2018年09月13日

RISU算数(リス)は評判良いが料金が心配?検証した体験を口コミ!

RISUタブレット

RISU算数の評判がすごいことになっている!

最近メディアでよく見かける「RISU (リス) 算数」。RISU算数は、小学生向けの、算数に特化したオンライン学習教材です。RISUの専用タブレットを使用して、「無学年制」で学習します。つまり、小学生が自分のペースで、算数をゆっくりじっくり復習することも、どんどん先取り学習することも可能です。

RISUの公式ブログによれば、1日たった8分間、RISU算数で学習した小学3年生の男の子が、四谷大塚の模試で全国1位になったそうです!その他にも、RISU算数で先取り学習をした結果、自分より上の学年向けの算数検定に合格する子達が多数いるそう!


ネット上の、RISU算数を実際に体験した家庭からの口コミを読んでも、「自分だけのタブレットを持てて、子どもが喜ぶ」「紙のドリルと違って、楽しく学習できる」「苦手だった算数が得意になった」など、評判がとても良いです。

どうしてRISU算数はそんなに評判が良いのか?そもそも本当に優れた教材なのか??……ここは賢い子を育てるためのブログを書いている私としては、調べないわけにはいきません!というわけで、RISU算数の中身を検証するために、専用タブレットを取り寄せて、小学生になったつもりでお試し体験をしてみました!


なお、幼児対象の「RISUきっず」もあります。

RISU算数の進め方

★まず実力テスト

RISU算数は、専用タブレット(無料)を使います。こんな感じでスタートします。

RISU スタート画面.JPG

最初に「実力テスト」を受けます。これはとっても大切です!RISU算数には、94ステージ、10,000以上もの問題があります。実力テストの結果によって、どのステージから学習を始めるかが決まります。もうわかっている内容に無駄な時間を割くことなく、わからないことを飛ばすことなく、自分に合った内容で、小学生が効率的に学習を進めることができるように設計されているのです。

ちなみに私は自分が小1のつもりになって、小学生の最初のつまずきポイントだとされる、「くり上がりのある足し算」の問題をわざと間違えてみました。RISUが、苦手克服のためにどんなサポートをしてくれるのか、検証したかったからです。

実力テストが終わると、こんな判定が出ました。スキップできるステージが表示されます。

RISU ステージスキップ.png

ここで1つ注意です。実力テストはやり直しがききません!うっかり入力ミスなどしてしまうと、本来ならスキップできるステージを、やるはめになる可能性があります。

後述しますが、RISU算数の料金は学習進度が関係してきます。スキップできるはずの簡単すぎるステージから始めると、ステージをどんどんクリアして、料金が余分にかかってしまうかもしれません。ですので、実力テストを行う時は操作ミスがないように、特に低学年のお子さんの場合は、親御さんがよく見てあげることをおすすめします。

★ステージごとのクリアを目指す

RISU算数は、ステージをクリアしながら進んでいきます。自分がどのステージにいるのか、一目でわかるようになっています。私のステージ図は最初はこんな感じでした。「テストでクリアずみ!ここはもうとけるので、おさずに先にすすもう!」と実力テスト結果が反映されています。

RISU ステージ表.JPG

このステージ画面は、下や右に動かすと、さらに大きいすごろくのようになっています。小学生が、ゲーム感覚でゴール目指してステージをクリアしたくなるように、デザインされているのです。小学生は、自分がその都度、何年生の内容を学習しているのか、わかりません。知らず知らずのうちに、高度なことを先取りで学んでいって、いつの間にかすっかり賢くなってしまうと、評判高いです!

RISU算数の評判はなぜ良い?

それでは、実際にステージをクリアしつつRISUの問題を解くことでわかった、RISU算数の評判が良い理由を口コミしますね。

★スモールステップで進む!

RISU算数は、小学生が分かりやすいように、簡単なイラスト付きの問題から始まり、それをもとに思考をさせ、さらに練習問題でしっかり身に付くように、スモールステップで学習を進めてくれます。

例えば、小学1年生に必須の、数の合成・分解の問題を見てみましょう。

RISU 数の合成イラスト.JPG

最初のうちは、色鉛筆やおはじきの数を数えさえれば、答えを出すことができる簡単な問題です。

しかし次第に、思考を要する問題へとレベルアップします。

RISU 数の合成推測.JPG

上の問題では、箱の中に隠れているボールの数がいくつなのか、見えないものを自分で考えなくてはなりません。

そしてさらに、数字だけの抽象的な問題へと難易度が上がっていきます。

RISU 数の合成数字のみ.JPG

10までの数の合成・分解は、足し算・引き算の重要な土台ですから、小学1年生は習熟する必要があります。でも心配はいりません。RISU算数では、小学生が飽きないように、忘れないように、形をかえ、タイミングをかえて、繰り返し問題を出題して、トレーニングしてくれます。

★新しい内容の導入がうまい!

大人には当たり前のことでも、小学生には難しいことがたくさんあります。例えば「0」(ゼロ)の扱い。何となくやり過ごしてしまいがちなポイントですが、RISU算数では丁寧に教えてくれます。

まずイラストで視覚的に示してくれます。

ゼロの意味の導入
RISU ゼロの導入.JPG

【~-0】の導入
RISU -ゼロイラスト導入.JPG

最初は上のようにイラストだったものが、さらに進むと、自然に数式や文章題へとレベルアップしていきます。

【~+0】の計算練習
RISU ゼロ+足し算.JPG

文章題で「すべてなくなるのがゼロ」の理解
RISU 0のある計算.JPG

上記はほんの一例です。様々なポイントにおいて、イラストを用いて身近な事柄からスタートし、自然と、抽象的・数学的レベルへと移行していきます。小学生が、視覚的にも理論的にもしっかり理解できるように工夫されているところが、RISU算数の評判が良い理由の1つだろうと思いました。

★解説アニメーションが良い!

新しい単元を学習する際は、小学生は解説動画(アニメーション)を見ることができます。イラストが動いて視覚的に示してくれるというのは、紙の教材では不可能な、タブレット学習の強みですね。

例えば、小学1年生の最初の難関とされる「くり上がりのある足し算」の解説アニメーション。(実際は動画ですが、画像としてしか掲載できなくてごめんなさい!)小学生は自分が完全に理解できるまで、何度でもアニメーションを再生することができます。

RISU 繰り上がり動画.JPG

この解説動画は、親の助けにもなるのでおすすめです!小学生の算数学習には、時には親御さんによるサポートが必要になることもあるでしょう。けれども子どもが分かるようにうまく説明してあげるのは、結構難しかったりするんですよね。そこで役立つのがこの動画です。親御さんは解説動画を見ることで、どうやって子ども目線で教えたらよいか、知ることができます。

★復習のやり忘れがない!

RISUのサイトによると、「RISU算数では『2つの復習』で学習を定着させる」とあります。


「本当に自分に合った復習問題がタブレットに自動配信されるの??」と疑い深い私は、わざと、くり上がりの足し算、引き算の問題を何度か間違えてみました。その結果は……??

はい!確かに復習問題が配信されて、私は何度もくり上がり、くり下がりの問題を解くはめになりました(笑)

さらに、「こういう問題、前にも出てきたなあ……」という具合で、忘れた頃に、しっかり既習事項の復習問題が配信されます。

学校の授業は、できない子がいても先へ進んでしまいます。しかしRISU算数では、各個人に合わせて、できなかったところを繰り返し演習させてくれたり、忘れないように復習させてくれたりします。こういうところにも、RISU算数の評判が良い理由があるようです。

紙のドリルで、親が同じことを子どもにさせようとしたら大変な労力です!子どもがいつ、どんな問題を間違えたかを記録し、何を忘れていそうかを配慮して、タイミングよく類似問題をやらせる………。これはたいていの親御さんにとって、かなりしんどいはず。

RISU算数なら、各個人の学習記録がタブレットからサーバーへ送られ、データがAI分析されます。RISU算数にまかせておけば復習をしそびれることがないというのは、嬉しいです!

★文章題が豊富!

RISU算数では、イラスト中心の問題、計算問題、文章題などが、代わる代わる出題されるので、小学生が飽きにくいのも評判を良くしている理由の1つです。なかでも特徴的なのが文章題の豊富さ!RISU算数の教材1学年分には、なんと、国語の教科書1年分の文章量が入っているのだそうです。

私は、元中学校教員です。数多くの中学生を見てきましたが、低学力の子にありがちな傾向は、「文章を読むのが嫌い」ということです。勉強が苦手な子は、教科書でも配布物でも板書でも、文を読むのを嫌がります。また文を読むことを避けるので、学力がますます伸び悩んでしまうという悪循環に陥ります。

2020年の教育改革で、大学入試のセンター試験が廃止され、代わりに「思考力・判断力・表現力」を評価する新テストの導入が決まっています。小中高でも「アクティブ・ラーニング」が取り入れられていくそうです。これからの子ども達は、「文章を読むのが嫌い」などと言ってはいられません。今まで以上に、読解力、思考力、判断力などが求められていきます。

そのような流れを考えると、RISU算数に文章題が豊富にあることは、価値が非常に大きいです。小学生はRISU算数の問題を解きながら、様々な文章に触れて、思考していくことになります。

例えば次のような、小学1年生レベルの引き算の文章題を見て下さい。

RISU 引き算文章題.JPG

1:いぬが6ひきいます。ねこは3びきいます。ねこはいぬより なんびきすくないですか。

2:バスにおきゃくさんが8にんのっていました。えきまえで3にんおりました。バスには なんにん のこっていますか。

3:7より3ちいさいかずは なんですか。

4:おにいさんのたくみくんは5さいです。いもうとのななえさんは2さいです。ふたりのねんれいは なんさいはなれているでしょうか。

全部同じような感じがしますが、実は種類が異なっています。1と4は、2つの数の違いを求める問題で、「求差」というそうです。2は「求残」と呼ばれる、残りを求めるもの。3は「求小」と呼ばれる、元になる量より小さい量を求める問題です。

引き算の中でも1のような「求差」の問題は、小学1年生にとって特に難しいそうです。なぜ引き算を使うのか、なぜ犬からネコを引くことができるのか、わからない子も多いと聞いたことがあります。思考力を要する問題です。

小学生はRISU算数の豊富な文章題を通して、思考力、読解力が養われていくことでしょう。こういうところにも、RISU算数の評判が良い理由があると思います。


★問題にヒントがついている!

RISUの問題には、ヒントつきのものが多くあります。必要に応じてヒントを開くことで、小学生が一人で問題を解き進めることができます。

例えばこちらの図形の問題。

RISU 立方体問題.JPG
1:くみたてたとき、アの面とむかいあう面はどれですか。

2:くみたてたとき、イのちょう点とかさなるちょう点はどれですか。
分からないと感じたら、小学生は次のようにヒントを開いて、見ることができます。

RISU 立方体ヒント.png

壁にぶつかった時にヒントを利用することで、小学生がストレスなく学習を進めることができます。

★検証結果!

私は最初の実力テストやその後の問題で、わざと色々と間違えて、RISUがどう対応してくれるか検証しつつ取り組んだわけですが、RISUには苦手を克服させ、力を伸ばしてくれる仕掛けが随所にあることがわかりました。RISU算数は評判通り、良いです!おすすめします!

RISU算数は続けやすい!

さて、RISUの中身がどんなに良くても、子どもが学習を継続してくれなければ意味がありません。そこで次に、学習へのモチベーションを維持させてくれる、RISU算数の仕組みを口コミしますね。

★満点の達成感とスペシャルかぎ

RISU算数では、問題を解く度に自動採点され、時々「スペシャルかぎ」がもらえます。効果音と共に、何の前触れもなく突然カギが現れるので、テンションが上がります!

RISU スペシャルかぎ.JPG

このスペシャルかぎを集めると、パズル的なお楽しみ問題にチャレンジすることができます。例えばこんな感じ。

RISU パズル.JPG

このようなスペシャル問題は、中学受験の過去問からとられたものもあります。利用しているご家庭からの口コミによれば、クイズ好きな子ども達にとても好評のようです。思考力や発想力を鍛えてくれると、評判が高いです。

★答え合わせミスを捜す

問題を解き「100点」と表示されたのに、実は「こたえあわせミス」があったと、突然知らされることもあります。急に来るのでびっくりしますが、またまたテンションが上がります。間違い探しはゲームのようなものですから!指令を受けて「こたえあわせミス」を捜すのですが、それによって、もう一度問題を解くことになるのですよね。RISU算数は、うまく作られています!

RISU 答え合わせミス.JPG

指令通り「こたえあわせミス」を捜して正しい答えに直すと、今度こそ100点になり、「おみごと!」とほめてもらえます。

RISU 答え合わせミスクリア.JPG

★プレゼントがもらえる

問題を解いたり、RISUにログインしたりする度にポイントがもらえます。そしてそのポイントを貯めて、プレゼントと交換することができます。
RISUきっずプレゼント

私はポイントを貯めて、スペシャルかぎ10個セットをゲットしました!そしてそのカギで、パズルや暗号のようなスペシャル問題を解いて楽しみました。RISU算数を利用しているご家庭からの口コミを読むと、子ども達には、このスペシャルかぎのプレゼントがとても人気なようです。

RISU プレゼントで鍵ゲット.JPG

★トップ大学生からの動画メッセージ

各個人の学習記録はRISU本部へ自動送信され、つまづきが検知されます。そしてチューター(東大や早稲田大学の学生)から、学習状況に応じた解説動画が、タブレットに届きます。(同時に保護者宛てにメールも届きます。)

RISUを利用している家庭からの口コミによると、自分専用のタブレットにお兄さん・お姉さん先生からの動画が届くというのは、小学生には特別なことで、評判が良いようです。


他社タブレット学習との違い

★算数先取り学習のメリット

これまでの話で、RISU算数の評判の良さはわかったとしましょう。しかし他にもタブレット学習を提供している会社はあります。他社と比較した際の、RISU算数の決定的な違いは何でしょうか?

まずは、RISUは算数に特化しているということ。そして、他社では配信内容が学年に応じて定まっているのに対し、RISUでは、自分のペースでいくらでも先へ進むことができるということです。その結果、受講者の約75%が、自分よりも上の学年内容を先取り学習しているそうです。

「算数ばかりそんなに頑張ることに意味があるの?」と思う親御さんもいることでしょう。確かに他教科も大切です。けれども算数が得意であるかどうかによって、子どもの将来が大きく変わることをご存知ですか?

算数は、積み重ねて身に付けていく教科です。一度苦手になってしまうと、どんどんわからなくなってしまいます。

私が中学校教員をしていた時のことです。小学校内容があやしいままで中学生になった生徒が多数いて、全く授業についてこれないと、同僚の数学科教員がしょっちゅう嘆いていました。中学生になってから頑張っても間に合わないのが、算数・数学です。

さらに言えば、数学が苦手だと、大学受験では国公立進学への道が閉ざされてしまいます。国公立大学受験のためには、一般的に、文系でもセンタ―試験(2020年からは「大学入学共通テスト」)で数学が必要になるからです。国公立大学合格のために、理系の人が国語や社会で点を稼ぐことはそう難しくはないですが、数学が苦手な文系の人が数学で得点するのは至難のわざです。数学は、できない人にとっては、とにかくできない教科だからです。数学のせいで多くの文系受験生が、国公立大学受験をあきらめます。

我が子は数学が小さい時から得意で、理系の超難関などと言われる国立の東工大に進学しましたが、大学内には数学大好きな天才肌の学生がたくさんいるそうです。数学が得意であるかどうかで、将来進む道が大きく変わっていくのです。

「小学生が最も苦手だと感じる教科は算数」という調査結果があります。RISUで苦手を取り除き、早い段階から周囲より秀でることは、子どもの将来に大きなメリットをもたらします。

★中学受験への備え

RISUでは他社サービスと異なり、大幅な先取り学習ができます。そのため、利用しているご家庭からの口コミによると、中学受験の準備として使うのにも最適だと、評判高いです。

たとえばRISU算数なら、中学受験に向けた通塾が始まる4年生になるまで、あるいは受験勉強が本格化する5年生になるまでに、6年生までの全内容を先取り学習することが可能です。RISU算数の公式サイトによれば、RISU利用者の平均的な学習スピードは、学校の進度の1.7倍だそう。そのスピードで進めていけば、確かに中学受験の準備が十分できますね。

またRISU算数には、「受験基礎コース」もあります!小学6年生までのステージを終えたら、「植木算」「流水算」など入試頻出の応用問題を学習できるようになっています。先へ進むだけでなく、応用テクニックまで学べるのが、RISU算数の強みです。

RISU算数の料金

残念ながらRISU算数の評判の中には、気になるものもあります。それは「料金が心配」ということです。

RISU算数では、1年分の基本料金29,760円 (月あたり2,480円)を、最初に一括で支払います。それに加えて学習進度が早い場合は、月ごとに追加料金が発生します。追加料金は、月平均のクリアステージ数で決まります。つまり、ステージをどんどんクリアすると、料金がそれだけ高くなるのです。

たとえば、利用者の平均速度である1.7~2ステージを毎月クリアしたとすると、追加料金は1ヶ月2,980円です。月あたり基本料金2,480円と合わせて、5,460円かかります。

どうでしょうか?RISU算数の料金は高いですか?

学習進度が速ければ利用期間が短くなるので、ゆっくり、長い期間をかけて学習した場合と、総額は変わらないという考え方もできます。

ちなみに追加料金には上限があります。どんなにクリアするステージ数が増えても、追加料金は8,980円までとなっています。これは嬉しいですね。

RISUの料金をどうとらえるか、ご家庭によって分かれるところでしょう。1ヶ月でクリアするステージが1未満の場合、追加料金は発生しません。だからといって「そんなに勉強しなくていいよ~」と、子どものやる気をそぐのもいかがなものか……。

私だったら、子どもが意欲的にどんどん学習して算数が得意になるのだったら、投資を惜しまないかな……と思います。早いうちから算数の力を伸ばしてあげることは、先に述べたとおり、子どもの将来のために、とても、と~~~っても、重要だからです!

1週間お試し体験ができます!

RISU算数では、前述の通り、1年分の料金を最初に一括払いします。そのため、申込を躊躇する人もいるかもしれませんね。どんなに評判が良くても、お子さんが気に入ってくれなければ学習はうまくいきませんから、心配ですよね。

そこでRISUは、今なら人数限定の「お試しキャンペーン」を実施しています。年額一括払いをする前に、1週間じっくり試した上で、本申込をするかどうかを決めることができます。お試し体験でお子さんの反応を確かめてみてください!

試してみて、もし希望しない場合は、タブレット送料&保険料として1,980円がかかってしまいますが、そのまま利用を続ける場合は、お試し期間中の料金は発生しません。

キャンペーン利用の場合は、申込フォームに、クーポンコードnhc07aをご記入ください。クーポンコードの入力がない場合は、1週間お試しキャンペーンの対象外となってしまいますので、ご注意ください!










タグ:タブレット
posted by 菜の花子 at 23:44| Comment(0) | タブレット学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

RISUきっず幼児タブレット学習は評判通りおすすめ?体験を口コミ!

numbers-1336519_1280.jpg

幼児に算数の学習は必要?

小学校入学前に、ひらがなの読み書きくらいはできるようにと準備される親御さんは多いことと思います。一方、数や算数はどうでしょうか?入学前にどのくらい分かっていれば、お子さんは自信をもって小学生活を送れるのでしょう?

小学1年生が最も苦手だと感じる教科は算数」という調査結果があるそうです。小1の秋には「繰り上がりのある足し算、引き算」が登場しますが、そこで多くの小学生が早くもつまずいてしまいます。算数の学習は、大人が思うよりも、子どもにとって非常に厄介なのです。

したがって、子どもが小学校でつまずかないために、算数が得意になるように、入学前から基礎を養ってあげることがとても重要です。

どうやって算数を教える?

幼児のうちに算数の基礎を教えてあげることが、入学後の子どもの学習に良い影響をもたらします。しかし算数はひらがななどと違って、教えるのが意外と難しいんですよね。「文字」や「言葉」だったら、絵本の読み聞かせや生活の中のコミュニケーションで、親は子どもに働きかけることができます。しかし算数となると、何か特別なツールが欲しいところです。そこで、そんなツールの1つとしておすすめしたいのが、「RISU (リス) きっず」というタブレット学習です。

メディアでも多く取り上げられている「RISUきっず」は、年中~年長児を対象にした、算数に特化したオンライン教材です。小学校1年前半内容までの学習ができます。小学校入学準備にぴったりだと、とても評判が良いようです。


※小学生対象の「RISU算数」もあります。

タブレット学習の影響は?

幼いうちからタブレットで学習するというのは、子どもに悪影響があるのではないかと、抵抗を感じる人もいるかもしれませんね。

以前、幼児がタブレットを使うことについて、知人の小学校教員に相談したことがあります。彼女曰く、「今どきタブレットを使えないのも、小学校に入ってから困るようになるのよ」とのこと!なるほど、教育現場では1人1台のタブレットというのが普及しつつありますものね。使い過ぎて目が悪くならないようにするなど、悪影響に注意する必要はありますが、学習に効果的な面は存分に活かして、賢く利用していくのがおすすめなようです。

幼児向けタブレット学習には、次のようなメリットがあります!
視覚的に情報が入ってくるので、分かりやすい。
音声もついている。
ゲーム感覚で楽しく学習できる。
親がマルつけをしなくてもよい。
紙(プリントなど)がたまらない。
教材をその都度用意する必要がない。

「RISUきっず」はなぜ評判が良い? 

タブレット学習のメリットはわかったとして、「RISUきっず」は他社のタブレット学習サービスと比較して、おすすめなのでしょうか?評判が良いようですが、その理由はどこにあるのでしょうか?

RISUきっずの最大の特徴は、算数に特化しているということです。算数専門なのだから、その分しっかりした内容でないと、納得できませんよね。「子どもが楽しく勉強できる」ことは一番大切ですが、それだけでは、私だったら満足できないかも??……と、我が子を数学得意な難関理系大学生に育てた私が、厳しい目でRISUきっずをお試し体験してみました!体験結果を口コミしますね!


RISUきっずのタブレットは、届いたらwifi設定をするだけで、すぐに使い始めることができます。

IMG_0659 (2).JPG

ちなみにRISUのタブレットは、RISUのサービス以外には使うことができません。ですのでお子さんが学習に関係のないサイトを見ることはありません。また目に悪影響がないように、ブルーライトを軽減した配色になっています。

RISUきっずの幼児タブレット学習は、次の12のステージで構成されています。

1.数1(1~15の数え方と並び)
2.数2(30までの数え方と並び)
3.数3(50までの数え方と並び)
4.足し算1(+1~3の足し算)
5.足し算2(+5まで/2桁+2までの足し算)
6.引き算1(-1~3の引き算)
7.引き算2(-4まで/2桁ー2までの引き算)
8.大小比較(2種類が混在するイラストの比較)
9.様々な比較(大きさ、長さ、量、形などの比較)
10. 時計(アナログ・デジタル時計の読み方)
11. 仲間分け(同じ種類のイラストの判別)
12. 最終テスト(総復習)

各ステージに25のシートがあります。問題数は合計で約800問です。これらすべての問題を、自分で実際に解いて検証してみました!ちょっとした脳トレになりました(笑)
スタート画面はこんな感じ。

IMG_0661 (2).JPG

実際に全問題を解いた体験を通して、なぜRISUきっずの評判が良いのかが、よ~くわかりました。体験を通して知った、RISUきっずのおすすめポイントを口コミしますね。

RISUきっずタブレット学習おすすめポイント!

★スモールステップ学習

RISUきっずの各ステージは、実に巧みに構成されています。幼児が自信をもって解ける簡単な問題から始めて、少しずつレベルアップしていくように細かく配慮されています。子どもは「できる」から「楽しい!」と感じて、「もっとやりたい!」と意欲的になるはずです。

例えばステージ1の初めの方には、こういうシンプルな問題が登場します。イチゴの数を数えなくても、一目で答える幼児が多いことでしょう。これなら簡単ですね。

IMG_0669 (2).JPG

しかし問題が進むにつれ、次第に数が多くなっていきます。1、2、3……とタッチペンで指しながら、数を数える練習をすることになります。

ちなみに下の問題では、傘なら「~本」、鳥なら「~羽」と、数える時の言い方が異なることなども親子で話題にできそうです。学習が単に算数のみに留まっていないことも、RISUきっずのおすすめポイントです。

IMG_0674 (2).JPG

さらに問題を進めると、数える数はより大きくなります。ステージ2の次の問題では、ひよこがきれいに並んでいます。「5、10、15……」と「5飛び」の数え方を練習することができる良問です。また、子どもは「あと〇わ増えたら(減ったら)〇わになる」などと2つの絵を見比べながら視覚的にとらえることができます。これは、足し算、引き算への準備につながっていきます。このような5飛びで数えることができるカラフルな絵の問題が、他にも続きます。

IMG_0688 (2).JPG

さらに先に行くと、次は「10の固まり」を視覚的にとらえることができる問題が続きます。物を10ずつまとめて考えるのは10進法の基本ですから、非常に大切です。本質につながる重要なことが出題され、幼児の思考を刺激してくれるところが、RISUきっずの評判を良くしている理由の1つだと思います。

RISUきっず10の固まり

★思考力を養う良問

簡単な問題から始めて、幼児の思考力をうまく鍛えてくれる問題が多数あるのも、RISUきっずのおすすめポイントです。

たとえば引き算の問題です。初めは無くなったもののシルエットが残っている、次のようなイラストで、簡単に引き算をすることができます。

RISUきっず引き算

しかし問題を解き進めていくと、次は自分で差がいくつになるのか、思考しなくてはなりません。たとえば次の問題を見てください。ネコたちの後ろにあるナシを数えて、白ネコが持っている4をとったら残りはいくつになるのか、考えることが求められます。数の合成、分解(足し算、引き算)に、頭をひねりながら、慣れ親しんでいくことができます。

RISUきっず算数応用


★小学校算数への入り口

非常に簡単な問題からスタートし、自然に小学校レベルまで引き上げてくれるのも、RISUきっずをおすすめする理由の1つです。

例えば次の問題。最初はイラストの鉛筆を数えるだけで、答えになります。

RISUきっず足し算導入

しかし問題が進むにつれ、自然な形で、次のように「〇+△=?」という数式が導入されます。幼児が無理なく、レベルアップすることができます。

RISUきっず足し算数式

ちなみにRISUきっずタブレット学習では、足し算の練習は、「〇+1」、次に「〇+2」という具合に、小さい数を加えることからスタートします。例えば次のような問題です。あまり知られていないかもしれませんが、子どもにとって、「4+2」の方が、「2+4」よりも簡単です。大きな数に小さい数を加える方が、スムーズに答えを出せます。そういう点でも、RISUきっずの問題は、易→難へと自然にレベルが上がるように、うまく作られているのでおすすめです!

RISUきっず足し算練習

★図形や面積の導入  

RISUきっずには、小学校の図形や面積の学習への橋渡しとなる問題も用意されています。例えば、図形の学習に通じる、次の同じ形を捜す問題。思考力、認識力が養われます。

RISUきっず図形

次の広さの違いを問う問題も見て下さい。漠然と大きさを比べるのではなく、マス目の数で差を識別するようになっていて、小学校での面積の学習につながります。さすが算数に特化したRISUきっず!評判が良いのもうなずけます。

RISUきっず面積

★生活に関連する問題

さらにRISUきっずには、時計の読み方や仲間分けなど、生活に関連する問題もあります。

時計の読み方は、「同じもの」を選ぶ問題から始まります。「同じものを探す」のは、幼児が文字などを覚える際などにも効果的な方法です。

RISUきっず時計の読み方

「〇時」の次は、「〇時半」の読み方を練習します。私達の生活の中では、「〇時30分」よりも「〇時半」ということの方が多いですから、RISUきっずでもその読み方を使っているのでしょうね。「長い針が6のところに行ったら丁度半分」と視覚的にインプットすることは、面積の学習にも通じるものがありますね。

RISUきっず時計〇時半

「仲間分け」の問題では、例えば「果物」と「お菓子」の区別などを扱います。ここでもRISUきっずは、算数の学習だけに留まっていません!


ちなみに上記リンク中の「とけいがすすむじゅんばんにならべましょう」の問題では、恥ずかしながら、大人の私でも「ん?」と一瞬迷ってしまいました。思考力や応用力を試す良問がたくさんあるRISUきっず。おすすめします!

★やる気をアップさせる仕掛け

RISUきっずには、幼児を意欲的にさせる仕掛けが色々あります。

まず正解すると効果音とともに、褒めてもらえます!問題によっては、解けると「スペシャルかぎ」がもらえることもあります。「スペシャルかぎ」を集めると、特別な、お楽しみ的な問題にチャレンジできます。

RISUきっず正解

間違っても、解き直しのチャンスがあるから大丈夫です。

RISUきっず不正解

そして自分が今どのステージにいるかが一目で分かるので、達成感があります。またゴールを目指すための、モチベーションがアップします。

RISUきっずステージ図

さらに問題を解いてポイントを集めると、プレゼントがもらえます。

RISUきっずプレゼント

東大生、早大生などの先生(チューター)から、動画メッセージがタブレットに届くこともあります。学習達成具合を褒めてくれたり、アドバイスしてくれたりします。

また、ほぼ同じくらいのタイミングで、保護者宛てにメールも届きます。子どもがどんな問題を解いたのか、画像付きで学習状況の説明があります。

以上のようにRISUきっずには、学習を継続させる仕掛けが備わっています。しかし学習継続のために一番おすすめなのは、親御さんがその都度褒めてげることでしょうね。RISUきっずは自動でマルつけをしてくれるし、使い方も簡単です。ですから親が隣にいなくても、子どもは一人で学習を進めることができると思います。でもやっぱり学習が終わったら、思いっきり褒めてあげることが、子どもを勉強好きな子にする一番の秘訣だと思います!

ちなみにRISUきっずでは、文字がまだ読めない子は、問題文を音声で聞くこともできます。その点でも、親はつきっきりで隣にいる必要はありません。


★先取り学習がどんどんできる
他社のタブレット教材と比較してRISUきっずをおすすめしたい理由の1つは、RISUきっずでは自分のペースで学習を進めることができることです。先へどんどん進みたい子は、いくらでも先取り学習をすることができます。RISUきっずの12ステージが終わったら、そのまま小学生向けコース(RISU算数)へと移ることも可能です。

これは算数好きな子にとって、また数学が得意な子に育てたいと思う親御さんにとって、とても魅力的なことですね。

RISUきっずまとめ

私は、RISUきっずは評判通り、とてもよく出来ているおすすめ学習教材だと、体験を通して実感しました。算数プリントなどは市販のものがたくさんあります。100円ショップでも買えます。けれどもRISUきっずのようにうまく易→難へと工夫して、その都度適切な教材を用意したり、思考力を養う良問を揃えたりするのは、そう簡単ではないはずです。何より最初に書いたように、紙の教材では勉強したがらない子でも、タブレットなら喰い付きよく、集中して取り組んでくれる場合が多いのが嬉しいです。

とはいえ、おすすめと言われても、私からの口コミだけでは心配かもしれませんね。RISUきっずの良さを知るためには、実際に試してみて、お子さんの反応を見てみるのが一番です。

RISUきっずは現在、人数限定の「お試しキャンペーン」を実施しています。通常ならお試し体験ナシで年額一括払いしなければならないところ、1週間じっくり試した上で、本申込をするかどうかを決めることができます。RISUきっずは評判通りか、おすすめ教材か、お子さんの反応を確かめてみてください!

試してみて、もし希望しない場合は、タブレット送料・保険料として、1,980円(税別)がかかってしまいますが、そのまま利用を続ける場合は、お試し期間中の料金は発生しません。

キャンペーン利用の場合は、申込フォームにて、クーポンコードnhc07aをご記入ください。クーポンコードのご記入がない場合は、1週間お試しキャンペーンの対象外になってしまいますので、ご注意ください!







posted by 菜の花子 at 16:15| Comment(0) | タブレット学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

アルク幼児英語教材「エンジェルコース」は子供の英語耳に効果的!

font-2111748_1280.jpg

英語学習はいつから始める?

子どもに英語が得意になってほしいと考える親御さんは多いですよね。子どもの習い事として英語教室は人気です。また幼児~小学生が家庭で取り組むことができる評判の良い英語教材が多数市販されていて、このブログでも紹介させて頂いています。

英語を習い始めるのは早ければ早いほど効果的だという考えがある一方で、まずは母国語(日本語)をしっかり学ばせることの方が大切だという人もいます。私は、学力ということでいうと、子供にとって国語力(日本語力)は最も重要だと考えています。国語力はすべての基本ですから。しかし、早く良い機会を与えることで子供の英語力を伸ばしてあげられることは事実なので、そういう機会を設ける工夫も重要だと考えています。

それならいつから英語を始めるのが効果的なのでしょう?

実は、「胎児」のうちからです!

英語耳を育てるのに効果的な胎児~乳幼児期!


baby-3289174_1280.jpg


幼い子どもが言葉をどんどん学んでいく様子は頼もしいですよね。言語習得は、乳幼児期に、最もさかんに進みます。研究者によると、それは胎児のうちから始まるのだそうです。赤ちゃんはママのお腹にいる時から、周囲の声を聞いているのですね。

それでは、なぜ胎児~乳幼児期に、言語習得が活発になされるのでしょう。その理由は、その頃の子どもの耳が、幅広い音(周波数帯)を聞き取れる、優れた能力を持っているからです。

子どもに英語を効果的に教えることを考える際、この周波数がクセものです。なぜなら、周波数帯は言語によって次のように異なるからです。

言語周波数帯 (Hz)
日本語250~1500
アメリカ英語800~3500
イギリス英語2000~12000

赤ちゃんは、幅広い周波数帯を聞き分けられる高度な聴力をを持って生まれてきます。しかし、日本語ばかりを聞く生活をしていると、周波数帯が異なる言語を聞く力は、自然に衰えてしまうのだそうです。

したがって、英語が得意な子どもになるように育てたかったら、胎児~3歳頃までの貴重な時期に、いかに英語を聞かせる機会を設けてあげられるかが重要です。それが、良い「英語耳」を持つことにつながっていきます。

アルク「エンジェルコース」が効果的

胎児~乳幼児期に「英語耳」を育てる子ども英語教材として効果的なのは、英語早期教育に熱心な親御さんの間で評判高い、アルクの「エンジェルコース」です。

エンジェルコースは、イギリス英語を採用しています。上記で述べたように、イギリス英語の方がアメリカ英語よりも周波数帯が断然広いです。英語耳が効果的に育つように、アルク「エンジェルコース」では、聴覚能力が高い幼児のうちに意図的にイギリス英語に触れさせるよう工夫されているのです。

日本の英語教育は、アメリカ英語がメインになっています。公立中学校の英語の教科書CDはアメリカ英語で収録されています。公立高校入試、センター試験、英検のリスニング問題もアメリカ英語です。それを考えると、アルク「エンジェルコース」があえてイギリス英語を使っているのは画期的なことです。

英語早期教育に熱心な親御さん達は、周波数帯の点からイギリス英語の大切さをよく知っていて、アルク「エンジェルコース」を選んでいるようです。「エンジェルコース」の評判が良い理由の1つは、そのイギリス英語にあります。


アルク「エンジェルコース」の中身

アルク子ども英語教材「エンジェルコース」には次のものが含まれます。
★CD12枚
★保護者向けコースガイド
★保護者向けブックレット6冊

エンジェルコース12枚のCDは、それぞれ次の3つのセクションがあります。
マザーグース(欧米の子守歌)や遊び歌
乳幼児がいる家庭の会話
名作童話の読み聞かせ

これらのCDは、欧米の家庭でパパやママが子どもと触れ合う時に、歌ったり語りかけたりする状況を再現している感覚です。親御さんは英語を教えようとする必要はないです。アルクの公式サイトでは、一日にトータルで30分~2時間程度CDを聞かせるようにと勧めています。生活のちょっとした合間に、CDを聞かせたり、親子で一緒に遊び歌で楽しむようにすればよいので、取り組みやすいと思います。

また、アルク「エンジェルコース」の特徴としてあげるべきことに、CDのBGMにモーツアルトの曲を使用していることです。モーツァルトの楽曲はリラックス効果が高く、子どもの記憶力や集中力のアップに効果があるそうです。妊娠中に「エンジェルコース」を始める場合は、胎教にも良さそうですね!


ちなみにアルクは英語教材の老舗で、私自身、学生時代に「ヒアリングマラソン」という教材で英語力をアップさせた思い出があります。このブログでは「音が出るペンつきアルクの2000語えいご絵じてん」を紹介していますが、「アルクの商品なら間違いない!」というのが私の実感です。

評判高いアルク「エンジェルコース」、おすすめします!





タグ:0歳〜
posted by 菜の花子 at 16:49| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

【スマイルゼミ・夏キャンペーン】夏休み自由研究と読書感想文もOK




高機能タブレットで評判高いスマイルゼミ

小学生向け通信学習といえば、実に多数ありますね。スマイルゼミ、進研ゼミ「チャレンジ」、Z会、ポピー、ドラゼミ、がんばる舎「Gambaエース」、学研ゼミ、スタディサプリ、ブンブンどりむなど、それぞれ良い評判を得ていて、どれが一番おすすめか迷います。


それぞれの通信教育に特徴やメリットがありますが、タブレットを小学生に使わせたいなら、スマイルゼミが最もおすすめだと私は思っています。なぜならスマイルゼミのタブレットは、鉛筆と同じ感覚で文字が書ける高性能のペンを使用していると高評価を得ているからです。文字を書くことは学習の基本中の基本です。特に小学生のうちは、最も重視すべき事柄の1つです。

スマイルゼミ紹介動画はこちら ↓↓



スマイルゼミの評価や評判についてはこちらに書いた通りです。ここではさらなるスマイルゼミのメリットを紹介しようと思います。それは、お得なスマイルゼミの夏の入会キャンペーンの利用です。

スマイルゼミ夏のキャンペーン

スマイルゼミは夏の入会キャンペーンとして、7月27日までに申し込むと「夏休み特大号」が届きます。この夏休み特大号は優れモノです!小学生や保護者の力強いサポートとなる、次のアイテムが含まれます。

★1学期総復習講座
★自由研究お助けナビ
★読書感想文お助けナビ


★1学期全復習講座

夏の入会キャンペーンを利用すると、4月~6月までの全教科を復習することができます。夏休みはつまずいてしまったところを取り返す絶好のチャンスです。また「わかったつもり」になっていても、実は身についていないことを、確認し、補強する良い機会でもあります。

例えば計算問題。計算は「理解」しただけではダメです。スラスラと、正確かつスピーディーに解くことができなければ、身についたとは言えません。そしてその都度しっかり身につけていかないと、学年が進むにつれて新しいことを学習する際に、妨げになってしまいます。

そんな小学生のために、スマイルゼミ夏休み特大号の「総復習講座」は威力を発揮します。タブレットで視覚的に楽しく学習できるので、小学生が取り組みやすみ仕掛けが満載です。

★自由研究お助けナビ

夏休みの宿題といえば、親子で悩んでしまうのが「自由研究」ですね。スマイルゼミ夏のキャンペーン「夏休み特大号」では、小学生が自分の好みに合わせて選べるように、おすすめ研究テーマを提示してくれます。そしてそこからどう仕上げて、学校に提出できる形にもっていくか、しっかりアドバイスしてくれるのです。

小学生が一人で仕上げられるようにアドバイスがなされていますから、親御さんは見守ってあげるだけで大丈夫です。スマイルゼミは強い味方になります!

★読書感想文お助けナビ

夏休みの宿題でさらに悩むものに、読書感想文がありますね。読書感想文はとてもやっかいです。我が子が小学生の時のことです。担任の先生から「お子さんの読書感想文を手伝ってあげてください」と保護者会で言われました。なぜなら学校では読書感想文について指導する機会や時間がないからだそうです。

学校で教えてもらえないのなら、子どもが読書感想文が苦手だとしても仕方ありません。あとは家庭でうまくサポートしてあげるしかありません。そこで助けになるのがスマイルゼミ夏キャンペーンの夏休み特大号「読書感想文お助けナビ」です。

スマイルゼミ「読書感想文お助けナビ」では、まずお子さんの好みに合わせておすすめの本を教えてくれます。

そしてお手本の書き方を参考に、空欄部分を自分自身のことに当てはめて文を組み立てていけば、小学生が一人で読書感想文を仕上げることができる仕組みになっています。実に実践的で役に立ちます。

こういったアドバイスは、親が口出しをすると嫌がるお子さんもいます。そういう場合は特に、タブレット上で指導してもらう方が効果的なのではないかと思います。




スマイルゼミ夏休み特大号まとめ

スマイルゼミ夏のキャンペーン「夏休み特大号」には、上記の「1学期総復習講座」「自由研究お助けナビ」「読書感想文お助けナビ」のほか、通常配信の「漢検ドリル」「計算ドリル」「英語」そして今話題の「プログラミング」まで、たっぷり配信されます。「夏休みダラダラと過ごして終わってしまうのでは?」という心配はいりません。タブレットならではの視覚に訴える学習方法で、小学生が一人でも楽しく勉強できる工夫がいっぱいです。

しかもスマイルゼミは「全額返金保証」です。何か通信教育を始めたいのだけれど……と迷っておられる方は、まずはお得な夏休み特大号を自宅で安心して試してみると良いのではないでしょうか?

公式サイトはこちら ↓↓






















posted by 菜の花子 at 16:10| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

【小学生読書感想文の書き方やコツ】『ブンブンどりむ』がおすすめ!

book-2841864_1280_LI.jpg
読書感想文は難しい!

小学生の夏休みの宿題といえば、「読書感想文」がありますね。

我が子が小学生の時のこと。担任の先生に保護者会で「お子さんの読書感想文を是非手伝ってあげてください」と言われました。

「親が宿題を手伝ってもいいの??」と不思議に思いましたが、先生の話によると、小学校の授業の中では、読書感想文の書き方を指導する時間はないのだそうです。書き方やコツを教えてもらっていないのに、とにかく何か書かなければならないのですから、子どもにとって難しいのは当然です。

読書感想文は、学校や先生にもよると思いますが、ほとんど指導を受けないまま取り組まなければならない小学生が多いのが実情のようです。

読書感想文の書き方は家庭で学ぶ

学校で読書感想文の書き方を指導してくれないなら、小学生は家庭で学ぶしか方法がありません。

しかし親が書き方を教えるといっても、簡単なことではありません。子どもの思考力や表現力を養いつつ、書くことを楽しめるようにもっていきたいところですが、誰もが理想的な良い先生になれるわけではないことでしょう。親だからこそ、子どもの不十分さにイライラしてしまったり、子どもの代わりに書いてあげてしまったりなど、することもあると思います。

そこで、小学生が家庭で読書感想文などの書き方やコツを学ぶツールとして「ブンブンどりむ」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。



「ブンブンどりむ」とは?

「声に出して読みたい日本語」で有名な、齋藤孝先生監修の小学生向け作文通信教育です。

作文に特化した通信教育講座は珍しいですよね。しかし、どうして他には講座がなかなかないのが不思議になるほど、「書く力」は重要な学力です。

2020年度の教育改革で、大学入試は従来より「思考力・判断力・表現力」が重視されることになりました。
また小中高の全教科で、「アクティブ・ラーニング」が取り入れられる予定です。

そのため、今後はさらに、自分で考え、判断し、表現する能力が求められるようになります。そのような能力は伸びるのに時間がかかります。子どもに確かな学力を身に付けさせたければ、ぜひとも小学生のうちから自分の言葉で表現することを得意にさせてあげたい!それを可能にしてくれるのが、作文学習であり、楽しい「ブンブンどりむ」です。

夏にお試しするのがお得!

「ブンブンどりむ」は随時始めることができます。しかし読書感想文が書けるようになり、価格も安くなる、夏のキャペーン時にお試しするのがお得です!夏のキャンペーンとは、7月号と8月号の2ヶ月分のみを、通常価格よりも割安に受講するものです。

ブンブンどりむ夏のキャンペーン

7月号特典副教材
「読書感想文ラクラクBOOK」

8月号特典副教材
1〜2年生:「日記対策」
3〜4年生:「自由研究対策」
5〜6年生:「語彙力強化」
 
7月号では、読書感想文の書き方やコツを教えてくれます。まず、学校の読書感想文の宿題用に使いたい本をお子さんと選んでください。あとは「ブンブンどりむ」に任せます。読書感想文の書き方を、キャラクターがマンガ形式で教えてくれます。キャラクターが言う通りに実際に文章を書いてみることで、読書感想文の下書きが完成します。

「ブンブンどりむ」ではキャラクターが教えてくれるというのがポイントです。読書感想文の書き方やコツは、素人の親では教えるのが難しいです。しかし子どもが書いたものを読むと、親は「これ、おかしいよ!」とついつい文句を言いたくなります。子どもは親に批判されたら、自信を無くしてしまいます。書くことがストレスになっていきます。

「書く力」はすべての学習の基本です。書くことがイヤだと感じる子は、絶対学力が伸びません!書くことが苦手だと、国語だけでなく、他教科も苦手になります。中学校の教員をしていた時の経験から分かるのですが、低学力の子に見られる特徴の1つは、「書くことが嫌い」ということです。ですから小学生のうちから「書くことは難しくない」「書くことは楽しい」という経験をさせてあげることが大切です。

「ブンブンどりむ」の評判は?

「ブンブンどりむ」の評判はどうなのでしょう?

「ブンブンどりむ」の会員アンケートによると、約80%の人が「書く力がついたと実感した」と答えています。また約77%の人が「他教科の勉強に役立った」、約95%の人が「中学受験の学習にも役立った」、約78%の人が「学習習慣が身に付いた」と回答しています。

「ブンブンどりむ」は1日約10分取り組むように作られています。たった10分でこれだけの効果が得られるなら、「ブンブンどりむ」は、評判の高い、優れた通信教育教材だと言うことができるのではないでしょうか。
 
唯一「ブンブンどりむ」の残念な点を挙げるとすれば、他の小学生向け通信教育教材と比べて、価格が高いことです。

しかし価格が高いのには理由があります。それは「ブンブンどりむ」では子どもが書いた作文に対し、月に2回丁寧な添削を受けることができるからです。手間暇がかかるということですね。プロが余白にびっしりとコメントを書いてくれます。「どこがどういう風に良いのか、たくさん褒めてくれるので子どものやる気がアップする」と、利用者の添削に対する評判は高いです。

我が子が小学3年生の時、毎週末に作文の宿題が出されたことがあったのですが、先生からの添削はゼロでした。学校で作文を書く機会はあっても、それを丁寧に見てもらえるとは限りません。書いたものをプロに添削、評価してもらうことで、書く力がさらに伸びるように作られている「ブンブンどりむ」の利用価値は高いと思います。

なお、夏のお試しキャンペーンでも添削を受けることができます。読書感想文の完成のために「ブンブンどりむ」を2ヶ月だけ利用するのもよいし、添削も体験してお子さんがやる気を示したら、継続利用を検討するのも良いと思います。

「ブンブンどりむ」詳しくはこちら↓↓




タグ:作文
posted by 菜の花子 at 20:27| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

こどもちゃれんじすてっぷ/じゃんぷ★思考力特化コース教材・口コミ

child-865116_1280.jpg

こどもちゃれんじに「思考力特化コース」登場

なぜ「思考力」なの?

2018年春に、幼児通信教育こどもちゃれんじの「すてっぷ」(年中向け)、「じゃんぷ」(年長向け)に「思考力特化コース」が新開講しました。なぜでしょう?それは、現在日本の教育現場が、2020年の教育改革に向けて大きな転換期を迎えているからです。

2020年教育改革のポイントの1つは、大学入試のセンター試験の廃止です。センター試験は2020年1月で最後になり、翌年からは「大学入学共通テスト」が実施されます。その試験には国語と数学で「記述式」が導入され、今までよりも、「思考力、判断力、表現力」が試されることになっています。そして、この「思考力、判断力、表現力」を問う問題は、各大学の個別試験にもますます取り入れられていくだろうと考えられています。

大学入試が変わるので、それを受けて高校の授業も変わりつつあります。そして中学、小学校も。教育現場において、これからは「思考力、判断力、表現力」を伸ばし、評価することに力が置かれていくことでしょう。こどもちゃれんじの「思考力特化コース」の開講は、まさにその流れに対応する形で起こったというわけです。

こどもちゃれんじ「思考力特化コース」とは?

こどもちゃれんじの「思考力特化コース」は、年中児向けの「すてっぷ」と年長児向けの「じゃんぷ」においてのみ、開講されています。従来のコースは「総合コース(基礎+応用)」という名前で、続いています。

こどもちゃれんじ幼児通信教育といえば、子供が楽しく遊びながら学習できる「エデュトイ」という知育玩具やDVD、絵本がついてくるのが大きな特徴です。しかし「思考力特化コース」ではエデュトイは年1回のみ、またDVDや絵本はつきません。その代わり、思考力を養うワークが豊富についてきます。従来のこどもちゃれんじのイメージと随分異なります!

こどもちゃれんじ・すてっぷ(年中)教材

思考力特化コース

・思考ぐんぐんワーク(毎月)
・キッズワーク(毎月)
・特別教材(年5回)
・考える遊びセット(年12回)
・添削課題(年3回)
・エデュトイ(年1回)
・保護者向け情報誌

総合コース

・エデュトイ(年7回)
・絵本(毎月)
・DVD(毎月)
・考える遊びセット(年6回)
・キッズワーク(毎月)

こどもちゃれんじ・じゃんぷ(年長)教材

思考力特化コース

・思考ぐんぐんワーク(毎月)
・キッズワーク(毎月)
・こくごさんすうじゅんびワーク(1~3月号)
・考える遊びセット(年8回)
・添削課題(年3回)
・エデュトイ(年1回)
・保護者向け情報誌

総合コース

・エデュトイ(年8回)
・絵本(毎月)
・DVD(毎月)
・考える遊びセット(年4回)
・キッズワーク(毎月)
・パワーアップワーク(毎月)
・こくごさんすうじゅんびワーク(1~3月号)



「思考力特化コース」ワークの中身

こどもちゃれんじ「思考力特化コース」は、従来の「総合コース」と比べて、ワークが豊富なのが特徴ですが、「思考力」と銘打っているだけのの価値があるのしょうか? それを判断するために、じゃんぷ(年長児向け)の思考力ぐんぐんワークの中身を少し紹介してみますね。

<数  量>
IMG_0407 (3).JPG

数を図形的にとらえる問題ですね。どれとどれは向きは違うが形は同じなど、子供の脳によい刺激になりそうです。

<図 形>
こどもちゃれんじ思考力図形

子どもが喜びそうなパズル系の問題ですね。図形認識力を鍛えるには、幼い時にパズルなどに十分親しむことが大切なのだそうです。遊び感覚で問題に取り組むうちに、思考力が養われそうです。

<言 語>
ちゃれんじ思考力言語

お話を自由に考える問題です。正解はありません。自由に想像をふくらませて自分の言葉で表現する能力は、これからますます重要になっていきます。子どもに是非取り組ませたい問題だと思います。

論 理
こどもちゃれんじ思考力論理

論理的な考え方を養う問題です。与えられた絵は、動物、食べ物、乗り物、飛ぶものなどでグループ分けすることができます。論理的に思考し、そして考えたことを言葉で説明することで、子供の思考力や表現力が伸びることにつながりそうです。

思考力特化コースの口コミは?

思考力特化コースは始まったばかりなので、まだまだ口コミが少ないのですが、私が見つけた利用者の方々の感想には、次のようなものがありました。

😃ワークがたっぷりあるのがよい。
(じゃんぷの思考力ぐんぐんワークは32ページ、キッズワークは64ページ)

😃問題を解きながら、親子の会話が増えるのがよい。

😃答えがひとつではない問題で、考える力がつく。

😃自分の言葉で表現する問題は難しそうだったが、頭を使っているのだなと感じた。

😃問題を解きながらの子供との会話を通して、子供の考えがわかってよい。

😃色々な問題があって子供が楽しそうに取り組んでいる。

と、口コミを読むと「思考力特化コース」はとてもよさそうです。

しかし中には

😞エデュトイがないのが残念。

😞うちの子にはワークの分量が多すぎる。

というマイナスの口コミもありました。

ちゃれんじ思考力特化コースまとめ

「思考力特化コース」も「総合コース」も受講費は同じです(月あたり1,944円)。
そしていつでもコース変更することができます。

迫りつつある教育改革のことを考えると、私は断然「思考力特化コース」の方がよいと思うのですが、もしワークの分量が多すぎるなど、合わないと感じたら、「総合コース」に変更するのもアリかなと思います。まずはお試し教材で、お子さんの反応を見るのが一番ですね。

公式サイトはこちらからボタン.gif


タグ:ちゃれんじ
posted by 菜の花子 at 17:49| Comment(0) | 幼児通信教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

【CD付き英語絵本】サイトワードリーダーズがオススメ!

PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V[1].jpg

英語絵本の読み聞かせがオススメ!

幼児~小学生向け英語教育への関心が年々高まっています。バイリンガルとまではいかなくても、幼いうちから子どもに英語に親しんでほしい、英語の音に慣れてほしい、将来英語が得意になってほしい、英語が話せるようになってほしい・・・とお考えの親御さんが多いようです。

そのため、子ども向け英会話教室はとても人気がありますね。しかしながら、週に1回1時間ほど英語に触れさせるだけでは、ほとんど効果がないと私は思います。私は未就学児や小学生向けの英会話教室の講師をしていたこともあります。その経験から分かるのは、子どもは覚えるのも早いが忘れるのも早い!! 1週間たったら習ったことを簡単に忘れてしまいます。

しかし私の生徒さんの中でも、習ったことを忘れないで、ぐんぐん英語が得意になっていく子ども達もいました。小学生のうちに英検準2級を取得した子もいます。そういう子ども達に共通しているのは、家庭で何らかの取り組みをしていたことです。

英語は言葉ですから、日常的に触れないと身に付きません。ではどうするか? 英語の歌を聴かせたり、英語のDVDを観せたりするのもよいですが、私が最もおすすめしたいのは、英語絵本の読み聞かせです! 英語絵本を通して、子どもは英語の音や表現に親しむことができるだけでなく、文字と音の結びつきを自然に学ぶことができます。英語を耳からだけでなく視覚的にもインプットすることで、記憶に定着しやすくなります。何よりも、絵本の良い聞かせは、親子で過ごす楽しい時間になります。

ちなみに我が子は、幼い頃からの英語絵本の読み聞かせによって、3歳で自然に英語が読めるようになりました。生活の中での継続した働きかけによって、その後も英語が得意な子に育ちました。

詳しくはこちら

私自身の経験から、英語絵本の読み聞かせは本当に効果的です! しかし英語が苦手な親御さんもいますね。ここでは誰でも手軽に利用することができる、CD付きのオススメ英語絵本をご紹介します。

ノンフィクション・サイトワードリーダーズがおすすめ!

英語が読めるようになるための学習法として、フォニックスがよく知られています。

フォニックス学習についてはこちら
フォニックスおすすめ絵本はこちら

ところが英語を読むには、フォニックスだけでは十分ではありません。なぜなら「サイトワード(Sight Words)」と呼ばれる単語群があるからです。サイトワードとは、一般的にフォニックスのルールが当てはまらない、目でみて覚えるしかない英単語です。しかも文章に頻繁に出てきますので、一目でわかるようにしておかないと、英語を読むことができるようにはならないのです。

そのように英語学習に非常に重要なサイトワード。サイトワードはどうやったら効果的に覚えることができるのでしょう? ずばり、「繰り返し、音と合わせて見る」ことです。そのために、英語絵本の読み聞かせが効果を発揮します。音声と合わせて英単語を何度も子どもの目に触れさせることで、子どもは自然に重要単語を暗記していくのです。

英語学習には「繰り返し」が大切です。子どもが手にとって負担にならない絵本。自分でページをめくりたくなる絵本。それを叶えているのが、子どもが覚えやすい短い文章と写真で構成された、CD付き絵本「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ(Nonfiction Sight Word Readers)」です!



ノンフィクション・サイトワードリーダーズはなぜオススメ?

<1冊8ページだけで取り組みやすい>

各冊わずか8ページだけですので、子どもでもすぐに読めます。達成感があります。

<CDにはゆっくり&普通の2種類の朗読がある>

外国語として英語を学ぶ子どもが聞きやすいゆっくりスピードと、英語特有のリズムを楽しめる普通のスピードの2種類の朗読がCDに収録されています。子どもは物まねが得意ですから、CDに合わせて上手にリピートできるようになります。

<親御さんは絵本をめくるだけでOK>

CD付きなので英語が苦手な親御さんでも大丈夫です。簡単な英語ですから、お子さんと一緒に親御さんも英語を練習するのも楽しいと思います。

<25冊セットでお得>

「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」は25冊で4,714円(税込、送料無料)。1冊当たり、わずか188円ほどです。英語学習には「多読」が大切です。25冊あればたっぷり読み聞かせをすることができますね。

<単語練習用のワークブック付き>

学習したサイトワードを実際に書く練習をすることができるワークブックが付属します。

英語絵本ドリル

<ごほうびシール付き>

可愛いシールがついています。お子さんが1冊CDを真似て音読したり、ワークブックをするごとに、貼ってあげるといいですね。褒めることをカタチに表すことができます。

<写真が図鑑のようで楽しい>

姉妹品に「スカラスティック・サイトワードリーダーズ(Scholastic Sight Word Readers )」(0~7歳向け)があります。そちらは文字通りの「絵」本なのに対し、「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」はカラフルな写真を使っています。図鑑を眺めるような感覚で絵本を楽しめるのが特徴です。

姉妹品サイトワードリーダーズについてはこちら


ノンフィクション・サイトワードリーダーズで学べる単語は?

ノンフィクション・サイトワードリーダーズはレベル別に4シリーズあります。25冊たっぷり読んで、だんだんとレベルアップできるようになっています。

各レベルの対象となっているサイトワードは次の通りです。各レベルとも、1冊8ページ、全25冊です。各絵本につき、1つのサイトワードを集中して覚えられるように構成されています。レベルAは非常にシンプルな短文ですが、B→C→Dとレベルが上がるにつれ、ワード数も増えていきます。

レベルA(2~8歳向け)

学習サイトワード:
the, of, and, a, to, in, is, you, that, it, he, was, for, on, are, as, with, his, they, I, at, be, this, have, from

レベルB(3~8歳向け)

学習サイトワード:
or, one, had, by, word, but, not, what, all, were, we, when, your, can, said, there, use, an, each, which, she, do, how, their, if

レベルC(3~8歳向け)

学習サイトワード:
will, up, other, about, out, many, then, them, these, so, some her, would, make, like, him, into, time, has, look, two, more, write, go, see

レベルD(3~8歳向け)

学習サイトワード:
number, no, way, could, people, my, than, first, water, been, called, who, am, its, now, find, long, down, day, did, get, come, made, may, part

お得な4巻セットもあります


サイトワードの習得のために、多読のために、英語が読めるようになるために、幼いうちからのカラフルな英語絵本「ノンフィクション・サイトワードリーダーズ」の読み聞かせをおすすめします。

サイトワードリーダーズ・レベルAはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルBはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルCはこちら→

サイトワードリーダーズ・レベルDはこちら→

サイトワードリーダーズ全4巻セットはこちら→


posted by 菜の花子 at 18:31| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

【小学生通信教育9社比較】本当のおすすめは?タブレット?

小学生.jpg


小学生向け通信教育教材は次のようにたくさんあって、どれが一番良いのか迷いますね。

進研ゼミ「チャレンジ」
小学ポピー
小学館「ドラゼミ」
がんばる舎「Gambaエース」
スタディサプリ

そもそも通信教育は必要なのか? 学校に任せて、学校の宿題をしっかりやっておきさえすれば十分ではないかという考えもあると思います。

ピカピカのランドセルを背負ってドキドキしながら迎える小学校入学。その時には、皆同じスタートラインにいるはずですよね。しかしながら、小学校でも1~2年生で早くも大きな学力差がついてしまうのが現状です。中学年、高学年と進めば、その差はいっそう大きくなります。学力差の原因は何でしょう? 私は「家庭力」だと思います。

親御さんがどのくらい子どもの成長に配慮してあげられるか。学習習慣をつけさせてあげられるか。学校の不足分を補ってあげられるか。子どもの頑張りを認めて、褒めて、達成感を味合わせ、さらなるやる気へとつなげることができているか。そういった保護者のサポートが、子どもの学力伸長のためには欠かせません。

ではどうやって具体的にサポートをしていけばよいでしょうか? 私は、今はもう大学生になった息子が小学生の時には、陰山メソッドの「漢字プリント」や「計算プリント」を使って、ほぼ毎日、夕飯前に、親子の「お勉強タイム」を設けていました。




この「お勉強タイム」、実は私には大変な負担でした。漢字は息子がなかなか熟語を覚えられなかったので、「漢字プリント」だけでは不十分で、私がお手製のプリントを用意して、繰り返しコピーしてやらせたりもしました。夕方は夕飯作りもあります。学校の宿題もあります。子どもを早く寝かしつけることも大切です。気持ちに余裕を持てずに、ついイライラしてしまうこともありました。

このように市販の教材だと、親がその都度用意して段取りよく進めるのは面倒だったり、難しかったりする面があります。陰山メソッドのプリント類は大変優れていておすすめなのですが、親の負担が少なく、かつ 効果的に学習に取り組ませるために検討したいのが、通信教育の利用です。

たとえばタブレットで学べるオンライン通信教材。タブレットならではの機能で視覚的、体験的に学習できるので、大変分かりやすく、しかも自動で採点してくれるので、親はマルつけをする必要がありません。その日に取り組むべき課題もタブレット上に一目瞭然に示されるので、子どもが何をしてよいか分からなくて困る心配もありません。

一方、紙の教材も負けてはいません。教科書に沿った問題で学校の予復習やテスト対策ができるものや、良質なオリジナル問題で中学受験まで対応できるものなど、評判の良い通信教育教材が豊富にあります。

ここでは、上記9社の小学生向け通信教育を比較して、それぞれの特徴やおすすめポイントをご紹介します。どの教材が一番良いのかは、何を通信教育に求めているかによって異なります。こういう場合にはこの教材がベスト!という視点で考えていきます。


Q:タブレットでサクサク学習させたいなら?

A:スマイルゼミ

スマイルゼミ(月額2,980円~)



・専用タブレット使用
・標準クラス・発展クラスあり
・1年生から英語あり
・添削なし

スマイルゼミ紹介動画


スマイルゼミおすすめポイント>

★タブレットがすごい!

タブレット学習は魅力的ですね。幼い頃からスマホやタブレットが身近にある今の子供たちにとって、タブレットを使った勉強は紙教材に比べてハードルが低く、すんなりと取り組むことができると評判が良いです。タブレットを使えば、アニメーションで小学生がつまずきやすい問題を視覚的に理解することや、紙教材では不可能な理科実験を指で実際に動かして体験として学習することなどが可能になり、学校の授業を効果的に補完してくれます。

それでは他社のタブレット教材でも良いのではないかということになりますが、スマイルゼミでは専用タブレットを使います。タブレット代金として9,980円かかってしまうのが残念ですが、他社と比較して、この専用タブレットが超スグレモノです!

スマイルゼミでは細かい文字でもきちんと書ける「高性能デジタイザーペン」を採用していています。それによって、低学年の小学生でも、紙に鉛筆で書くのと同じ感覚でタブレット上に文字を書くことができます。

また、ベネッセ進研ゼミ通信教育「チャレンジタッチ」のタブレットと比較すると、「チャレンジタッチ」では、ペンを持った手がタブレット画面に触れるとそこに反応してしまうので、手を浮かせて書く必要があるという難点があります。ところがスマイルゼミの専用タブレットではその心配は一切不要です。勉強は「書く」ことが基本ですから、紙に書くのと同じようにタブレットが使えるというのは、スマイルゼミの大きなおすすめポイントです!

★英語が標準配信!

スマイルゼミでは1年生から英語を学習することができます。2020年の教育改革で小学校の英語は「教科化」されますから、今後英語学習への必要性はさらに高まっていきます。1年生から英語の4技能を学べるのは、スマイルゼミのおすすめポイントです。

さらにスマイルゼミ通信教育では「英語プレミアム」(月額734円)というオプションを追加することで、英語学習量を2倍以上に増量することも可能です。英語に力をいれたいご家庭には利用価値大です。

★発展クラスがある!

スマイルゼミには、「標準クラス」の問題に加えて教科書レベルを超えた応用問題も学習する、「発展クラス」もあります。将来中学受験を考えているご家庭など、通塾開始前に学力を高めておきたいとお考えの場合には、「発展クラス」を利用するのがおすすめです。

★保護者管理機能が充実!

スマイルゼミには、子どもの学習状況を保護者が把握するための「みまもるネット」や、保護者のスマホと連携してLINEのように連絡を取り合える「みまもるトーク」があります。

タブレットなので子どもが一人で学習することが可能だとはいえ、やはり保護者が確認したり、褒めたり励ましたりすることは大切です。そういった方法を備えてくれているのが、スマイルゼミ通信教育のもう1つのおすすめポイントです。

スマイルゼミ資料請求はこちらから
  ↓↓

スマイルゼミについてさらに読むにはこちら


Q:特別教材で楽しく学習したいなら?

A:進研ゼミ

進研ゼミ(月額2,705円~)


・タブレットまたは紙教材
・添削あり
・教科書準拠
・標準コース・挑戦コースあり
・実力診断テストあり
・体験型特別教材あり

進研ゼミおすすめポイント>

★体験型特別教材がある!

体験型の特別教材がついてくるのが、他社と比較した際の、進研ゼミならではの特徴です。楽しい「計算マシーン」や、英語の音声を再生できる器具、理科実験の道具など、小学生が喜びそうな教材ばかりです。学習を続ける動機づけにもなりそうです。

★タブレットor紙を選べる!

進研ゼミでは、従来からの紙教材(オリジナルスタイル・チャレンジ)に加えて、タブレット利用(チャレンジタッチ)の両方があり、入会時に選択できるようになっています。専用タブレット(チャレンジパッド)が必要ですが、継続受講によって無料になります。スマイルゼミではタブレット代が有料ですが、それと比較して、進研ゼミ「チャレンジタッチ」ではタブレット代実質0円というのは魅力的です。ただしスマイルゼミの専用タブレットと比較すると、書き心地の点では劣ってしまいますが。

タブレットならではの機能を期待して「チャレンジタッチ」を選ぶか、または従来の紙教材で学習させることを重視して「オリジナルスタイル・チャレンジ」を選ぶか、選択肢があるのは良いですね。進研ゼミが他社と比較して小学生利用者数がNo1だという理由は、そういう点にもあるのかもしれません。なお、コースは受講開始後に変更も可能です。

進研ゼミ「チャレンジタッチ」動画はこちら


★赤ペン先生の添削がある!

進研ゼミでは紙教材の「オリジナルスタイル・チャレンジ」ではもちろんのこと、タブレット「チャレンジタッチ」を選択した場合でも、定期的に赤ペン先生による添削を受けることができます。つまりタブレット学習を選んでも、最後はきちんと紙にアウトプットする機会があり、また記述したものをプロによって添削してもらい、「記述力」を伸ばすことができます。

タブレットは便利ですが、学習の基本は紙に書くことです。タブレット「チャレンジタッチ」コースを選んでも、紙に記述する機会があるのは、進研ゼミのおすすめポイントです。

★教科書準拠!

進研ゼミは教科書準拠教材です。学校で学習したことを教科書に沿って復習したい、基礎・基本をしっかり定着させたいという小学生におすすめです。

★レベル別対応あり!

タブレット:
 「標準コース」
 「もっと演習コース」
 「もっと発展コース」

紙教材:
 「標準コース」
 「挑戦コース」

進研ゼミでは、上記のようにレベル別にコースが用意されています。将来中学受験を考えている場合などに難易度の高いコースを選ぶことができるのは、進研ゼミのおすすめポイントの1つです。

進研ゼミ無料お試し教材はこちらから
   ↓↓


Q:レベルの高い良問を解きたいなら?

A:Z会

Z会小学生コース(月額4,142円~)

・タブレットまたは紙教材(小1~2は紙のみ)
・スタンダード・ハイレベルあり
・中学受験コースあり(小3~6)
・添削あり
・英語・作文専科(小3~6)
・公立中高一貫校適性検査専科(小5~6)
・公立中高一貫校作文専科(小6)

Z会おすすめポイント>

★教科書より上を学ぶ!

難易度の高い良問を解かせたい、将来難関中学、難関高校、難関大学に進学させたいとお考えのご家庭におすすめなのは、迷わずZ会です。他社と比較してZ会の教材はレベルが高く、難しいです。最下位のスタンダードコースでさえ、「教科書+α」を学習することを謳っています。

さらに、Z会には「中学受験コース」もあります。他社の通信教育でも、スマイルゼミの「発展クラス」や進研ゼミ・チャレンジの「挑戦コース」のように応用問題が扱われていますが、Z会のように中学受験に特化しているわけではありません。Z会の中学受験コースは、難関国私立中学受験向けです。これほど高いレベルのコースは、他社の通信教育にはありません。

なお、難関校ではないが中学受験を検討している小学生、公立中高一貫校受検予定の小学生、発展問題に多く取り組みたい小学生のためには、ハイレベルコースも用意されています。学校の授業を超えて発展的な学習をしたい小学生に最適なのが、Z会通信教育だと言えるでしょう。

★オリジナル良問ぞろい!

他社と比較すると、Z会の問題はよく練られた、良問ぞろいであると感じます。特に国語は、教科書で使われている文章とは異なる、Z会オリジナル問題です。どの教科も一筋縄では行かないような、思考力や読解力を試される良問が用意されているのがZ会の魅力です。

Z会無料お試し教材はこちらから
   ↓↓

Z会小学生コースについてもっと読むにはこちら


Q:教科書の復習をしたいなら?

A:小学ポピー

全家研「小学ポピー」(月額2,700円~)


・紙教材のみ
・教科書準拠
・授業進度対応サービスあり
・添削なし
・質問対応あり

小学ポピーおすすめポイント>

★学校の授業の復習ができる!

他社と比較した際のポピーの特長は、教材が、全国各地域で異なる小学校の教科書毎に編集されているということです。テキストには教科書の対応ページが記載されています。国語も教科書と同じ文章が使われています。学校で学習したことをその日のうちに家庭で復習することが、小学ポピーのねらいです。

ポピーの毎月の基本教材は、ワークとテストです。学校で勉強したことを、ワークで毎日復習します。そして学校で受けるのと同じようなテストで力試しをします。学校のテスト前の準備にもなります。

学校での学習事項を着実に身に付けたい小学生、学校での成績を上げたい小学生におすすめなのが、ポピーです。

★授業進度対応サービスあり!

学校の授業進度とポピーの教材が届くタイミングがずれてしまった場合、ポピーには、今習っている箇所に対応した教材を届けてくれる親切なサービスがあります。家庭で確実に復習をすることにいかにポピーがこだわっているかが、伝わってきますね。

★学校で何を勉強しているか、親が把握できる!

ポピーは学校の復習をするための教材ですから、子どもの取り組みを通して、子どもが今学校で何を習っているのか、保護者は逐一知ることができます。

ポピー無料お試し教材はこちらから
  ↓↓


Q:オリジナル教材で発展的学習をしたいなら?

A:ドラゼミ

小学館「ドラゼミ」(月額3,045円~)

ドラゼミ
・紙教材のみ
・オリジナル問題
・作文あり
・添削あり
・陰山英男監修

ドラゼミおすすめポイント>

★作文と図形で地頭を良くする!

ドラゼミのテキストは、教科書に沿っているわけではありません。思考力、判断力、表現力を養うためのオリジナル問題で構成されています。

例えば、毎月作文問題がついています。そして書いたものを個別担任の先生に添削してもらいます。これは他社の通信教材にはありません。自分の言葉で表現することは、今後ますます必要になってくる能力ですので、家庭で作文練習の機会を設けることができるのは、ドラゼミの大きなおすすめポイントです。

またドラゼミには発想力を要するオリジナル図形問題も豊富です。図形認識力を高めてくれる良問に触れられるのが、ドラゼミの強みです。

★漢字・計算・音読の反復学習もある!

ドラゼミは「百マス計算」で知られる陰山英男先生が監修しています。我が息子が小学生の時にお世話になった、陰山メソッドの先生です。陰山メソッドの基本は「徹底反復」。計算漢字など、繰り返し徹底反復して学習することでマスターするというものです。また脳を活性化させ、学習事項を身に付けるために「音読」も重要とされています。

ドラゼミには、そういった陰山メソッドが取り入れられ、漢字、計算、音読の反復学習もあります。つまり、基礎基本をマスターしつつ、オリジナルの発展問題にも取り組みたい小学生におすすめの通信教材がドラゼミです。

ドラゼミ無料お試し教材はこちらから
  ↓↓


Q:低価格で教科書の復習がしたければ?

A:Gambaエース

がんばる舎「Gambaエース」(月額800円)


・紙教材のみ
・教科書準拠
・添削なし

Gambaエースおすすめポイント>

★月額800円(税込)!

他社の通信教育と比較して、Gambaエースの教材は極めてシンプル! 問題プリント冊子と、同サイズの解答冊子のみです。そのシンプルさゆえに、月額800円(税込)に押さえられています。しかも初月0円! さらに1年分を一括払いすると8,800円となり、もう1ヵ月分が無料になります。

★教科書準拠!

Gambaエースの教材は教科書準拠です。学校で習ったことを毎日家庭で復習することで学習が定着するように作られています。低価格でしっかり授業内容を復習をしたいという小学生におすすめなのがGambaエースです。



Q:算数が得意になりたいなら?

A:「RISU算数 (リス)」

「RISU算数」(月あたり2,480円)


・専用タブレットのみ
・オリジナル問題
・算数特化

RISU算数おすすめポイント>

★算数に特化したタブレット学習!

RISU算数は、算数専門のタブレットで学習するオンライン教材です。紙の学習では机に向かいたがらない小学生も、オンラインなら喰い付きよく取り組んでくれることが期待できます。

算数(数学)は積み重ねて身に付けていく教科です。小学校の時につまずいてしまうと、中学校では全く授業についていけなくなってしまいます。また高校で数学ができないと、大学受験では国立大学進学への道が閉ざされてしまいます。将来のために、算数は絶対に不得意にできません。

RISU算数では、忘れてしまいそうなタイミングで復習、そして間違いが多かった問題の復習という「2つの復習」が自動配信されます。それによって学習が確実に定着するよう、サポートしてくれます。

★各人に最適な問題が配信される!  

RISU算数では、一人ひとりの学習データが分析され、それぞれに最適な問題とレッスン動画が配信されます。苦手が克服され、得意がさらに伸びるシステムが構築されています。

★どんどん先取りできる! 

自分の学年よりも先の内容をどんどん学習することができます。中学受験を考えている小学生の強い味方にもなります。

★文章題や思考力を鍛える良問が豊富!

RISUの教材1学年分には、国語の教科書1年分の文章量が入っているのだそうです。計算、図形、文章題、応用問題が適切にミックスされ、今後ますます必要とされる思考力を養ってくれます。

現在、RISU算数では、1週間お試し体験キャンペーンを開催しています。体験希望の場合は、申込フォームにて、クーポンコードnhc07aをご記入ください。クーポンコードのご記入がない場合は、体験キャンペーンの対象外になってしまいますので、ご注意ください!


RISU算数体験レポートはこちら

Q:先取り学習をさせたいなら? 

A:スタディサプリ

スタディサプリ(月額980円)


・小4~高3対象オンライン映像授業
・PC、タブレット、スマホ使用
・テキスト無料ダウンロード可

スタディサプリおすすめポイント>

★小4~高3範囲を学習できる!

スタディサプリはオンライン映像授業です。PC、タブレット、スマホを使い、月額980円で、小4~高3のどの講座でも、好きなだけ自由に視聴することができます。

我が家では、息子が小学生の時、経済的な理由で公立中学校に進学することを決めていました。しかしながら、難関私立中高一貫校に進学する人たちと同じ学力をつけてあげたいと考えた私は、数学と英語の先取り学習をすることにしました。

我が家の先取り学習についてはこちら

小5の時に先取りを始めて、中2で高校数学I・Aと高校初級英語の学習を一通り終わらせました。英語は私が教え、数学は参考書で自学自習をさせたのですが、これが大変でした!当時スタディサプリがあったなら、もっとスムーズに進めることができたのになあと思います。

スタディサプリなら小4~高3内容まで同一料金でカバーできるというのは、他社と比較してコスパが最高です。高校受験や大学受験まで見据えて先取り学習をさせたいご家庭には、スタディサプリは強い味方になります!

★塾と併用/塾代わりとして利用できる!

小学4年生ともなると通塾を始める小学生が増えてくるようですが、塾の補強として、あるいは塾の代わりに、スタディサプリを利用するのもおすすめです。塾の授業は一度聞いて分からなかった場合、もう一度「再生」することはできません。けれどもスタディサプリなら、しっかり分かるまで、何度でも講義を視聴することができます。「家が塾になる」という感覚で学習できます!

スタディサプリ無料体験はこちらから ↓↓


Q:国語力を伸ばしたいなら?

A:ブンブンどりむ

ブンブンどりむ作文通信教育講座(月額4,860円~)


・作文講座のみ
・添削あり

ブンブンどりむおすすめポイント>

★作文を通じて学力を伸ばせる!

ブンブンどりむは作文に特化した通信教育です。作文を書くには、「思考力」「語彙力」「判断力」「表現力」などを駆使しなければなりません。作文は、書くことを軸としてそれらの力を鍛え、「国語力」を総合的に伸ばしてくれます。国語力は、すべての学習の基本です。国語力が伸びることで他教科を学ぶための堅固な土台が作られます。

★ブンブンどりむは楽しい!

作文というと難しいイメージがありますが、ブンブンどりむには小学生が楽しく、また意欲的に学習できる工夫が満載です。教材がマンガ形式になっていて、作文の重要ポイントもマンガの中でキャラクターが教えてくれます。またスモールステップで進んでいくので、小学生にとって負担が少なく、書くことへの苦手意識がなくなり、自信がついていきます。

国語力はすべての学習の基本なので非常に重要です。国語が苦手だと、他教科の力が伸びません。また国語力は、伸ばすのに時間がかかる学力でもあります。そのため、小学生のうちから、ぜひとも作文に取り組むことを強くおすすめします。

ブンブンどりむ無料体験キットはこちらから
    ↓↓

ブンブンどりむについてもっと読むにはこちら

以上、9社の小学生向け通信教育を比較しました。それぞれにおすすめポイントがあります。ご家庭の必要に応じて選んでいただく際の参考にして頂けたら嬉しいです!



posted by 菜の花子 at 21:15| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

【小学生からZ会で難関大学合格】ハイレベル・中学受験も!

小学1年生

教育改革で求められるものは?

2020年の教育改革で、小学校では英語が「教科化」されます。その影響もあってか、お子さんを英語教室に通わせるなど、英語教育に関心を寄せている親御さんは多いですね。

英語は確かに大切ですが、それよりもっと大切なのは国語力。つまり自分の言葉で思考したり表現したりする能力だと私は思います。「ことば」を操る力は、すべての学習のベースだからです。

私は英語の家庭教師という仕事柄、大学入試の英語の過去問をよく見ます。東大入試の英語など、国語力が求められている典型ではないかと思います。例えば東大の英語では、最初の大問に要約問題があります。英文を読んで、その内容を日本語で簡潔に説明するというものです。英文自体は極端に難しいわけではありません。けれども限られた語数で要点を不足なくまとめるには、日本語の表現力が必要です。

2020年の教育改革では、大学入試も大きく変わります。センター試験が廃止され、「大学入試共通テスト」に変わります。従来よりも思考力、判断力、表現力が問われ、国語と数学では「記述問題」が導入されることになっています。各大学の個別試験でも、東大の例のように単なる知識ではなく、思考力や表現力を要する自由記述型の問題が出題されつつあり、今後その傾向がますます強まると考えられています。

小学入学前のお子さん、あるいは小学生のお子さんを持つ親御さんは、大学受験などまだまだ先のことと思われるかもしれませんね。しかし大学入試が変わることによって、その下、つまり高校、中学、そして小学校の授業も今後変わっていきそうです。自分で考え、発表をし、議論し合いながら答えを導き出すような学びの形が、取り入れられていくだろうと言われています。

そのようなわけで、お子さんが小さい時から、じっくり考え、判断し、自分の言葉で表現できる能力が伸びるようにサポートしていくことが、今まで以上に重要になってくるのではないでしょうか。将来難関大学へ進学させたいと考えている場合は、特にそうです!
では、そのためにはどうしたらよいでしょう?

Z会小学生コースで難関大学を目指す!


子どもの国語力、思考力、判断力、表現力を養うには、家庭での語彙豊かなコミュニケーションや読書が欠かせませんが、それに加えて、Z会通信教育を利用するという方法もあります。Z会の教材には、思考力や表現力を育てるための良問が揃っているからです。
Z会通信教育は、よく進研ゼミ小学講座「チャレンジ」と比較されますね。進研ゼミ「チャレンジ」との違いは何でしょう?

 チャレンジ⇒教科書準拠
 Z会⇒オリジナル問題

この違いが最も大きいのではないかと思います。例えば小学校の国語で「おおきなかぶ」を習っていたら、「チャレンジ」では、同じ「おおきなかぶ」の文章について、問題を解きます。学校での学習を補強する目的が強いのが、進研ゼミ「チャレンジ」です。
それに対しZ会小学生通信教育では、教科書にこだわらない、オリジナルの問題を揃えています。小学校の授業にはついていけていることを前提に、教科書レベルを超えた応用問題を学習するという感覚です。

つまり、教科書レベルのことは十分に押さえられていて、さらに上を目指したい小学生に向いているのがZ会といえるでしょう。小学生のうちから難関大学合格まで見据えて、学校で習うことを超えた良問で、国語力、思考力、判断力、表現力を鍛えたいという場合に、Z会小学生通信教育はおすすめです!

Z会のレベルは?

上述のように教科書レベルを超えた良問を揃えているZ会小学生通信教育ですが、さらにコースやレベルが分かれています。

小学1~2年:
 紙媒体のみ
 教科:国語/算数/経験学習
 コース:スタンダード/ハイレベル

小学3~6年:
 紙媒体orタブレット
 教科:国語/算数/理科/社会
 コース:スタンダード/ハイレベル/中学受験

※紙媒体コースには、「専科」もあります。
専科:
 英語(小3~6)
 作文(小3~6)
 公立中高一貫校適性検査(小5~6)
 公立中高一貫校作文(小6)

※タブレットコースはレベル別になっていません。
国語/算数/理科/社会/英語/総合の6教科対応です。
デジタルならではの視覚に訴える機能で、効率よく学習できます。

※中学受験コースにはiPadが必要です。
難関国私立中学受験に特化したコースです。

昔からある、紙媒体のコースでスタンダードレベルを選んだ場合でも、「教科書+α」を学習できます。さらに上を目指す場合、ハイレベルや中学受験コースを選択できるのがZ会の強みです。

将来難関大学合格を目指している場合、あるいは公立中高一貫校難関国私立中学受験を考えている場合は、低学年のうちから学校の勉強以上に力をつけていきたいところ。しかし、小さいうちから塾通いで「ダブルスクール」状態にするのは、あまりおすすめできません。小学生にとっては、知能だけでなく丈夫な体や心を育てることも非常に重要です。通塾は生活リズムが乱れることにつながります。また、放課後スポーツをしたり、お友達と遊んだりケンカしながら、体力をつけたり人格形成をしていく時間が奪われることにもなります。

塾に頼らず小学生らしい生活をしながら、勉強もしっかりしたい人にとって、家庭で高いレベルの学習ができるZ会通信教育は、大きな助けになるはずです。

学校より上を行きたい⇒スタンダードレベル
発展問題に多く取り組みたい⇒ハイレベル
公立中高一貫校受験予定⇒ハイレベル
中受するが通塾は避けたい⇒中学受験コース
中受するが通塾は先延ばし⇒中学受験コース

このようなめやすで、レベルやコースを選ぶとよいでしょう。
Z会通信添削を使って東大・京大などに合格した人の体験談を読むと、小学生のうちからZ会を利用していたという人が結構多いです。Z会小学生通信教育が難関大合格へとつながる証拠ですね!


Z会小学生コース教材の中身は?

Z会は実に良問を揃えています!

Z会公式サイトにはテキストの問題例が掲載されているのですが、例えば、小学1年生スタンダードコース国語の9月号には、入学してまだ半年なのに、なかなか読み応えのある、感動するお話が使われています。傍線部について、誰がしていることなのか、文脈から自分で思考して判断する必要がある問題が作られています。また、別の設問で、答えは傍線部の近くにないので、物語の展開に気をつけながら、文章を最後まできちんと読むことが求められる良問になっています。

小学1年生ハイレベルコース国語には、決まった正答があるわけではない問題が用意されていました。読んだお話について想像力を膨らませて、自分の言葉で表現することが求められる問題です。思考力、表現力を養ってくれる良問だと感心しました。

小学1年算数ハイレベルコースには、計算問題でありながら、2つのステップを踏んで、順序立てて考えなければならない文章題がありました。問題文から必要な情報を読み取らなければならないので、算数ですが、読解力が求められます。国語力がすべての学習の基本であるというのは、こういうところを見るとわかります。算数を通しても、国語力、読解力、思考力を養ってくれるのが、Z会の良問たるゆえんだと思います。

小学1年生には、「経験学習」(スタンダード・ハイレベル共通)という科目もあります。3年生からの理科や社会に結びつく、様々な体験を通しての学習です。楽しく取り組めるのが魅力的ですが、それだけではありません。奥が深いのです! 例えば「お月見」の体験が、中学で学習するような月の満ち欠けの学習へとつながり得るようになっており、濃い内容となっています。

理科や社会の学習は、生活の中での体験が大切です。難関大学に合格するような高い学力を備えた人は、小さい時から知的好奇心が旺盛だったというデータがあるそうです。Z会小学1~2年生の「経験学習」は、実体験を通して子どもの知的好奇心を刺激し、興味・関心を広げて、知識へと結び付けてくれるのに大いに役立ちそうです。

Z会公式サイトで問題例を見る ↓

Z会のサポートは?

Z会が良問を揃えているのは納得できますが、「難しくて続けられないのでは?」と心配なさる方もいらっしゃると思います。Z会では、意欲的に学習を続けけるためのサポート体制も万全です。

★担任指導者制
Z会小学生コースは、同じ指導者が学年末まで添削指導をしてくれます。1対1のコミュニケーションによる長期的な信頼関係が、学習を続ける励みになります。

★質問受付
学習上の疑問点をいつでも質問することができます。

★保護者用「サポートブック」
保護者がどうやって子どもを支援すればよいか、丁寧に解説してくれています。

★努力賞
答案提出によってポイントをためると、ポイント数に応じて賞品がプレゼントされます。子どもの「やる気」につながります!

★はげましスタンプ
子どもの学習終了後に、保護者が使うスタンプが用意されています。子どもはほめることによって伸びます。「頑張ったね!えらいね!」と愛情をもって言葉でほめてあげるとともに、目に見える形でスタンプを押してあげることが、「認めてもらえた」という達成感と、さらなる学習意欲へとつながります。

Z会小学生通信教育まとめ

教育改革によって、以前よりもますます国語力、表現力、判断力、思考力を伸ばすことが重要になっていきます。小学校での学習が最も基本ですが、その不足を補い、お子さんの能力を最大限に伸ばすためのツールとして、Z会通信教育の利用を検討してみるとよいのではないでしょうか。

今なら資料請求をすると、小学2年生、3年生には、「中学受験が気になったら読む本」のプレゼントも付きます!



posted by 菜の花子 at 14:53| Comment(0) | 小学生通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

【フォニックスおすすめCD付英語絵本】Phonics Fun Readers

英語が読めるようになるためには、フォニックスが欠かせません。

今はもう大学生になった我が子も、フォニックスで英語が読めることをねらって創作されたドクター・スースの絵本シリーズのおかげで、3歳から自然に英語が読めるようになりました。

フォニックスやドクター・スースの絵本についてはこちら

さて、ドクター・スースの絵本は本当に素晴らしいし、おすすめです。しかし導入として最適な "Hop on Pop" を除いて、初心者には難しい面があります。というのも、ドクター・スースのシリーズは、アメリカのネイティブの子ども達向けに書かれたものだからです。普段生活の中ですでに英語を自由に話している子が、英語を「読める」ようにもなることを目指して作られた絵本がドクター・スースのシリーズです。したがって文章の量が多く、外国語として英語を学ぶ日本人の子ども達には、ハードルが高いのが難点です。

ネイティブスピーカーではない子ども達が英語を「読める」ようになるために、もっとおすすめのフォニックス絵本はないものかと探したら‥‥‥ありました!!

PHONICS FUN READERS
(フォニックス・ファン・リーダーズ)
です!!



Phonics Fun Readersはなぜおすすめ?

1.英語を外国語として学ぶ子供向けに作られています!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)の絵本はこんなにシンプル!
Phonics Fun Readers

1ページにたったこれだけの分量なら、外国語として英語を学ぶ日本の子ども達に負担が少なく、取り組みやすいです。しかも各絵本で学ぶフォニックスの音が赤字で強調されているので、分かりやすくおすすめです。

各絵本は9ページですから、あっという間に読めてしまいます。達成感が得られやすいのもおすすめポイントです!

2.フォニックスの全ルールが網羅されています!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)はレベル1~レベル5に分かれた、全25冊の絵本から構成されています。

 レベル1:各アルファベットの音(8冊)
 レベル2:短母音(5冊)
 レベル3:長母音(4冊)
 レベル4:子音の二重字(4冊)
 レベル5:母音の二重字(4冊)

フォニックスの基礎の基礎である各アルファベットの音から始めて、絵本を読み進めていきながらステップアップし、上級内容にたどりつくようになっています。フォニックスの全てをしっかりマスターできるので、おすすめです。

3.各絵本に音声CDが付いています!

ネイティブ発音による音読CDが付属しますので、英語が苦手な親御さんでも心配いりません。ページをめくりながら音声を流してあげることで、「読み聞かせ」と同じ効果があります。音声を聞きながら、「文字と音の結びつき」を子どもは自然と覚えていきます。

CDは朗読を聴く他、リピートもできるようになっているので便利です。はじめはCDの真似をして、次第に自分ひとりでも、英語を自然に読めるようになっていくことが期待できます。

4.ピクチャーディクショナリーもあります!

Picture Dictionary

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)の25冊の各絵本には、最後にピクチャーディクショナリー(絵辞典)のページもついています。

子どもが英単語を覚えるとき、apple と聞いて「りんご」と思うのではなく、「赤い丸い果物」を直接イメージできることは大切です。ピクチャーディクショナリーは、英語を日本語に置き換えないで、英語のまま理解できる能力を養ってくれます。

5.おまけも満載でおすすめです!

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)25冊の各絵本には、オリジナルソングもついています。お話しの中に出てくる単語を使った歌なので、歌うことで学習が定着します。カラオケもあるので、楽しく歌って、しっかり覚えることができます。

さらに、文字の書き取りや、正しい単語を選ぶクイズなどのページもあります。ゲーム感覚で英語を学ぶことができるので、おすすめです。

まとめ

Phonics Fun Readers(フォニックス・ファン・リーダーズ)は、ネイティブではない学習者向けに作られた、フォニックスを身に付けながら子どもが一人で英語が読めるようになる、画期的な絵本シリーズです。さらにフォニックスに加え、多読、多聴、歌、単語と、学習の幅が広いのが魅力的な、大変おすすめの子ども英語教材です!

Phonics Fun Readers フォニックス・ファン・リーダーズ はこちら→
posted by 菜の花子 at 17:41| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする