そちらは文字通りの「絵」本なのに対し、「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」はカラフルな写真を使っています。図鑑を眺めるような感覚で絵本を楽しめるのが特徴です。

姉妹品サイトワードリーダーズについてはこちら


ノンフィクション・サイトワードリーダーズで学べる単語は?

ノンフィクション・サイトワードリーダーズはレベル別に4シリーズあります。25冊たっぷり読んで、だんだんとレベルアップできるようになっています。

各レベルの対象となっているサイトワードは次の通りです。各レベルとも、1冊8ページ、全25冊です。各絵本につき、1つのサイトワードを集中して覚えられるように構成されています。レベルAは非常にシンプルな短文ですが、B→C→Dとレベルが上がるにつれ、ワード数も増えていきます。

レベルA(2~8歳向け)

学習サイトワード:
the, of, and, a, to, in, is, you, that, it, he, was, for, on, are, as, with, his, they, I, at, be, this, have, from

レベルB(3~8歳向け)

学習サイトワード:
or, one, had, by, word, but, not, what, all, were, we, when, your, can, said, there, use, an, each, which, she, do, how, their, if

レベルC(3~8歳向け)

学習サイトワード:
will, up, other, about, out, many, then, them, these, so, some her, would, make, like, him, into, time, has, look, two, more, write, go, see

レベルD(3~8歳向け)

学習サイトワード:
number, no, way, could, people, my, than, first, water, been, called, who, am, its, now, find, long, down, day, did, get, come, made, may, part

お得な4巻セットもあります


サイトワードの習得のために、多読のために、英語が読めるようになるために、幼いうちからのカラフルな英語絵本「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」の読み聞かせをおすすめします。

サイトワードリーダーズ・レベルAはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルBはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルCはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルDはこちら→

サイトワードリーダーズ全4巻セットはこちら→


posted by 菜の花子 at 18:31| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

【小学生通信教育9社比較】本当のおすすめは?タブレット?

小学生.jpg

小学生向け通信教育教材は次のようにたくさんあって、どれが一番良いのか迷いますね。

スマイルゼミ
進研ゼミ「チャレンジ」
Z会「小学生コース」
小学ポピー
小学館「ドラゼミ」
がんばる舎「Gambaエース」
学研ゼミ「スマートドリル」
スタディサプリ
ブンブンどりむ

そもそも通信教育は必要なのか? 学校に任せて、学校の宿題をしっかりやっておきさえすれば十分ではないかという考えもあると思います。

ピカピカのランドセルを背負ってドキドキしながら迎える小学校入学。その時には、皆同じスタートラインにいるはずですよね。しかしながら、小学校でも1~2年生で早くも大きな学力差がついてしまうのが現状です。中学年、高学年と進めば、その差はいっそう大きくなります。学力差の原因は何でしょう? 私は「家庭力」だと思います。

親御さんがどのくらい子どもの成長に配慮してあげられるか。学習習慣をつけさせてあげられるか。学校の不足分を補ってあげられるか。子どもの頑張りを認めて、褒めて、達成感を味合わせ、さらなるやる気へとつなげることができているか。そういった保護者のサポートが、子どもの学力伸長のためには欠かせません。

ではどうやって具体的にサポートをしていけばよいでしょうか? 私は、今はもう大学生になった息子が小学生の時には、陰山メソッドの「漢字プリント」や「計算プリント」を使って、ほぼ毎日、夕飯前に、親子の「お勉強タイム」を設けていました。





この「お勉強タイム」、実は私には大変な負担でした。漢字は息子がなかなか熟語を覚えられなかったので、「漢字プリント」だけでは不十分で、私がお手製のプリントを用意して、繰り返しコピーしてやらせたりもしました。夕方は夕飯作りもあります。学校の宿題もあります。子どもを早く寝かしつけることも大切です。気持ちに余裕を持てずに、ついイライラしてしまうこともありました。

このように市販の教材だと、親がその都度用意して段取りよく進めるのは面倒だったり、難しかったりする面があります。陰山メソッドのプリント類は大変優れていておすすめなのですが、親の負担が少なく、かつ 効果的に学習に取り組ませるために検討したいのが、通信教育の利用です。

たとえばタブレットで学べるオンライン通信教材。タブレットならではの機能で視覚的、体験的に学習できるので、大変分かりやすく、しかも自動で採点してくれるので、親はマルつけをする必要がありません。その日に取り組むべき課題もタブレット上に一目瞭然に示されるので、子どもが何をしてよいか分からなくて困る心配もありません。

一方、紙の教材も負けてはいません。教科書に沿った問題で学校の予復習やテスト対策ができるものや、良質なオリジナル問題で中学受験まで対応できるものなど、評判の良い通信教育教材が豊富にあります。

ここでは、上記9社の小学生向け通信教育を比較して、それぞれの特徴やおすすめポイントをご紹介します。どの教材が一番良いのかは、何を通信教育に求めているかによって異なります。こういう場合にはこの教材がベスト!という視点で考えていきます。

Q:タブレットでサクサク学習させたいなら?
A:スマイルゼミ

スマイルゼミ(月額2,980円~)



・専用タブレット使用
・標準クラス・発展クラスあり
・1年生から英語あり
・添削なし

スマイルゼミ紹介動画


スマイルゼミおすすめポイント>

★タブレットがすごい!

タブレット学習は魅力的ですね。幼い頃からスマホやタブレットが身近にある今の子供たちにとって、タブレットを使った勉強は紙教材に比べてハードルが低く、すんなりと取り組むことができると評判が良いです。タブレットを使えば、アニメーションで小学生がつまずきやすい問題を視覚的に理解することや、紙教材では不可能な理科実験を指で実際に動かして体験として学習することなどが可能になり、学校の授業を効果的に補完してくれます。

それでは他社のタブレット教材でも良いのではないかということになりますが、スマイルゼミでは専用タブレットを使います。タブレット代金として9,980円かかってしまうのが残念ですが、他社と比較して、この専用タブレットが超スグレモノです!

スマイルゼミでは細かい文字でもきちんと書ける「高性能デジタイザーペン」を採用していています。それによって、低学年の小学生でも、紙に鉛筆で書くのと同じ感覚でタブレット上に文字を書くことができます。

また、ベネッセ進研ゼミ通信教育「チャレンジタッチ」のタブレットと比較すると、「チャレンジタッチ」では、ペンを持った手がタブレット画面に触れるとそこに反応してしまうので、手を浮かせて書く必要があるという難点があります。ところがスマイルゼミの専用タブレットではその心配は一切不要です。勉強は「書く」ことが基本ですから、紙に書くのと同じようにタブレットが使えるというのは、スマイルゼミの大きなおすすめポイントです!

★英語が標準配信!

スマイルゼミでは1年生から英語を学習することができます。2020年の教育改革で小学校の英語は「教科化」されますから、今後英語学習への必要性はさらに高まっていきます。1年生から英語の4技能を学べるのは、スマイルゼミのおすすめポイントです。

さらにスマイルゼミ通信教育では「英語プレミアム」(月額734円)というオプションを追加することで、英語学習量を2倍以上に増量することも可能です。英語に力をいれたいご家庭には利用価値大です。

★発展クラスがある!

スマイルゼミには、「標準クラス」の問題に加えて教科書レベルを超えた応用問題も学習する、「発展クラス」もあります。将来中学受験を考えているご家庭など、通塾開始前に学力を高めておきたいとお考えの場合には、「発展クラス」を利用するのがおすすめです。

★保護者管理機能が充実!

スマイルゼミには、子どもの学習状況を保護者が把握するための「みまもるネット」や、保護者のスマホと連携してLINEのように連絡を取り合える「みまもるトーク」があります。

タブレットなので子どもが一人で学習することが可能だとはいえ、やはり保護者が確認したり、褒めたり励ましたりすることは大切です。そういった方法を備えてくれているのが、スマイルゼミ通信教育のもう1つのおすすめポイントです。

スマイルゼミ資料請求はこちらから
  ↓↓
◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!


スマイルゼミについてさらに読むにはこちら


Q:特別教材で楽しく学習したいなら?
A:進研ゼミ

進研ゼミ(月額2,705円~)



・タブレットまたは紙教材
・添削あり
・教科書準拠
・標準コース・挑戦コースあり
・実力診断テストあり
・体験型特別教材あり

進研ゼミおすすめポイント>

★体験型特別教材がある!

体験型の特別教材がついてくるのが、他社と比較した際の、進研ゼミならではの特徴です。楽しい「計算マシーン」や、英語の音声を再生できる器具、理科実験の道具など、小学生が喜びそうな教材ばかりです。学習を続ける動機づけにもなりそうです。

★タブレットor紙を選べる!

進研ゼミでは、従来からの紙教材(オリジナルスタイル・チャレンジ)に加えて、タブレット利用(チャレンジタッチ)の両方があり、入会時に選択できるようになっています。専用タブレット(チャレンジパッド)が必要ですが、継続受講によって無料になります。スマイルゼミではタブレット代が有料ですが、それと比較して、進研ゼミ「チャレンジタッチ」ではタブレット代実質0円というのは魅力的です。ただしスマイルゼミの専用タブレットと比較すると、書き心地の点では劣ってしまいますが。

タブレットならではの機能を期待して「チャレンジタッチ」を選ぶか、または従来の紙教材で学習させることを重視して「オリジナルスタイル・チャレンジ」を選ぶか、選択肢があるのは良いですね。進研ゼミが他社と比較して小学生利用者数がNo1だという理由は、そういう点にもあるのかもしれません。なお、コースは受講開始後に変更も可能です。

進研ゼミ「チャレンジタッチ」動画はこちら


★赤ペン先生の添削がある!

進研ゼミでは紙教材の「オリジナルスタイル・チャレンジ」ではもちろんのこと、タブレット「チャレンジタッチ」を選択した場合でも、定期的に赤ペン先生による添削を受けることができます。つまりタブレット学習を選んでも、最後はきちんと紙にアウトプットする機会があり、また記述したものをプロによって添削してもらい、「記述力」を伸ばすことができます。

タブレットは便利ですが、学習の基本は紙に書くことです。タブレット「チャレンジタッチ」コースを選んでも、紙に記述する機会があるのは、進研ゼミのおすすめポイントです。

★教科書準拠!

進研ゼミは教科書準拠教材です。学校で学習したことを教科書に沿って復習したい、基礎・基本をしっかり定着させたいという小学生におすすめです。

★レベル別対応あり!

タブレット
 「標準コース」
 「もっと演習コース」
 「もっと発展コース」

紙教材
 「標準コース」
 「挑戦コース」

進研ゼミでは、上記のようにレベル別にコースが用意されています。将来中学受験を考えている場合などに難易度の高いコースを選ぶことができるのは、進研ゼミのおすすめポイントの1つです。

進研ゼミ無料お試し教材はこちらから
   ↓↓
【進研ゼミ小学講座】



Q:レベルの高い良問を解きたいなら?
A:Z会

Z会小学生コース(月額4,142円~)



・タブレットまたは紙教材(小1~2は紙のみ)
・スタンダード・ハイレベルあり
・中学受験コースあり(小3~6)
・添削あり
・英語・作文専科(小3~6)
・公立中高一貫校適性検査専科(小5~6)
・公立中高一貫校作文専科(小6)

Z会おすすめポイント>

★教科書より上を学ぶ!

難易度の高い良問を解かせたい、将来難関中学、難関高校、難関大学に進学させたいとお考えのご家庭におすすめなのは、迷わずZ会です。他社と比較してZ会の教材はレベルが高く、難しいです。最下位のスタンダードコースでさえ、「教科書+α」を学習することを謳っています。

さらに、Z会には「中学受験コース」もあります。他社の通信教育でも、スマイルゼミの「発展クラス」や進研ゼミ・チャレンジの「挑戦コース」のように応用問題が扱われていますが、Z会のように中学受験に特化しているわけではありません。Z会の中学受験コースは、難関国私立中学受験向けです。これほど高いレベルのコースは、他社の通信教育にはありません。

なお、難関校ではないが中学受験を検討している小学生、公立中高一貫校受検予定の小学生、発展問題に多く取り組みたい小学生のためには、ハイレベルコースも用意されています。学校の授業を超えて発展的な学習をしたい小学生に最適なのが、Z会通信教育だと言えるでしょう。

★オリジナル良問ぞろい!

他社と比較すると、Z会の問題はよく練られた、良問ぞろいであると感じます。特に国語は、教科書で使われている文章とは異なる、Z会オリジナル問題です。どの教科も一筋縄では行かないような、思考力や読解力を試される良問が用意されているのがZ会の魅力です。

Z会無料お試し教材はこちらから
   ↓↓
小学生のためのZ会


Z会小学生コースについてもっと読むにはこちら


Q:教科書の復習をしたいなら?
A:小学ポピー

全家研「小学ポピー」(月額2,700円~)



・紙教材のみ
・教科書準拠
・授業進度対応サービスあり
・添削なし
・質問対応あり

小学ポピーおすすめポイント>

★学校の授業の復習ができる!

他社と比較した際のポピーの特長は、教材が、全国各地域で異なる小学校の教科書毎に編集されているということです。テキストには教科書の対応ページが記載されています。国語も教科書と同じ文章が使われています。学校で学習したことをその日のうちに家庭で復習することが、小学ポピーのねらいです。

ポピーの毎月の基本教材は、ワークとテストです。学校で勉強したことを、ワークで毎日復習します。そして学校で受けるのと同じようなテストで力試しをします。学校のテスト前の準備にもなります。

学校での学習事項を着実に身に付けたい小学生、学校での成績を上げたい小学生におすすめなのが、ポピーです。

★授業進度対応サービスあり!

学校の授業進度とポピーの教材が届くタイミングがずれてしまった場合、ポピーには、今習っている箇所に対応した教材を届けてくれる親切なサービスがあります。家庭で確実に復習をすることにいかにポピーがこだわっているかが、伝わってきますね。

★学校で何を勉強しているか、親が把握できる!

ポピーは学校の復習をするための教材ですから、子どもの取り組みを通して、子どもが今学校で何を習っているのか、保護者は逐一知ることができます。

ポピー無料お試し教材はこちらから
  ↓↓
親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!



Q:オリジナル教材で発展的学習をしたいなら?
A:ドラゼミ

小学館「ドラゼミ」(月額3,045円~)

ドラゼミ

・紙教材のみ
・オリジナル問題
・作文あり
・添削あり
・陰山英男監修

ドラゼミおすすめポイント>

★作文と図形で地頭を良くする!

ドラゼミのテキストは、教科書に沿っているわけではありません。思考力、判断力、表現力を養うためのオリジナル問題で構成されています。

例えば、毎月作文問題がついています。そして書いたものを個別担任の先生に添削してもらいます。これは他社の通信教材にはありません。自分の言葉で表現することは、今後ますます必要になってくる能力ですので、家庭で作文練習の機会を設けることができるのは、ドラゼミの大きなおすすめポイントです。

またドラゼミには発想力を要するオリジナル図形問題も豊富です。図形認識力を高めてくれる良問に触れられるのが、ドラゼミの強みです。

★漢字・計算・音読の反復学習もある!

ドラゼミは「百マス計算」で知られる陰山英男先生が監修しています。我が息子が小学生の時にお世話になった、陰山メソッドの先生です。陰山メソッドの基本は「徹底反復」。計算漢字など、繰り返し徹底反復して学習することでマスターするというものです。また脳を活性化させ、学習事項を身に付けるために「音読」も重要とされています。

ドラゼミには、そういった陰山メソッドが取り入れられ、漢字、計算、音読の反復学習もあります。つまり、基礎基本をマスターしつつ、オリジナルの発展問題にも取り組みたい小学生におすすめの通信教材がドラゼミです。

ドラゼミ無料お試し教材はこちらから
  ↓↓
ドラゼミで学力アップ


Q:低価格で教科書の復習がしたければ?
A:Gambaエース

がんばる舎「Gambaエース」(月額800円)



・紙教材のみ
・教科書準拠
・添削なし

Gambaエースおすすめポイント>

★月額800円(税込)!

他社の通信教育と比較して、Gambaエースの教材は極めてシンプル! 問題プリント冊子と、同サイズの解答冊子のみです。そのシンプルさゆえに、月額800円(税込)に押さえられています。しかも初月0円! さらに1年分を一括払いすると8,800円となり、もう1ヵ月分が無料になります。

★教科書準拠!

Gambaエースの教材は教科書準拠です。学校で習ったことを毎日家庭で復習することで学習が定着するように作られています。低価格でしっかり授業内容を復習をしたいという小学生におすすめなのがGambaエースです。

がんばる舎Gambaエース公式サイトはこちら⇒


Q:PC・スマホ・タブレットで勉強させたいなら?
A:学研ゼミ「スマートドリル」

学研ゼミ「スマートドリル」(月額500円~)



・PC・タブレット・スマホ使用
・教科書準拠

学研ゼミおすすめポイント>

★スマホでも勉強できる!

学研ゼミはオンライン教材です。紙の学習では机に向かいたがらない小学生も、オンラインなら喰い付きよく取り組んでくれることが期待できます。しかも学研ゼミのオンライン学習は、2018年4月から大幅リニューアルされます。従来のPCやタブレットに加えて、スマホの利用も可能になります。

なかなか机に向かってくれない小学生でも、スマホなら喜んでいじり始めるのではないでしょうか。できるなら紙の教材に取り組んでほしいと感じるかもしれませんが、勉強嫌いのお子さんのためには、まずはハードルを下げて、やる気を起こさせること、そして学習の楽しさを体験してもらうことが大切です。そのために学研ゼミではスマホもOKというのは、他社の通信教材と比較した際の、ユニークな魅力です。なお今回のリニューアルで、スマホとタブレットの場合、手書き入力も可能になります。

★格安で勉強できる!

学研ゼミの「スマートドリル」は教科書準拠教材です。小学1~2年生は月額500円、3~6年生は月額1,000円です。しかも初月無料です。格安で教科書の復習ができるのは嬉しいです。

スマートドリルのスタート画面

学研ゼミスマートドリル
教科書設定ができるようになっています


★多彩な学習メニュー!

教科書準拠教材の「スマートドリル」に加えて、学研ゼミでは、次の学習メニューもあります。

ワンダードリル(月額500円)
⇒ゲーム感覚で学習
学研ワンダードリル算数

学研図書ライブラリー(月額500円)
⇒電子書籍600冊が読み放題
図書ライブラリー04.jpg

学研ジュニア新聞(月額500円)
⇒ふりがなつきの小中学生向けWebニュース

「楽しいから勉強したい」とお子さんに思わせたい親御さんにおすすめなのが、他社にはないおもしろい仕掛けが満載の学研ゼミです。

学研ゼミ公式サイトはこちら
  ↓↓
まなぶことがもっと好きになる【学研ゼミ】




Q:先取り学習をさせたいなら?
A:スタディサプリ

スタディサプリ(月額980円)



・小4~高3対象オンライン映像授業
・PC、タブレット、スマホ使用
・テキスト無料ダウンロード可

スタディサプリおすすめポイント>

★小4~高3範囲を学習できる!

スタディサプリはオンライン映像授業です。PC、タブレット、スマホを使い、月額980円で、小4~高3のどの講座でも、好きなだけ自由に視聴することができます。

我が家では、息子が小学生の時、経済的な理由で公立中学校に進学することを決めていました。しかしながら、難関私立中高一貫校に進学する人たちと同じ学力をつけてあげたいと考えた私は、数学と英語の先取り学習をすることにしました。

我が家の先取り学習についてはこちら

小5の時に先取りを始めて、中2で高校数学I・Aと高校初級英語の学習を一通り終わらせました。英語は私が教え、数学は参考書で自学自習をさせたのですが、これが大変でした!当時スタディサプリがあったなら、もっとスムーズに進めることができたのになあと思います。

スタディサプリなら小4~高3内容まで同一料金でカバーできるというのは、他社と比較してコスパが最高です。高校受験や大学受験まで見据えて先取り学習をさせたいご家庭には、スタディサプリは強い味方になります!

★塾と併用/塾代わりとして利用できる!

小学4年生ともなると通塾を始める小学生が増えてくるようですが、塾の補強として、あるいは塾の代わりに、スタディサプリを利用するのもおすすめです。塾の授業は一度聞いて分からなかった場合、もう一度「再生」することはできません。けれどもスタディサプリなら、しっかり分かるまで、何度でも講義を視聴することができます。「家が塾になる」という感覚で学習できます!

スタディサプリ無料体験はこちらから↓↓





Q:国語力を伸ばしたいなら?
A:ブンブンどりむ

ブンブンどりむ作文通信教育講座(月額4,860円~)



・作文講座のみ
・添削あり

ブンブンどりむおすすめポイント>

★作文を通じて学力を伸ばせる!

ブンブンどりむは作文に特化した通信教育です。作文を書くには、「思考力」「語彙力」「判断力」「表現力」などを駆使しなければなりません。作文は、書くことを軸としてそれらの力を鍛え、「国語力」を総合的に伸ばしてくれます。国語力は、すべての学習の基本です。国語力が伸びることで他教科を学ぶための堅固な土台が作られます。

★ブンブンどりむは楽しい!

作文というと難しいイメージがありますが、ブンブンどりむには小学生が楽しく、また意欲的に学習できる工夫が満載です。教材がマンガ形式になっていて、作文の重要ポイントもマンガの中でキャラクターが教えてくれます。またスモールステップで進んでいくので、小学生にとって負担が少なく、書くことへの苦手意識がなくなり、自信がついていきます。

国語力はすべての学習の基本なので非常に重要です。国語が苦手だと、他教科の力が伸びません。また国語力は、伸ばすのに時間がかかる学力でもあります。そのため、小学生のうちから、ぜひとも作文に取り組むことを強くおすすめします。

ブンブンどりむ無料体験キットはこちらから
  ↓↓
子どもの未来は「国語力」で決まる!


ブンブンどりむについてもっと読むにはこちら

以上、9社の小学生向け通信教育を比較しました。それぞれにおすすめポイントがあります。ご家庭の必要に応じて選んでいただく際の参考にして頂けたら嬉しいです!


posted by 菜の花子 at 21:15| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

【小学生からZ会で難関大学合格】ハイレベル・中学受験も!

小学1年生

教育改革で求められるものは?

2020年の教育改革で、小学校では英語が「教科化」されます。その影響もあってか、お子さんを英語教室に通わせるなど、英語教育に関心を寄せている親御さんは多いですね。

英語は確かに大切ですが、それよりもっと大切なのは国語力。つまり自分の言葉で思考したり表現したりする能力だと私は思います。「ことば」を操る力は、すべての学習のベースだからです。

私は英語の家庭教師という仕事柄、大学入試の英語の過去問をよく見ます。東大入試の英語など、国語力が求められている典型ではないかと思います。例えば東大の英語では、最初の大問に要約問題があります。英文を読んで、その内容を日本語で簡潔に説明するというものです。英文自体は極端に難しいわけではありません。けれども限られた語数で要点を不足なくまとめるには、日本語の表現力が必要です。

2020年の教育改革では、大学入試も大きく変わります。センター試験が廃止され、「大学入試共通テスト」に変わります。従来よりも思考力、判断力、表現力が問われ、国語と数学では「記述問題」が導入されることになっています。各大学の個別試験でも、東大の例のように単なる知識ではなく、思考力や表現力を要する自由記述型の問題が出題されつつあり、今後その傾向がますます強まると考えられています。

小学入学前のお子さん、あるいは小学生のお子さんを持つ親御さんは、大学受験などまだまだ先のことと思われるかもしれませんね。しかし大学入試が変わることによって、その下、つまり高校、中学、そして小学校の授業も今後変わっていきそうです。自分で考え、発表をし、議論し合いながら答えを導き出すような学びの形が、取り入れられていくだろうと言われています。

そのようなわけで、お子さんが小さい時から、じっくり考え、判断し、自分の言葉で表現できる能力が伸びるようにサポートしていくことが、今まで以上に重要になってくるのではないでしょうか。将来難関大学へ進学させたいと考えている場合は、特にそうです!

では、そのためにはどうしたらよいでしょう?

Z会小学生コースで難関大学を目指す!





子どもの国語力、思考力、判断力、表現力を養うには、家庭での語彙豊かなコミュニケーションや読書が欠かせませんが、それに加えて、Z会通信教育を利用するという方法もあります。Z会の教材には、思考力や表現力を育てるための良問が揃っているからです。

Z会通信教育は、よく進研ゼミ小学講座「チャレンジ」と比較されますね。進研ゼミ「チャレンジ」との違いは何でしょう?

チャレンジ⇒教科書準拠
Z会⇒オリジナル問題

この違いが最も大きいのではないかと思います。例えば小学校の国語で「おおきなかぶ」を習っていたら、「チャレンジ」では、同じ「おおきなかぶ」の文章について、問題を解きます。学校での学習を補強する目的が強いのが、進研ゼミ「チャレンジ」です。

それに対しZ会小学生通信教育では、教科書にこだわらない、オリジナルの問題を揃えています。小学校の授業にはついていけていることを前提に、教科書レベルを超えた応用問題を学習するという感覚です。

つまり、教科書レベルのことは十分に押さえられていて、さらに上を目指したい小学生に向いているのがZ会といえるでしょう。小学生のうちから難関大学合格まで見据えて、学校で習うことを超えた良問で、国語力、思考力、判断力、表現力を鍛えたいという場合に、Z会小学生通信教育はおすすめです!

Z会のレベルは?

上述のように教科書レベルを超えた良問を揃えているZ会小学生通信教育ですが、さらにコースやレベルが分かれています。

小学1~2年:
 紙媒体のみ
 教科:国語/算数/経験学習
 コース:スタンダード/ハイレベル

小学3~6年:
 紙媒体orタブレット
 教科:国語/算数/理科/社会
 コース:スタンダード/ハイレベル/中学受験

※紙媒体コースには、「専科」もあります。
 専科:
 英語(小3~6)
 作文(小3~6)
 公立中高一貫校適性検査(小5~6)
 公立中高一貫校作文(小6)

※タブレットコースはレベル別になっていません。
国語/算数/理科/社会/英語/総合の6教科対応です。
デジタルならではの視覚に訴える機能で、効率よく学習できます。

※中学受験コースにはiPadが必要です。
難関国私立中学受験に特化したコースです。

昔からある、紙媒体のコースでスタンダードレベルを選んだ場合でも、「教科書+α」を学習できます。さらに上を目指す場合、ハイレベルや中学受験コースを選択できるのがZ会の強みです。

将来難関大学合格を目指している場合、あるいは公立中高一貫校難関国私立中学受験を考えている場合は、低学年のうちから学校の勉強以上に力をつけていきたいところ。しかし、小さいうちから塾通いで「ダブルスクール」状態にするのは、あまりおすすめできません。小学生にとっては、知能だけでなく丈夫な体や心を育てることも非常に重要です。通塾は生活リズムが乱れることにつながります。また、放課後スポーツをしたり、お友達と遊んだりケンカしながら、体力をつけたり人格形成をしていく時間が奪われることにもなります。

塾に頼らず小学生らしい生活をしながら、勉強もしっかりしたい人にとって、家庭で高いレベルの学習ができるZ会通信教育は、大きな助けになるはずです。

学校より上を行きたい⇒スタンダードレベル
発展問題に多く取り組みたい⇒ハイレベル
公立中高一貫校受験予定⇒ハイレベル
中受するが通塾は避けたい⇒中学受験コース
中受するが通塾は先延ばし⇒中学受験コース

このようなめやすで、レベルやコースを選ぶとよいでしょう。

Z会通信添削を使って東大・京大などに合格した人の体験談を読むと、小学生のうちからZ会を利用していたという人が結構多いです。Z会小学生通信教育が難関大合格へとつながる証拠ですね!






Z会小学生コース教材の中身は?

Z会は実に良問を揃えています!

Z会公式サイトにはテキストの問題例が掲載されているのですが、例えば、小学1年生スタンダードコース国語の9月号には、入学してまだ半年なのに、なかなか読み応えのある、感動するお話が使われています。傍線部について、誰がしていることなのか、文脈から自分で思考して判断する必要がある問題が作られています。また、別の設問で、答えは傍線部の近くにないので、物語の展開に気をつけながら、文章を最後まできちんと読むことが求められる良問になっています。

小学1年生ハイレベルコース国語には、決まった正答があるわけではない問題が用意されていました。読んだお話について想像力を膨らませて、自分の言葉で表現することが求められる問題です。思考力、表現力を養ってくれる良問だと感心しました。

小学1年算数ハイレベルコースには、計算問題でありながら、2つのステップを踏んで、順序立てて考えなければならない文章題がありました。問題文から必要な情報を読み取らなければならないので、算数ですが、読解力が求められます。国語力がすべての学習の基本であるというのは、こういうところを見るとわかります。算数を通しても、国語力、読解力、思考力を養ってくれるのが、Z会の良問たるゆえんだと思います。

小学1年生には、「経験学習」(スタンダード・ハイレベル共通)という科目もあります。3年生からの理科や社会に結びつく、様々な体験を通しての学習です。楽しく取り組めるのが魅力的ですが、それだけではありません。奥が深いのです! 例えば「お月見」の体験が、中学で学習するような月の満ち欠けの学習へとつながり得るようになっており、濃い内容となっています。

理科や社会の学習は、生活の中での体験が大切です。難関大学に合格するような高い学力を備えた人は、小さい時から知的好奇心が旺盛だったというデータがあるそうです。Z会小学1~2年生の「経験学習」は、実体験を通して子どもの知的好奇心を刺激し、興味・関心を広げて、知識へと結び付けてくれるのに大いに役立ちそうです。

Z会公式サイトで問題例を見る ↓




Z会のサポートは?

Z会が良問を揃えているのは納得できますが、「難しくて続けられないのでは?」と心配なさる方もいらっしゃると思います。Z会では、意欲的に学習を続けけるためのサポート体制も万全です。

★担任指導者制
Z会小学生コースは、同じ指導者が学年末まで添削指導をしてくれます。1対1のコミュニケーションによる長期的な信頼関係が、学習を続ける励みになります。

★質問受付
学習上の疑問点をいつでも質問することができます。

★保護者用「サポートブック」
保護者がどうやって子どもを支援すればよいか、丁寧に解説してくれています。

★努力賞
答案提出によってポイントをためると、ポイント数に応じて賞品がプレゼントされます。子どもの「やる気」につながります!

★はげましスタンプ
子どもの学習終了後に、保護者が使うスタンプが用意されています。子どもはほめることによって伸びます。「頑張ったね!えらいね!」と愛情をもって言葉でほめてあげるとともに、目に見える形でスタンプを押してあげることが、「認めてもらえた」という達成感と、さらなる学習意欲へとつながります。

Z会小学生通信教育まとめ

教育改革によって、以前よりもますます国語力、表現力、判断力、思考力を伸ばすことが重要になっていきます。小学校での学習が最も基本ですが、その不足を補い、お子さんの能力を最大限に伸ばすためのツールとして、Z会通信教育の利用を検討してみるとよいのではないでしょうか。

資料請求はこちら





posted by 菜の花子 at 14:53| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

【フォニックスおすすめCD付英語絵本】Phonics Fun Readers

英語が読めるようになるためには、フォニックスが欠かせません。

今はもう大学生になった我が子も、フォニックスで英語が読めることをねらって創作されたドクター・スースの絵本シリーズのおかげで、3歳から自然に英語が読めるようになりました。

フォニックスやドクター・スースの絵本についてはこちら

さて、ドクター・スースの絵本は本当に素晴らしいし、おすすめです。しかし導入として最適な "Hop on Pop" を除いて、初心者には難しい面があります。というのも、ドクター・スースのシリーズは、アメリカのネイティブの子ども達向けに書かれたものだからです。普段生活の中ですでに英語を自由に話している子が、英語を「読める」ようにもなることを目指して作られた絵本がドクター・スースのシリーズです。したがって文章の量が多く、外国語として英語を学ぶ日本人の子ども達には、ハードルが高いのが難点です。

ネイティブスピーカーではない子ども達が英語を「読める」ようになるために、もっとおすすめのフォニックス絵本はないものかと探したら‥‥‥ありました!!

PHONICS FUN READERS
(フォニックス・ファン・リーダーズ)
です!!



Phonics Fun Readersはなぜおすすめ?

1.英語を外国語として学ぶ子供向けに作られています!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)の絵本はこんなにシンプル!
Phonics Fun Readers

1ページにたったこれだけの分量なら、外国語として英語を学ぶ日本の子ども達に負担が少なく、取り組みやすいです。しかも各絵本で学ぶフォニックスの音が赤字で強調されているので、分かりやすくおすすめです。

各絵本は9ページですから、あっという間に読めてしまいます。達成感が得られやすいのもおすすめポイントです!

2.フォニックスの全ルールが網羅されています!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)はレベル1~レベル5に分かれた、全25冊の絵本から構成されています。

 レベル1:各アルファベットの音(8冊)
 レベル2:短母音(5冊)
 レベル3:長母音(4冊)
 レベル4:子音の二重字(4冊)
 レベル5:母音の二重字(4冊)

フォニックスの基礎の基礎である各アルファベットの音から始めて、絵本を読み進めていきながらステップアップし、上級内容にたどりつくようになっています。フォニックスの全てをしっかりマスターできるので、おすすめです。

3.各絵本に音声CDが付いています!

ネイティブ発音による音読CDが付属しますので、英語が苦手な親御さんでも心配いりません。ページをめくりながら音声を流してあげることで、「読み聞かせ」と同じ効果があります。音声を聞きながら、「文字と音の結びつき」を子どもは自然と覚えていきます。

CDは朗読を聴く他、リピートもできるようになっているので便利です。はじめはCDの真似をして、次第に自分ひとりでも、英語を自然に読めるようになっていくことが期待できます。

4.ピクチャーディクショナリーもあります!

Picture Dictionary

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)の25冊の各絵本には、最後にピクチャーディクショナリー(絵辞典)のページもついています。

子どもが英単語を覚えるとき、apple と聞いて「りんご」と思うのではなく、「赤い丸い果物」を直接イメージできることは大切です。ピクチャーディクショナリーは、英語を日本語に置き換えないで、英語のまま理解できる能力を養ってくれます。

5.おまけも満載でおすすめです!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)25冊の各絵本には、オリジナルソングもついています。お話しの中に出てくる単語を使った歌なので、歌うことで学習が定着します。カラオケもあるので、楽しく歌って、しっかり覚えることができます。

さらに、文字の書き取りや、正しい単語を選ぶクイズなどのページもあります。ゲーム感覚で英語を学ぶことができるので、おすすめです。

まとめ

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)は、ネイティブではない学習者向けに作られた、フォニックスを身に付けながら子どもが一人で英語が読めるようになる、画期的な絵本シリーズです。さらにフォニックスに加え、多読、多聴、歌、単語と、学習の幅が広いのが魅力的な、大変おすすめの子ども英語教材です!

Phonics Fun Readers フォニックス・ファン・リーダーズ はこちら→
posted by 菜の花子 at 17:41| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

【フォニックスDVD・CD付絵本】子ども英語おすすめ教材

☆フォニックスで英語が読める!

お子さんに幼いうちから英語に親しんでもらいたいとお考えのご家庭は多いことと思います。特に2020年の英語教育改革で小学校での英語が必修化になることからも、早期英語教育の必要性や関心はますます高まっていくことでしょう。

我が家では、息子が幼い時から英語絵本の読み聞かせをよくしたものでした。それによって、息子は自然に3歳から一人で英語を読むようになりました。

息子への英語の働きかけについてはこちら

文字の読み書きに関して、英語と日本語には決定的な違いがあります。日本語は、ひらがながすべて読めれば、ひらがなで書かれた絵本など、子どもは一人で読むことができます。ひらがながすべて書ければ、一人で文章を書くこともできます。

しかし英語は、アルファベットの各文字の読み書きができても、それだけでは文を読んだり書いたりすることにつながりません。例えばアルファベットのAとBは、単語に使われた時は、「エィ」「ビー」ではなく、「ア」「ブ」と発音されるからです。

そのような文字と発音の結びつきのルールを「フォニックス」といいます。フォニックスを知らないで英単語を読むのは難しいです! フォニックスに馴染んでいると、子どもは初めて見る単語でも発音できるようになります。フォニックスを知っていれば、英単語のスペルもスムーズに覚えることができるようになります。
 
公立中学校では、教員にもよりますが、フォニックスを教えません。フォニックスを指導されていないのに、どうやって英単語のスペルを覚えろというのでしょう?! 極端に英語が苦手な中学生が多いのもうなずけます。2020年の英語教育改革でフォニックスがどういう扱いを受けるのか、フォニックスを知らないまま中学、高校へと進んでしまうのか、心配なところです。


☆フォニックスのルールは? 

英語の読み書きのための最強なツールであるフォニックス。ルールはそう多くはありません。
(読み方は便宜上カタカナで書きますが、実際は英語らしく発音する必要があります。)

1.アルファベット26文字それぞれに1つの音がある。
(例:aは「ア」、bは「ブ」)

2.最後にeがつくと最初の母音がABC読みになる。
(例:mat「マット」にeをつけたmateは、aを「エィ」と読み「メィト」となる)

3.2つの子音字が新しい音を作る。
(例:chは「チ」、phは「フ」)

4.2つの母音字が新しい音を作る。
(例:ou, owは「アウ」、ooは「ウー」または「ウッ」)

5.2つの子音字が連続し、混ざり合った音になる。
(例:grは「グルッ」、skは「スクッ」)

6.母音にrがつくと新しい音になる。
(例:arは「アー」、orは「オー」)


☆フォニックスに入る前の準備

フォニックスの基本は、上記のルール1の「アルファベット26文字それぞれに1つの音がある」ことです。ですからフォニックス学習に入る前に、アルファベット26文字の大文字、小文字を読めるようにしておく必要があります。

実は息子が幼い時に、七田式の本の中で「アルファベットの読み方(エィ、ビー、シー)は先に教えない方がよい」ということを読みました。そこで息子には、アルファベットをあえて教えないで、英語の絵本の読み聞かせをしました。

後述しますが、フォニックスで子どもが英語を読めるようになることを意図した絵本を、たくさん読んだものでした。すると息子は文字への関心が強かったようで、アルファベットは教えられていなくても、絵本を通じて、3歳から自然に英語が読めるようになっていきました。絵本を通して、どの文字がどういう音を作るかを、勝手に覚えていってくれたのです。

しかし3歳下の娘は、そううまくいきませんでした。娘にもあえてアルファベットは教えない方法をとったのですが、今から思うに、それが失敗の原因だったように感じます。フォニックスの基本である「アルファベット26文字それぞれにつき、1つの音を覚える」ことを飛ばして先へと進んでしまったので、娘にはハードルが高すぎたのだと反省しています。

そこでおすすめしたいのは、まずはアルファベットの大文字、小文字を読めるようにすることです。

そのためには、例えばアルファベットのポスターを部屋に貼ると良いと思います。

くもんの学習ポスター アルファベット



こういうポスターを貼って、各アルファベットを読めるようにしておくことに加えて、それぞれの文字で始まる英単語を覚えさせることをおすすめします。英単語といってもイラストつきですし、すでに馴染みのある語が多いですから、そう難しくはありません。各文字で始まる英単語が分かれば、その文字がどういう音を作るかという、フォニックスの最初のルールを身に付けることになります。

くもんの学習ポスター アルファベット はこちら→

また、フォニックスの全ルールがポスターになっているものもあります。細かいので幼児には不向きかもしれませんが、小学生~中学生にはおすすめです。

みいちゃんママの大きなフォニックスルール表


みいちゃんママのフォニックスルール表 はこちら→


☆フォニックスを楽しく覚えるためのDVD

幼児や小学生がフォニックスを覚えるには、楽しいのが一番です。「勉強」という気にさせずにフォニックスを覚えられる、おすすめDVDを紹介します。

幼児英語 DVDでフォニックス4巻セット


「幼児英語 DVDでフォニックス4巻セット」は、歌やチャンツ、振り付けを通して、フォニックスのルールを分かりやすく楽しく解説してくれます。

日本に本格的フォニックス教育を導入した、松香洋子さん監修です。長年の指導実践に基づいて、日本人が効率よく学習できるように作られたフォニックス教材です。フォニックスの全ルールを完全網羅して、これだけ丁寧に子ども向けに説明しているDVDは他にないと思います。安心して取り組むことができる、おすすめDVDです。

DVDでフォニックス4巻セット 松香フォニックス はこちら→

Rock N Learn: Phonics Volume 1


アニメのキャラクターがギターを弾きながらかっこよくフォニックスを教えてくれるDVDです。
幼児っぽさがないので、小学生にもウケが良さそうです。

Rock N Learn サンプル動画

輸入品ですので全部英語です。画像を見てポイントは理解できると思いますが、お子さんに「何て言っているの?」と問われて困りそうかどうかは、サンプル動画で確認してください。

Rock N Learn: Phonics 1 [DVD] はこちら→

リープフロッグ Leap Frog Letter Factory 第1作目


楽しいアニメで歌に合わせてフォニックスを教えてくれるDVDです。

リープフロッグサンプル動画

輸入品ですのですべて英語です。見ている分には楽しいので子どもの喰い付きがよさそうです。ポイントとなる、どの文字がどの音をつくるかを、歌で繰り返し唱えてくれます。けれども、例えば C だったら「クッ」という音を作るのは音声で分かりますが、「”cold” という単語で使われている」という肝心な部分まで理解するには、親御さんの解説が必要だと思います。サンプル動画で確認してください。

リープフロッグ Letter Factory 第1作目 はこちら→


☆フォニックスで読むCDつき英語絵本

アメリカには、フォニックスを使って子どもが単語や文を読めることを目的に創られた、楽しい英語絵本がたくさんあります。Dr.Seuss(ドクター・スース)のシリーズが有名で、我が家も大変お世話になりました。

ドクター・スースの英語絵本は、フォニックスとライミング(ライム・韻を踏むこと)で、子どもが一人で英単語や文章を読めるように、言葉が巧みに選ばれています。ナンセンスな文章も多くあるのですが、それがまた楽しい! しかも絵がユニークで、うちの子ども達は大好きでした。

英語が苦手な親御さんでも利用できるように、ドクター・スース作品の中でもCD付きで市販されている、おすすめ英語絵本を紹介します。

Hop on Pop


フォニックス絵本の最初は、絶対これがおすすめです! 1ページ当たりの語数が少なくシンプルなので、導入としてぴったりです。

フォニックスとライムでどうやって子どもが英語を一人で読めるようになるのでしょう。それを分かっていただくために中身を一部お見せしますね。

Cup on Pup フォニックス

cup, pupなどの3文字単語はフォニックスルールを覚えていくための基本です。初めは親御さんやCDの音声の読み聞かせを通じて、次第に自分自身で発音して、C, U, Pの各文字の音を覚えていきます。
前置詞inやonの意味をイラストで理解できるのもいいですね。

Mouse on House フォニックス

mouse が読めれば、最初の一文字を変えるだけで house も読めます。そうやって子どもは自力で単語の読みを覚えていきます。右ページの House on mouse はナンセンスですね。でもこれが子どもには楽しいのです。

Dad had a bad day フォニックス

sad の最初の文字を変えるだけで、dad, bad, had と、他に3単語も読めてしまいます。これなら子どもがたちまち音読できるようになりそうです。

Hop on Popフォニックス

タイトルのHop on Pop はこのページから来ています。
hop の h を p に変えれば pop が、t に変えれば top が、st に変えれば stop が読めてしまいます。そうやって子どもが単語を読む力は、自然にどんどん広がっていきます。
like to~、must notは中学2年生が習う文法ですが、日常会話では頻出の表現です。絵本を通していろいろな表現に触れられるのも良いですね。

Hop on Pop [CDつき] はこちら→

The Cat in the Hat


ドクター・スースの代表作です。
タイトルを見ただけで、cat と hat が韻を踏んでいること(ライミング)が分かりますね。

Hop on Pop と同様にフォニックスとライミングで子どもが文章を読めるように構成されていますが、1ページ当たりの英文の量がぐんと増えます。読み聞かせをする親にもちょっとエネルギーが必要な1冊です。

The Cat in the Hat [CDつき] はこちら→

Green Eggs and Ham


Sam という名の “Sam-I-am”が、主人公に「緑の卵とハム」という変わった料理をしつこくしつこく勧めて、最後に主人公があきらめて一口食べてみたらおいしかったというお話です。

ham, Sam, am が韻を踏んでいることからも分かるように、やはりライミング満載のリズミカルな文章です。まずは親御さんがページをめくりながら読み聞かせをするか、CDを流してあげてください。繰り返していくうちに、次第にお子さんは一人で音読ができるようになります。

Green Eggs and Ham [CDつき] はこちら→

Fox in Socks


靴下をはいたキツネFox in socksが、Mr.Knoxに早口言葉ゲームを仕掛けるというお話です。ナンセンスだが楽しい言葉の羅列を聞いて、そして声に出して、楽しむ絵本です。

Fox in Socks [CDつき] はこちら→

One Fish Two Fish, Red Fish, Blue Fish


こちらもフォニックスとライミングで沢山の言葉の読み方を覚えるように工夫されています。
数字、色、対になる形容詞(new/old, sad/glad, thin/fat, fast/slow, high/lowなど)も覚えられる、おすすめの英語絵本です。

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish [CDつき] はこちら→

☆フォニックスまとめ

フォニックスのルールを覚えて英語を一人でも読めるようになると、子どもの英語力はぐんとアップします。子ども向けDVDやCDなどで英語を耳にする機会は大切ですが、音と文字をリンクさせることで、語彙や表現がより定着します。

楽しいフォニックスDVDや英語絵本で、お子さんの英語を読む力も伸ばしてあげられるよう、サポートしてみてはいかがでしょうか。フォニックス学習、おすすめします!







posted by 菜の花子 at 19:10| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

【ギガミック・カタミノ】算数が得意な子を育てる遊び方

「カタミノ」ってどんな遊び?

先日某デパートで、フランス・ギガミック社の「カタミノ」というパズルゲームと出会いました。対象年齢は3歳~99歳!



ゲームのデモンストレーションを見たのですが、「カタミノ」はおもしろい!子どもの図形脳を鍛えるのに効果絶大な知育玩具です!!

「カタミノ」には、12個の「ペンタミノ」と呼ばれる木製ピースがあります。「ペンタミノ」はカラフルで形が様々なのですが、実はすべて同じ正方形5個分の大きさです。


「カタミノ」のゲームボードにはスライダー(仕切り棒)がついています。スライダーで区切った範囲内がぴったり埋まるように、「ペンタミノ」ピースの向きや組み合わせを考えて並べます。遊び方がシンプルでわかりやすい!

「ペンタミノ」ピースは、すべて形は違うが面積は同じ。それぞれのピースを見比べて、向きを変えたり、置く場所を変えたりと試行錯誤しながら、うまくはめ込んでいくことを通して、子どもの図形認識力が自然と養われていきます。

ギガミック社「カタミノ」の遊び方動画はこちら


ギガミック社「カタミノ」には問題集がついています。
カタミノ問題集

この問題集には合計500個もの問題が掲載されています。それに対する解答は36,057通りもあるというから遊び方の奥が深いです! つまり簡単なものから始めて、次第に難易度を上げて、子どもから大人まで、長く、幅広く遊べる、図形脳を鍛えるパズルゲームなのです。

幼少時にパズルのような図形遊びをたっぷりした子は、大きくなってから算数や数学が得意になると言われています。

子どもの図形認識力を養うパズルゲームとして、別記事で「ユークリッドパズル」や「タングラム」を紹介しました。

ユークリッドパズル、タングラムについて読む→

「ユークリッドパズル」や「タングラム」も子どもの数学脳を育てる数理パズルとしておススメなのですが、それらと比較した時の「カタミノ」の魅力は、分かりやすさだと思います。

「ユークリッドパズル」や「タングラム」は、与えられた「お題」の形になるように、ピースを組み合わせてシルエットを作ります。それに対し「カタミノ」は、決められた四角い範囲内がピースできっちり埋まることで完成します。最後のピースをカチッと入れて出来上がるという達成感が気持ちいいです。

「カタミノ」の対象年齢は3歳からです。「カタミノ」を使っているご家庭からの口コミを読むと、小さい子がはまってくれて、楽しく、集中して遊んでくれていると、評判がとてもよいです。それは「カタミノ」のわかりやすさ、遊びやすさによるものではないかと、私は想像しています。

「カタミノ」を楽しむための遊び方


「カタミノ」は、子どもも、大人も、ご高齢の方も、誰でも楽しめる、画期的な算数パズルゲームです。お子さんを算数や数学が得意な子に育てたければ、まずは「カタミノ」を気に入ってくれるように工夫しましょう。子どもは、楽しいことには集中してどんどん取り組みますから、その楽しさを体感してもらうことが重要です。楽しく夢中になってくれなければ、カタミノの脳トレ効果が半減してしまいます。

お子さんが「カタミノ」を楽しめるようにするには、初めが肝心です。「カタミノ」で初めて遊ぶ時に、ハードルを下げて、難易度の最も低いものからスタートすることが大切です。

難易度を下げるためには、「カタミノ」のスライダー(仕切り棒)を使います。まずはスライダーをゲームボード「3」の目盛りのところにセットして、最も狭い範囲内に「ペンタミノ」ピースを埋め込むことにチャレンジします。使う「ペンタミノ」ピースは3つだけです。

お子さんにいきなりやってもらうのもよいのですが、親御さんが「どうやるのかな?分からないな~」などと「演技」すれば、「こうすればいいんじゃない?」と得意気にピースを置いて、教えてくれるかもしれませんね!

もしもお子さんが本当に難しそうにしていたら、2つ目までのピースを親御さんが置いて、最後の1ピースだけをお子さんに置いてもらうようにするのがよいです。最後の1ピース分のスペースを埋めるだけならとても分かりやすいので、お子さんが自信をもって完成してくれるはずです。途中まで親がやったとしても、最後のピースを子どもに置かせることで、子どもに達成感が生まれます。自信がつきます。達成感や自信があれば、「もっとやりたい!」という気持ちにつながります。

お子さんが枠内をピースで埋めて完成したら、「すごいね~!できたね~!」と褒めてあげることも忘れずに!


算数脳を鍛えるための「カタミノ」の遊び方

上記のように最初はハードルを下げ、お子さんに成功体験を味わってもらい「カタミノ」を気に入ってもらったら、難易度を少しずつ上げていきましょう。

難易度を上げるには、スライダー(仕切り棒)の位置をずらして、ピースを埋める範囲を広げていくようにします。ただしあくまでも楽しむことが大切ですから、お子さんの様子を見ながら、進めていってください。難易度を上げるとお子さんにとって難しくなりすぎるようであれば、無理にチャレンジする必要はありません。先を急がなくても、すでに出来た問題を繰り返して遊ぶのもよい方法です。繰り返してやっていくうちに、子どもはより速く、より正確に、ピースを置けるようになっていきます。数学脳が鍛えられている証拠です。

お子さんの算数脳を鍛えるために「カタミノ」に継続的に取り組ませる方法として、対戦方式で行うのもオススメです。「カタミノ」は二人で対戦することができるからです。

二人で対戦するためには、スライダーを真ん中にはめ、ボードを均等に分けます。どちらが自分サイドの範囲を速く埋められるかを競争するのです。

「勝負」となると子どもの集中力がアップします。脳がいっそう活性化します。何よりも親子で対戦するのは、親子のコミュニケーションの時間にもなり、楽しいですね。

さて、二人で勝負する場合、本来はスライダーを真ん中に置きますが、親が簡単に勝ってしまっては子どものやる気が失せてしまいます。親が演技してわざと負けてあげることもできますが、子どもが有利になるように、スライダーの位置を子ども側が狭くなるようにセットするのもよいでしょう。「カタミノ」で遊んで子どもの図形認識力が養われていくうちに、自然に親が簡単には勝てなくなる日が来ます


パズルだけでない「カタミノ」の遊び方

本来の図形パズルゲームの他に、「カタミノ」には

積み木としてバランス遊びをする
動物や幾何学的な形を作って遊ぶ
「ジェンガ」のようにして遊ぶ

といった、おまけの遊び方もあります。上のお子さんは本来の図形パズルゲームを、まだ小さい下のお子さんは積み木遊びをするといったこともできますね。

「カタミノ」まとめ

「子どもが将来算数や数学が得意になるかどうかは幼少期で決まる」という意見もあります。遊びを通して子どもの図形認識力を鍛えることができる「カタミノ」は、カラフルで、誕生日やクリスマスプレゼントにも最適です。また子どもの数学脳を育てるだけでなく、大人の脳トレ効果も期待できますね。家族で楽しめる数理パズルゲームの「カタミノ」、おすすめです!

カタミノ 正規輸入品 【送料無料】はこちら→


posted by 菜の花子 at 00:21| Comment(0) | カタチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

【ピタゴラスプレート】算数脳が育つおすすめ知育玩具!

お誕生日やクリスマスに、どうせプレゼントするならお子さんの脳によいものを与えたいですよね。今日おすすめするのは子どもの算数脳・図形脳をぐんぐん育てる「ピタゴラスプレート」という知育玩具です。


☆「ピタゴラスプレート」とは?


ピタゴラスといえば、「三平方の定理」で知られる、誰もが聞いたことのある古代ギリシャの数学者ですね。そんな超有名な数学者の名前がつけられていることからもわかるように、ピタゴラスプレートは、子どもの数学脳を養うのに効果的な、おすすめの知育玩具です。ピープル社の商品です。


ピタゴラスプレートには、裏返しても反発しない特殊な磁石がついています。簡単にピタっと貼りつけることができるおもちゃなので、細かい作業が難しい1歳児でも楽しく遊ぶことができます。


三角形や四角形の大小さまざまなプレートを、貼り合わせたりつなげたりして、思い思いの形を作って遊びます。イメージした作品を作るために、どの大きさや形のプレートを、どういう向きでつなぎ合わせれば良いかと、子どもの脳はフル回転します。子どもの想像力思考力空間認識力が、楽しく遊びながら自然と鍛えられる知育玩具が、ピタゴラスプレートです。


プレート、つまり平面からいろいろ立体を組み立てたり、それを開いてまた別の立体を組み立てたりして遊ぶので、小学校の算数で登場する展開図と立体の学習の準備にもなります。遊びながら算数脳がぐんぐん育ち、図形が得意な子になるスグレモノのおもちゃです。プレゼント用にもおすすめです。


1歳児から遊べるものから、年齢別のもの、男の子用のもの、女の子用のものと、色々なセットが販売されているので、ご紹介します。


「ピタゴラス ひらめきのプレート」

対象年齢:1歳半以上


幼いうちは冷蔵庫に貼ったり床に並べたりという平面的に形を作ることから、次第にプレートを立てて立体を作るようになります。つまり遊びを通して、脳が、平面をとらえることから立体をイメージすることへと成長していきます。


ままごと遊び用の家を作ったり、乗り物を作ったりと、次第に高度な立体を作るようになっていきます。

ピタゴラスひらめきのプレート


「くるまパーツ」まで含む、11種類ものパーツがあるので、思い思いの作品を存分に作ることができます。

全部で64パーツ。作り方例豊富な 「遊び方ガイド」つきです。





「ピタゴラス算数」


対象年齢:3歳以上

3歳児が楽しく図形や算数に親しむことができるセットです。


「ピタゴラス算数」専用パーツとして、三角定規プレートと、「ステップアップ式3D体感ドリルシート」が付属します。

ピタゴラス算数


「3D体感ドリルシート」にプレートを載せて、そのままプレートを立てると立体が作れます。つまり展開図から立体ができる不思議を、遊びを通して体験していくことができます。

全28パーツ





「男の子脳を刺激するピタゴラス」

対象年齢:4歳以上

男の子向けのピタゴラスプレートです。


男の子は高速道路、線路、ロケットなどを作るのが好きですね。そんな時に使える男の子専用パーツ(コの字パーツ2枚、T字バーパーツ2枚)が入っています。透明なパーツと不透明なパーツがミックスされているので、中が見える、よりリアルな作品を作って楽しむことができます。「ピタゴラスひらめきのプレート」と混ぜて遊ぶことができます。

ピタゴラス男の子

全30パーツ

小さい四角18枚(不透明14枚、透明4枚)、おむすび三角6枚、長い四角2枚、コの字パーツ2枚、T字バーパーツ2枚。作り方ヒント掲載の「マスターノート」1冊つき。





「女の子脳を刺激するピタゴラス」


4歳以上の女の子向けピタゴラスプレートです。


女の子が好きな、かわいいお家やお城を作るのに便利な、女の子専用パーツ(階段パーツ2枚、ドアパーツ2枚)が入っています。作ったお家で、ままごと遊びをするのも楽しそうです。
ピタゴラスプレート女の子

小さい四角20枚(不透明12枚、透明8枚)、おむすび三角8枚(不透明4枚、透明4枚)、かいだんパーツ2枚、ドアパーツ2枚の、全32パーツ。作り方ヒント掲載の「パーフェクトブック」1冊つき。





「1・2年生の小学生ピタゴラス」

対象年齢:6歳以上向け

小学1~2年生が図形や立体に親しむのにぴったりのセットです。


「1・2年生の小学生ピタゴラス」の専用パーツとして、学校の「箱」の授業に適した、長方形2種類が入っています。


透けているので構造が一目でわかる、クリアプレートが採用されています。


算数の考え方が身に付くパズル遊びをするための「ピタゴラボード」が付属します。ボードの上に複数のプレートを載せて、2つの形を合成するとどういう形になるか、大きさがどう変わるかなど図形の性質について、遊びを通して学ぶことができます。

ピタゴラス1、2年

全20パーツ。30種類の作品例を掲載した「ピタゴラ図鑑30」つき。





「3・4年生の小学生ピタゴラス」


対象年齢:6歳以上向け

小学3~4年生が、展開図からどう立体ができるのかについて体験を通じて学ぶのにぴったりのセットです。


「3・4年生の小学生ピタゴラス」の専用パーツとして、バランスや動きで遊べる「専用タイヤ」と、学校の「磁力」の授業に合った、「磁石エンジンセット」が付属します。近づいたリ離れたりする「磁石エンジンセット」で、磁石の働きについて体験を通して学習することができます。


透けているので構造が一目でわかる、クリアプレートが採用されています。遊びを通して、展開図から立体を作ることが得意になっていきます。

全22パーツ





「高学年の小学生ピタゴラス」

対象年齢:6歳以上向け

「高学年の小学生ピタゴラス」の専用パーツとして、立体に直接書いたリ消したりすることができる「ピタゴラスペン」と、5年生の「多角形」の学校の授業に適した「多角形用パーツ」が付属します。


学校の教科書に出てくる多角形多面体角柱などの図形や立体がどんどん作れる、上級者向けのセットです。難しい展開図や立体の問題も、「ピタゴラスペン」で直接書き込んで考え、実際に立体を作ったり立体を開いたリして体験することで、自然と空間認識力が養われていきます。

高学年ピタゴラス

透けているので構造が一目でわかる、クリアプレートが採用されています。

全21パーツ





「1歳の知育ピタゴラス」

対象年齢:1歳以上


1歳の幼い子でも扱いやすい立体キューブと平面プレートがミックスされたセットです。キューブにも磁石がついているので、手の力が弱い幼い子でも簡単に扱うことができます。


貼る、はがす、くつける、動かす、積む、振る、並べる、重ねる、崩す、などの手先を使ったひとつひとつの動作が、幼い子の脳を刺激します。


1歳から遊べますが、大きくなったも高度な作品を作って遊べる「長く使えるおもちゃ」ですので無駄がありません。

全20パーツ




「ピタゴラスキューブ これなーんだ?」

対象年齢:1歳半以上


ピタゴラスプレートと同様、特殊な磁石で、どんな向きでも貼りつきますが、プレートではなく、キューブ状になっています。キューブには、貼りつく場所に「ピタマーク」がついているので1歳の子でも分かりやすいです。1歳半の手のひらよりも少し小さいサイズで、幼児が扱いやすく作られています。
ピタゴラスキューブ

全20パーツ




「ピタゴラスキューブすごいのできた!」
対象年齢:1歳半以上

「ピタゴラスキューブこれなーんだ?」と同様のキューブタイプの商品ですが、パーツの数が全42個と、遊びの幅が広がります。




まとめ


小さい時にたっぷりパズルなどの形を把握する遊びしておくと、大きくなってから算数や数学が得意になると言われています。


「ピタゴラスプレート」は、遊びを通して、展開図と立体の関係を体験・習得することができます。子どもの図形や空間認識力を養うのにもってこいの知育玩具です。


将来、お子さんが、図形など算数が得意になってほしいと願う親御さんに、ピタゴラスプレートは超オススメの知育玩具です!。



posted by 菜の花子 at 19:02| Comment(0) | カタチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

スマイルゼミ小学生の評価・評判/チャレンジタッチとの比較

☆英語教育改革にどう対応する?

日本の英語教育が2020年から大きく変わろうとしています。
小学校では、これまで5・6年で行われていた「外国語活動」が3・4年へと前倒しされ、5・6年では英語が「教科化」されます。5・6年生は週3コマも英語の授業を受けることになり、成績という形で評価もつきます。

小学生が学習する英単語数は600~700語もの多さだというから驚きです。現在公立中学校の3年間で習う単語数は約1,200語(数年前までは900語)ですから、小学校で扱う単語数の多さがお分かりになると思います。かなり本格的に英語学習が進められることが予想されます。

私は中学校教員時代、かなり早い段階で英語が分からなくなってしまう、いわゆる「落ちこぼれ」状態になってしまう生徒を大勢見てきました。その中には、小学校時代に英会話スクールなどで英語に接し、英語に苦手意識を持ち、中学入学の最初からすっかり英語嫌いになっている子達もいました。

英語学習は初めが肝心です!最初に英語に触れた時に、「英語は楽しい」「英語が好き」「自分は英語がわかる」とプラスの印象を持ってくれれば、子どもは「まねる」ことが得意ですから、英語をどんどん吸収して、力をつけていってくれます。

そのための教材として、「進研ゼミ」で知られるベネッセの「チャレンジイングリッシュ」を別記事にておすすめしました。

「チャレンジイングリッシュ」について読む→

「チャレンジイングリッシュ」と同様に評判の良い小学生向け教材に、ジャストシステムの「スマイルゼミ」があります。





☆「スマイルゼミ」の特徴は?

チャレンジイングリッシュ」は英語に特化した教材です。同じベネッセより「進研ゼミ・チャレンジタッチ」というタブレットを使った小学生向け通信教材がありますが、こちらは国語、算数、理科、社会(理科、社会は3年生から)がメインです。英語も含まれているものの、1~2年生では年3回、3~4年生では年に6回のみの配信で、おまけ程度と考えた方がよいです。

一方、「スマイルゼミ」小学生コースは、国語、算数、理科、社会の全教科(理科、社会は3年生から)、そして英語を、専用タブレットで学習します。1年生から通常教科と英語の両方が学べるという点でスマイルゼミの評判は高く、「チャレンジタッチ」「チャレンジイングリッシュ」と比較した際の大きな違いとなっています。

スマイルゼミ紹介動画

スマイルゼミのタブレット学習は優れモノです!「イード・アワード2017『通信教育』小学生タブレット顧客満足度No.1」という高評価を得ています。

タブレット学習というと、「小さい頃からインターネット画面で勉強するのはいかがなものか?」「紙媒体の方が良いのではないか?」と抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。実は私もその一人でした。しかしスマイルゼミの機能を調べてみて、気持ちがすっかり変わりました。紙媒体の学習も大切ですが、タブレットだからこそ、次のような体感的な学習が可能になります!

☆タブレットだから、体感的に学習できる!

例えば、紙の教材ではイメージしにくい算数の立体や展開図も、タブレット上の動く説明でしっかり認知することが可能になります。
スマイルゼミ動くから理解が進む.png

小学生がつまずきやすい繰り上がり、繰り下がりの計算なども、スマイルゼミを使えばタブレット上のアニメーションで、視覚的に把握することができます。

さらに紙教材では不可能な理科実験も、タブレットなら指で実際に動かして、体験として理解することができます。
 スマイルゼミ指で触れて体感できる理科実験.png

このようにタブレット学習ならではの魅力を備えた評価の高いスマイルゼミ。「チャレンジタッチ」などの他社と比較して、スマイルゼミはどこが違うのでしょう? スマイルゼミ小学生コースを実際に利用された方々の、スマイルゼミのおすすめポイントを紹介します。

☆スマイルゼミはここが違う!

評価ポイント1
タブレットとペンが使いやすい!

スマイルゼミの専用タブレット&ペンは、「チャレンジタッチ」より断然使いやすいと評判が高いです。スマイルゼミでは、細かい文字もきちんと書ける「高性能デジタイザーペン」が採用されています。書きやすさにこだわった1.7ミリのペン先で、低学年の小学生でも、紙に鉛筆で書くのと同じ感覚で学習できます。ペンの後ろには消しゴムもついていて、タブレットに書いた文字を消すことができます。鉛筆を使っているのとまったく同じ感覚です。

また「チャレンジタッチ」では、ペンを持った手が画面に触れるとそこに反応してしまうので、手を浮かせて書く必要がありますが、スマイルゼミならその心配がありません。専用ペンに、手が画面に触れてもそれを無効にしてくれる「パームリジェクション」という高機能がついているからです。



スマイルゼミは書いて学習することにこだわります。算数の文章題で途中式をメモ書きすることや、漢字の学習で「とめ、はね、はらい」などの細かい点にも注意して練習することができます。しかも文字を雑に書くと専用タブレットが「書き直し!」と指摘してくれます。選択式の解答だけでなく、「書いて答える」ことで学びが定着します。

配信される問題は、1ヶ月で問題集5冊、年間で60冊相当にあたります。これらがすべてタブレットの中にあることになるので、教材の管理に悩ませられることもありません。しかもいつでも過去のものを見て復習することもできます。

評価ポイント2
英語も学習できる!

スマイルゼミでは、国語、算数、理科、社会(理科、社会は3年生から)に加えて、英語講座も標準配信されます。ベネッセを利用する場合、「チャレンジタッチ」の英語だけでは不十分ですから、英語を学習したいなら「チャレンジイングリッシュ」を併用する必要があります。

料金を比較してみましょう。

スマイルゼミ1年生 月額3,218円
チャレンジタッチ1年生 月額2,705円
チャレンジイングリッシュ 月額3,240円
(いずれも12ヶ月分一括払い、税込の場合)

「チャレンジタッチ」と「チャレンジイングリッシュ」の受講費を見ると、スマイルゼミで英語も含めた全教科を学習できるというのは、かなりお得に感じられます。なお、「チャレンジイングリッシュ」の受講費は、「チャレンジタッチ」などを受講している進研ゼミ会員は会員特別価格の2,040円ですから、「チャレンジタッチ」「チャレンジイングリッシュ」の両方を受講する場合は、合計で4,745円になります。それでもスマイルゼミ1つの方がお安いですね。ただしスマイルゼミには専用タブレット代9,980円が別途かかりますが。

さて、スマイルゼミの英語は、「チャレンジイングリッシュ」と同様に、4技能がバランスよくトレーニングできるように構成されています。

まずは「聞く」ことから始めます。ネイティブ発音による英単語や会話文を聞いて、英語の音に慣れていきます。
Screen Shot 2017-11-28 at 9.29.21 PM.png

Screen Shot 2017-11-28 at 9.25.06 PM.png

次に発音を聞いて、真似て声に出してみます。録音した自分の声を聞き、それをお手本と「見比べる」ことができるのが、スマイルゼミならではの機能です。お手本と同じようになるように繰り返し練習することで、英語らしい発音やアクセントを身に付けることができるようになります。
Screen Shot 2017-11-28 at 9.29.43 PM.png

スマイルゼミには英語の読み聞かせもあります。身近な日常会話を聞いたリ音遊びを通じて、文字と音のつながり、つまりフォニックスがインプットされていきます。

フォニックスはとても重要です。我が子の場合、幼いうちからフォニックス英語絵本を読み聞かせすることで、自然に英語が読めるようになっていきました。英語は、読めないと書けません。スマイルゼミでフォニックス学習をすることで、英語が「読める」ことの土台作りができ、それが「書ける」ことへとつながっていきます

さらにスマイルゼミでは、タブレット上の4線に合わせて、英単語や語句を専用ペンで書く練習もします。「チャレンジイングリッシュ」の「書く」練習はタイピング入力です。それと比較して、ノートに練習する感覚でしっかり英語を書くことができるスマイルゼミは、高評価を得ています。
Screen Shot 2017-11-28 at 9.30.39 PM.png

なお、オプションの「英語プレミアム」(月額734円)を選べば、英語の1年間の学習量を2倍以上に増量することができます。英語に力を入れたいとお考えのご家庭には、「英語プレミアム」の利用がおすすめです。

評価ポイント3 
子ども一人でしっかり勉強できる!

タブレット学習なので、問題を解くとその場で自動的に丸付けをしてくれます。またスマイルゼミは丁寧な解説やヒントが評判高いです。そのおかげで間違えた問題をしっかりと理解することができます。
スマイルゼミ自動採点.png

自動採点機能は、単に親の採点する手間を省くだけではありません。「採点待ち」で学習が中断させられることがないのが、タブレット学習の強みです。

また、親が教えると学校の先生と説明の仕方が異なり子どもが混乱してしまったり、うまく説明できなかったり、そもそもその場にいられず教えてあげられなかったりします。しかしスマイルゼミには丁寧な解説がありますから、心配不要です。小学生は「自動丸付け&丁寧な解説」によって自分で学習を進められることで、親に間違いを指摘されて嫌な気持ちになったりストレスを感じたりせずに、気持ちよく、効率よく、勉強に取り組むことができます。

評価ポイント4
反復学習がしやすい!

学習は繰り返して行うことで身に付いていきます。スマイルゼミでは漢字ドリルや計算ドリルが充実しています。「チャレンジタッチ」と比較して、スマイルゼミの方が問題量が多いです。また「チャレンジタッチ」には選択式の問題が多いのでカンでやってもあたってしまうのに対し、スマイルゼミでは書き込み式が多いのが良いと、評判が高いです。ドリルを続けていくうちに、自然と学力が向上していきます。
スマイルゼミ反復ドリル.png

またスマイルゼミにはミニゲームのような問題もあり、覚えた漢字のメダルを集めていくなど、小学生が遊び感覚で楽しく学習に取り組める工夫が満載です。
スマイルゼミミニゲーム.png

なお、スマイルゼミには「標準クラス」と「発展クラス」の2コースがあります。学習量を増やしたい、難易度の高い問題に取り組みたい、中学受験をするかもしれない、とお考えのご家庭は「発展クラス」を選ぶことで、さらに学習量や内容を充実させることが可能です。

評価ポイント5
保護者が学習状況を把握できる!

スマイルゼミには、子どもの学習状況を保護者が把握できる「みまもるネット」と、保護者のスマホと連携して連絡を取り合える「みまもるトーク」があります。これによって、親御さんは職場など離れたところにいても、子どもの取り組みをリアルタイムで把握することができます。

「みまもるトーク」ではLINEのように親子でコミュニケーションをとることができるので、日々子どもに声がけして、褒めてあげることで、子どものやる気がアップすると評判が良いです。

「チャレンジタッチ」でも「おうえんネット」という同様の保護者管理機能があります。しかし両方を利用したことのある方々の口コミによると、「チャレンジタッチ」の「おうえんネット」と比較して、「みまもるネット」「みまもるトーク」の方が使いやすく、学習状況もより細かく把握することができると、スマイルゼミの方が評判が良いです。

評価ポイント6
「お楽しみ」が盛りだくさん!

スマイルゼミでは、小学生が毎日使いたくなるような「お楽しみ」がたくさん盛り込まれています。いろいろなパーツを組み合わせて「マイキャラ」を作ったり、カメラで自分の顔を撮影してデコレーションしたり、自分だけの「スケジュール帳」を作ったりすることができます。

「マイキャラ」は、勉強すればするほどたまる「スター」を使ってカスタマイズできるので、勉強のモチベーションアップに役立ちます。また「マイキャラ」は頑張りに応じてネットワークを通じて他の子の前で表彰されるので、学習を続ける励みにもなります。

勉強した分だけたまる「スター」を使うと、毎月登場するアプリで遊ぶこともできます。楽しいゲームはもちろん、算数ゲームなど頭の体操になるアプリも豊富に用意されています。

評価ポイント7
迷わず勉強を始められる!

スマイルゼミでは、タブレットのスイッチを入れると「きょうのミッション」が表示されます。「きょうのミッション」は、「お子さんの学習状況」と「全国のできる子の学習パターン」という膨大なデータを解析して、たくさんの講座の中から一人ひとりが取り組むべき講座を自動でピックアップしてくれる、スマイルゼミならではのシステムです。

この「きょうのミッション」によって、小学生でも「何からやったらよいか分からない」と迷うことなく、即座に学習に取りかかることができます。

以上、「チャレンジタッチ」などの他の教材と比較した場合の、スマイルゼミならではの評価ポイント7つを紹介しました。

☆スマイルゼミ、ここが残念!

タブレット代が「チャレンジタッチ」では実質無料なのに対し、スマイルゼミでは9,980円かかってしまいます。

また「チャレンジタッチ」はタブレット学習がメインなものの、紙媒体の教材もあり、「赤ペン先生」に解答を添削してもらうことや、全国実力診断テストを受けることもできます。しかしスマイルゼミはタブレット学習のみです。

したがってスマイルゼミを利用するご家庭で紙媒体での学習もさせたい場合は、別途教材を用意する必要があります。なお、紙での学習を追加する場合、個人的には「ブンブンどりむ」の作文通信講座で、すべての学習の基礎である国語力アップを図るのが最もおすすめです!

「ブンブンどりむ」作文通信講座について読む

☆まとめ

小学校で英語学習が本格化していくので、これからの親御さんは、国語、算数、理科、社会に加えて、英語学習についてもしっかりサポートをしていくことが必要になります。その点で、一般教科に合わせて英語も1年生から学習できるスマイルゼミは、利用価値が大きいです。

スマイルゼミは入会キャンペーンをしていたり、兄弟同時入会特典があったり、タブレットの「体験会」に行くとデジタルギフト1,000円分がもらえたりと、色々とお得なことがあります。なかでもすごいのは、入会してみて気に入らなかった場合、「全額返金保証」サービスまであります。

資料請求はこちらから ↓




posted by 菜の花子 at 15:33| Comment(0) | タブレット学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

【幼児通信教育比較】7社中の本当のおすすめ教材はどれ?

Ehon reading girl.jpg

幼児向け教材は次のように色々あって、どれを選んだらよいか迷いますね。

「全家研・幼児ポピー」
「Z会・幼児コース」
「ベネッセ・こどもちゃれんじ」
「小学館・ぷちドラゼミ」
「がんばる舎・幼児すてっぷ」
「七田式・はっぴぃタイム」
「学研ゼミ・幼児キッズクラス」

人気の幼児向け通信教材7社は、結局のところ、どれが一番良いのでしょう?ネット上ではランキング形式でおすすめ教材を教えてくれるサイトが多数ありますが、ランキングにするのは意味がないように私は感じます。なぜなら、どの教材が一番おすすめかというのは、それぞれのご家庭の必要に応じて異なるからです。

そこで、「こういうご家庭にはこの幼児通信教材が一番!」という視点で、7社を比較してみます。

Q:充実していてコスパ最高のおすすめ教材は?
A:「全家研・幼児ポピー」(2~6歳, 月額980円)




幼児ポピーは、まず楽しい!テキストには、子どもが喜ぶ、仕掛け絵本のようなページやシールを貼りながら学習するページが豊富にあります。子どもには「遊び」のように感じられるのに、発達段階に応じたよく練られたカリキュラムのもと、しっかりお勉強をさせてくれます。

メインのテキスト絵本やドリル絵本の他、年4回の季節新聞や特別教材、また保護者向け情報誌などもついて、月額980円というコスパの良さは、数ある幼児通信教材の中でピカイチです!

「『こどもちゃれんじ』のようなオマケはいらない!キャラクターもいらない!他社と比較して安い方がいい!でも中身は楽しく、しっかりしたものが欲しい!」そういう幼児教材をお探しのご家庭に一番おすすめなのが、「幼児ポピー」です! 

幼児ポピー無料お試し教材申込はこちらから
  ↓↓
2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント


「幼児ポピー」についてもっと読むにはこちら

Q:子どもの地頭を良くするためのおすすめ教材は?
A:「Z会・幼児コース」(3歳~6歳, 月額1,841円~)




Z会は、大学受験で東大などの超難関大合格者を多数出している通信添削で知られています。しかしそのイメージで、「Z会幼児コース」は他社と比較して難易度が高いのでは?などと思ってテキストを見るとびっくりします。全く難しくありません。むしろ知識を教えるというよりも、子どもが主体的に「なぜ?」「どうして?」と考えるような、興味、関心を持たせるきっかけが随所に見られる通信教材です。

Z会はこの自ら学ぶ姿勢のことを「あと伸び力」と呼んでいます。幼児期に自ら学ぶ姿勢を身に付けさせることで、その後、真の意味で頑丈な学力が備わっていくことが期待できます。

「Z会幼児コース」は、自分で考える力を持つ、「地頭」の良い子に育ってほしいと願うご家庭に最もおすすめの教材です!

なお、「通信添削のZ会」ですから、幼児コースにも添削があります。  
   
Z会幼児コース無料お試し教材はこちらから
  ↓↓
Z会 幼児コース


「Z会幼児コース」についてもっと読むにはこちら

Q:知育玩具がついてくるおすすめ教材は?
A:「こどもちゃれんじ」(0~6歳, 月額1,697円~)




「しまじろう」のキャラクターで有名なベネッセの「こどもちゃれんじ」。他社と比較しての最大の特徴は、エデュトイと呼ばれる、プロが厳選した付録おもちゃが毎月ついてくることです。ヤフーオークションでは「こどもちゃれんじ」のエデュトイが多数売買されています。エデュトイはそれだけ評判がよいということなのでしょう。

また、他の幼児通信教材と比較しての「こどもちゃれんじ」の魅力は、0歳から始められること。また、映像教材(DVD)を使って、英語の学習もできるということです。

「知育玩具がついてくるのがいい!」「0歳から始めたい!」「英語もやりたい!」「しまじろうなら子どもが喜びそう!」とお考えのご家庭に一番おすすめなのが、「こどもちゃれんじ」です!

「こどもちゃれんじ」無料お試し教材はこちらから⇒

「こどもちゃれんじ」についてもっと読むにはこちら

Q:学習習慣をつけるためのおすすめ教材は?
A:「小学館・ぷちドラゼミ」(3~6歳, 月額1,998円~)

ドラゼミ

どの幼児用通信教材も学習習慣をつけることにつながりますが、他社と比較して「ぷちドラゼミ」は使いやすさが魅力です。というのは、年少、年中、年長の3コースとも、「1日2ページ」取り組むように構成されているからです。毎日決まった量を継続して学習することで、「学習習慣」が自然に確立されるようになります。

「ドラえもんと一緒に勉強する」というキャラクターの魅力も、学習習慣をつけることに役立ちそうです。

なお、「こどもちゃれんじ」は付録の知育玩具が特徴的ですが、「ぷちドラゼミ」にも年に数回特別教材がつきます。この特別教材が教育効果の高い、なかなかの優れモノです。また年中・年長コースには年2回ですが、「Z会幼児コース」のように「添削テスト」もあります。

「学習習慣を付させたい!」「ドラえもんをきっかけに勉強してくれそう!」「付録おもちゃも欲しい!」というご家庭に一番おすすめなのが、「ぷちドラゼミ」です! 

ドラゼミ無料お試し教材はこちらから
  ↓↓
無料サンプルプレゼント中! 小学館【ドラゼミ】

「小学館・ぷちドラゼミ」についてもっと読むにはこちら

Q:我が子に最適のコースが選べるおすすめ教材は?
A:「がんばる舎(2~6歳, 月額680円)



「がんばる舎・幼児すてっぷ」は、そのシンプルさと安さばかりが注目されがちです。しかし私のおすすめポイントは、他の幼児向け通信教材と比較して、コースが断然多いことです。

「Z会幼児コース」「ぷちドラゼミ」は年少・年中・年長の3コース。「ポピー」は2~3歳・年少・年中・年長の4コース。それに対して「がんばる舎・すてっぷ」は「すてっぷ1」~「すてっぷ7」まで、7コースもあるのです。他の幼児通信教材を利用する場合、もし内容が簡単すぎたら年齢よりも上のコースを受講することは可能です。しかしそうすると、最終コースまで受講し終えたら、受講するものがない「空白の期間」が生じてしまいます。しかし「がんばる舎・幼児すてっぷ」なら小学1~2年生まで対応しています。つまり、先取りして小学校内容まで学習できるのが魅力です。

また、「まとめ出し」システム(12ヶ月分の一括購入)を利用して、多くやって、どんどん先に進むことも可能です。たとえば小学校入学準備に合わせて、多めに学習するなど融通が利くのが、他社にはないうれしい点です。

今なら初月無料でお試しできます! 1ヵ月分まるまる無料で勉強できるので、試してみるのが一番だと思います。

「我が子のレベルにぴったりの内容を学習させたい!」「我が子のペースで学習させたい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、「がんばる舎・幼児すてっぷ」です!  
   
月額680円・初月無料のがんばる舎はこちら⇒

「がんばる舎・幼児すてっぷ」についてもっと読むにはこちら

Q:天才児を育てるためのおすすめ教材は?
A:「七田式・はっぴぃタイム」(2~6歳, 月額3,900円)




「七田(しちだ)式・はっぴぃタイム」は他社と比較して大変特色の強い幼児用通信教材です。「右脳教育」の理念に基づき、DVDで様々な分野の知識を高速フラッシュでインプットしていきます。

「七田式・はっぴぃタイム」を実践した家庭からは、

・1歳3ヶ月でひらがなすべてを読む。

・3歳で演習率を100ケタ暗記。

・3歳で漢字まじりの本をスラスラ読む。

・ピアノを習っていないのに、6歳で耳にした曲を演奏できる。

・6歳で世界の国旗や歴史上の人物を暗記。

・芸術や音楽の全国コンクールで優勝するなど、芸術面でも活躍する子が育つ。

などなど、天才児(?)に育った報告が多数寄せられています。

「右脳教育を実践したい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、「七田式・はっぴぃタイム」です!  
   
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら


「七田式・はっぴぃタイム」についてもっと読むにはこちら

Q:学習に興味を持ってくれない子どもにおすすめの教材は?
A:「学研ゼミ・キッズクラス」(3~5歳, 月額500円)




「学研ゼミ・キッズクラス」は紙のドリルではなく、タブレットやPCで学習する、幼児向けオンライン教材です。

ひらがなや数を教えたいが、ドリルなどに興味を示してくれないお子さんもいることでしょう。そういうお子さんの中には、タブレットやパソコンなら面白そうだと喰いついてくれる子も多いはず。お子さんがタブレットなどでゲームをしていたら、「こっちで遊んでみようか」とさっと「学研ゼミ・キッズクラス」に切り替えてしまえば、遊び感覚で、楽しく文字や数字に触れてくれる可能性が大いにあります。

「学研ゼミ・キッズクラス」をやることで、「勉強は楽しい!」「自分にもできた!」とお子さんが思ってくれたら作戦は大成功です。まずはお子さんに学ぶことの楽しさと達成感を味わってもらいましょう!

「学研ゼミ・キッズクラス」は初月無料! 申込時にクレジットカード情報を登録しない方法を選べば、1ヵ月試してみて、もし気に入らなければ放っておくだけで大丈夫です。自動解約されるので、一切料金はかからないという安心システムです。

「なんとか我が子に文字や数字に興味をもってもらいたい!」とお考えのご家庭におすすめなのが、「学研ゼミ・キッズクラス」です! 

学研ゼミ公式サイトはこちら
  ↓↓
月額500円からのデシタル学習サービス【学研ゼミ】


「学研ゼミ・キッズクラス」についてもっと読むにはこちら

以上、7社の幼児用通信教材を比較して、どういう場合にはどの教材が良いか、お勧めしてみました。判断の決め手は、無料お試し教材でお子さんの反応を見ることでしょうね。お子さんが楽しく学習ができるために、参考にしていただけたら嬉しいです。



posted by 菜の花子 at 02:00| Comment(0) | 幼児通信教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする